パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

5月3日から規制緩和で一部店舗が再開。パタヤの娯楽施設の再開は最短6月14日?

投稿日:

5月1日となった。
4月30日までを期限としていた非常事態宣言はすでに5月31日まで延長が決定しており、タイは本日も非常事態宣言下にある。
これまで出された規制命令も引き続き実行されている。
5月1日でパタヤが元通りになるという希望は完全に絶たれた状況だ。
すべての娯楽施設の閉鎖は続けられる。
とはいえ、一部の規制は解除されていく。

SPONSOR LINK

規制緩和措置

5月31日まで継続される規制措置としては、

・夜間外出禁止(午後10時から午前4時)
・国境閉鎖による外国人入国禁止
・入国時の強制検疫(現状では帰国してくるタイ人に対して)
・国際線乗り入れ禁止(タイ人の帰国便や貨物便は認められる)
・不要不急の県をまたいだ移動は避ける
・人が集まる行為は避ける

と、これまで通りの規制が続くことになる。

昨日の発表では、5月3日より一部規制が緩和され、営業可能となる業種が増えることになる。
6つのグループの営業再開が可能となる。
すでにバンコク知事が8つのグループについて規制緩和について発表していた。
レストラン、市場、運動施設、公園、理髪店、クリニック、ペット病院、ゴルフ場ならびに打ちっぱなし
業種分けは異なるが、中身は同じものとなる。

在タイ日本国大使館もお知らせを出している。

以下、引用。

今後の各種規制内容及び運用について

・5月1日から5月31日まで継続される措置及び要請
1. 夜間外出禁止令(午後10時から翌朝4時)
2. 陸路・空路・海路すべての入国地点における入国制限
3. 検疫(隔離)措置(State Quarantine)
4. 国際線航空便の制限
5. 県をまたいだ移動の制限の要請
6. 少なくとも50パーセント以上の在宅勤務の要請
7. 人が集まるところへの外出自粛の要請

・5月3日から制限が緩和される施設
1. 市場(定期市場,水上市場,ウォーキングストリート,屋台)
2. レストラン(一般的な飲食店,飲料,菓子,アイスクリーム店(ショッピングセンター外),路上の飲食店,移動販売,歩き売り)
3. 小売店及び卸売店(スーパーマーケット,コンビニ,車による日用品の移動販売,通信販売)
4. スポーツ・レクリエーション(公園での活動,テニス・射撃・アーチェリー・サイクリングといった野外の広い場所で行うチーム制ではないスポーツ,ゴルフ場及びゴルフ練習場)
5. 理髪店・美容室(カット,洗髪,ブローのみ)
6. その他(ペットサロン,ペットホテル)
※デパート・百貨店は、感染拡大状況を評価しつつ、規制緩和の第二段階目での開業を想定。
※本日4月30日に発表された本件の規制緩和対象の6分野及び昨日29日にバンコク都が政府と協議中であるとしつつ発表していた規制緩和対象の8分野については実質的な相違はありません(バンコク都は病院とゴルフ場・ゴルフ練習場を独立したグルーブとして記載)。
* 規制の緩和を4段階に分けた上で,14日毎に状況を評価し,その結果によって次の14日間の措置を決定。評価の際には,保健の観点を第一に考慮し,経済・社会の観点は参考とする。
* 各種措置の緩和に際し,各県は政府の基準と同等もしくはそれよりも厳格な基準を設けることが可能。
* 規制が緩和される施設は,「仏暦2548年非常事態における統治に関する勅令」(非常事態令)第9条に基づく決定事項(第1号)第11項に基づき,手洗いや掃除,社会的距離の確保といった感染拡大防止措置を講じる必要がある。追加措置については現在関係省庁等で作成中であり,追って告示する。
* 酒類の販売については追加の指示が出るまで継続して販売禁止。

引用元⇒https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20200430_1.html

規制緩和の1番目のグループに「ウォーキングストリート」とあって、脊髄反射してしまうが、むろん単なる歩行者天国的な通りや屋台群のことだろう。

レストランの店内飲食については、基準がよくわからないまま。
大きな店はだめで小さな店は店内飲食営業可能とも言われていたり、飲食するにしてもテーブルの間隔は1.5メートル以上開けて、基本は1人での利用となるとも。
実際にどの規模で営業再開となるのかは5月3日以降でないとはっきりしない。

アルコール類販売は引き続き継続となる。
期限ははっきりしないが、次の指示があるまでということなのだろう。
いちおう5月31日までとはなっているようだが、逆に早まる可能性もある。
ちょっとだけ期待しておく。

SPONSOR LINK



パタヤは?

これらは国が示した規制基準。
あとは各県が独自に規制を定めていくことになるが、これより緩い規制をもうけることは不可となっている。
国の基準と同レベルかそれより厳しいものとする必要がある。

パタヤのあるチョンブリの新しい規制命令はまだ発表となっていない。
現状でも理髪店は営業可能だし、国の基準以上に厳しくなることはないような気がする。
ただ、ビーチについてはアクティビティを禁止したままにしそう。つい先日も20人以上が検挙されたばかり。しかもパタヤ警察は逮捕者の名前と国籍を実名で公表している。

また、国の基準より緩くすることは不可なので、当然バーやクラブの営業再開は不可能となる。そもそもアルコールの提供も不可。外出禁止令により夜間の営業も不可。営業できるわけがない。

規制緩和は4段階に分けられていて、14日ごとに状況を見て、次の規制を決定していくとのこと。
5月3日から14日後に2段階目のグループを再開するかを検討して、それがうまく再開できれば、またその14日後に3段階目と続く。
人が一度に多く集まる娯楽施設は最後の段階のグループに含まれる。
ということは、順調に推移したとしても、14日×3で42日後に再開するかが検討されることになる。6週間後だ。

つまりは6月14日となる。

うまくいけば、この日が4段階目の再開日。娯楽施設の再開もこの日になる可能性がある。

あくまで机上の計算に過ぎないので、このとおりに事態が推移することはないと思う。
ひょっとして早まることもあるだろうし、もっと後ろへずれ込むことも大いにありうる。
状況は日に日に変化している。
現時点では何もわからない。

パタヤのスクンビット通り上に設置された検問所は5月4日まで継続するとの報道があった。
5月5日からは検問所を撤去して、通常に戻す予定とのこと。

ソース:https://www.posttoday.com/social/local/622281

これはチョンブリ・パタヤ独自の規制のため、続けるかどうかはパタヤ次第。
4月30日時点でパタヤの新規感染者は15日連続で発見されていない。
確実に効果は現れていると思う。

まとめ

チョンブリ・パタヤの規制がどうなるか現時点では未発表。
今日中には発表があるはず。決定を待つ。

個人的にはジムの再開を望む。規制緩和対象の「スポーツ・リクリエーション」にフィットネスジムが含まれるのがはっきりしないが、ぜひとも再開してほしい。
閉鎖となってから1ヶ月は経っている。運動不足がやばい。
酒も飲みたいが、運動もしたい。どっちもしたい。

バーの再開は現時点ではありえない。
6月14日再開も単なる机上の計算に過ぎず、実際にどうなるかはまったくわからない。
レストランの店内飲食営業が再開できるのなら、換気のいいオープン店舗のバービアで昼間だけ営業すればいいのにとも思ったりする。接客は1,5メートル離れて会話。むろん接触は禁止。やっぱり無理か。
でもさすがにあと1ヶ月半もバーのクローズが続くと、本当にパタヤの街全体が沈んでしまいかねない。
ほんと、この先、パタヤはどうなるんだろうか。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.