パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

タイへの国際線フライト禁止が5月31日まで延長

投稿日:

本日、CATT(タイ民間航空局)から通達があり、タイ行き航空機の飛行禁止措置が5月31日まで延長されることになった。

SPONSOR LINK

タイ行き航空機の飛行禁止

これまでは段階的に延長されてきて、4月30日までが期限とされていた。
その期限を待たずして、一気に1ヶ月の延長となり、5月30日までとなった。

政府や軍の航空機は例外。
また、緊急着陸は認められる。
人道援助、医療目的、海外在留者の帰国、貨物飛行も認められる。

一般旅客便のタイ行きフライトは5月末までは全面禁止となる。

フィリピンエアアジアががマニラ・バンコク便を5月1日から運行再開する予定だったが、これも不可となる。

Bangkok Post

タイ国際航空はすでに5月の運休は発表済み。
日系では、JALとANAが運休ならびに減便を発表している。それでも5月は一部の便にかぎり運行を続ける予定ではあった。
今回のCATTの禁止延長措置を受けて、フライトスケジュールが変更になる可能性もある。
現在でも、タイから外へ出るフライトに関しては禁止されておらず、一部国際線ルートは片道だけ乗客をのせて運行している。この先、そのような片道路線が継続していくかは不明。

日本国大使館からのお知らせ

在タイ日本国大使館からもお知らせあり。

以下引用

タイ行き航空機の飛行禁止措置期間の再延長

* タイ民間航空局は、4月30日23時59分までとされていた、タイ国に向けた航空機の飛行を禁止する措置を5月1日00時01分から5月31日23時59分まで再延長する旨発表しました。
* 本措置は今後の発表等により変更等の可能性もありますので、最新の情報収集に努めてください。
タイ民間航空局からの発表の日本語仮訳は以下のとおりです。
航空機のタイ向け飛行の一時的な禁止(第4号)
第1項 5月1日00時01分から5月31日23時59分まで、タイ国に向けた飛行を一時的に禁止する。
第2項 タイ民間航空局が旅客輸送のために第1項の期間について発行した、タイ国に向けた飛行許可を取り消す。
第3項 以下の航空機は、第1項の禁止事項に含まない。
1. 政府及び軍用の航空機
2. 緊急着陸を行う航空機
3. 乗客の降機を伴わない、給油目的の着陸を行う航空機
4. 人道支援目的、医療目的もしくはCOVID-19感染者を支援するための物品輸送を行う航空機
5. 本国送還のため飛行が許可されている航空機
6. 貨物輸送
第4項 第3項の航空機の乗員は、14日間の隔離といった、感染症予防に係る国内法規及び非常事態令第9条に基づく決定事項に則した措置に従わなければならない。
以上、現時点から、追加の指示があるまで適用する。
仏暦2563年4月27日
タイ民間航空局局長

引用元⇒https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20200427.html

感想

ここまで一気に延ばすとは意外だった。
たしかにここ最近、タイ国内の新規感染例は減少傾向にある。
ただ、外国からの帰国者の中に多くの感染者が出ている。大半が外国経由ともいえる状況。
ここで入国規制を緩めると、また大きな感染爆発が起こると懸念したものと思われる。
現在も外国からの帰国者はタイ人でもあっても、14日間の検疫が必要。そのための大規模な設備も必要
外国からの一般渡航が再開されたとしても、同じく検疫を行う必要がある。そのためにはさらに大規模な設備も用意しなくてはいけない。
まだその段階ではない、もっと時間がかかる、ということなのだと思う。

これは本当に時間がかかりそうだ。
ゴールデンウィークどころか盆休みに国際線が復活しているのかもわからない状況。
かりに一般旅客便が運行再開となっても、入国規制は厳しく行われるだろう。
ノービザで気軽に行けるようになるには、いったいいつになるのか。まったく予想できない。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.