パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

光が消えたパタヤの夜

投稿日:

3月18日からパタヤの娯楽施設が2週間閉鎖されることになった。

関連記事:パタヤも娯楽施設全面閉鎖へ。月末までバーはすべてクローズ。

18日夕方にパタヤ市内を回ってみたところ、意外と店は営業していた。

関連記事:本日夕方のパタヤの様子:ソイ6など一部のバーは営業、マッサージ屋も営業

おそらくは通達が行き渡ってなかったのだろうとは思うが、パタヤの底力も感じた。

では、夜はどうなったのか、街の様子を見てきた。
時刻は午前0時。
そこには、ゴーストタウンが待ち構えていたのであった。

SPONSOR LINK

LKメトロ

パタヤ閉鎖の夜 (1)

やばいくらいに真っ暗だ。
夕方は営業していたスポーツバーも全滅。
おそらく指導が入って閉店となったのだろう。

パタヤ閉鎖の夜 (2)

かろうじてゲストハウス兼バーのレセプションに明かりがついている程度。
禁酒日の夜よりも暗い。
こんなLKメトロは初めて見たかもしれない。

ソイブッカオ界隈

パタヤ閉鎖の夜 (15)

ソイブッカオを歩く人は少なめ。ファランが何かを求めてさまよっているといった雰囲気。
夕方には営業していたソイブッカオ界隈のバービアもすべてクローズ。
スポーツバーも営業していない。
レストランや屋台は営業可能。ツリータウンはそこそこ人が集まっていた。

ソイハニーとソイチャイヤプーン

ソイハニーのマッサージ屋は電気を落として数軒営業しているように見えた。ソイブッカオ寄りの有名店2軒は店頭にわずかにマッサージ嬢が座って呼込みしていた。
ソイチャイヤプーンは、バー関係はすべてクローズ。レディボーイばかりのマッサージ屋は電気を消して営業してるようだ。

ソイ6

セカンドロードを通って、ソイ6へ向かう。

パタヤ閉鎖の夜 (3)

時刻は深夜0時。でもパタヤではまだ宵の口だ。
が、セカンドロードは車がほぼ走っていない。
これはひどい。

ソイ6内も真っ暗だ。

パタヤ閉鎖の夜 (4)

シャターもすべて降ろされている。

パタヤ閉鎖の夜 (5)

夕方時点では店先で営業していたが、もうすべてクローズ。
やはり指導が入ったのだろう。

ビーチロードとパタヤビーチ

ビーチロードも交通量が激減している。

ソイ7やソイ8付近で夕方営業していたバービアもほぼすべてクローズ。
ごく一部だけ明かりを消して営業していた。

ウォーキングストリート近くは常に渋滞しているものだが、交通量はきわめて少ない。

パタヤ閉鎖の夜 (9)

ビーチに寄ってみると、タイ人がわりといて、ゴザ敷いて緩やかに宴会中。あまり騒いでもいないが、のんびりした雰囲気だ。

パタヤ閉鎖の夜 (7)

パタヤサインとビアガーデンのネオンがもの悲しく点灯している。

パタヤ閉鎖の夜 (6)

SPONSOR LINK



ウォーキングストリート

ウォーキングストリートに到着。

パタヤ閉鎖の夜 (12)

むろん、バーやディスコはすべて閉鎖。
一部レストランとコンビニだけが営業。

パタヤ閉鎖の夜 (10)

パタヤ閉鎖の夜 (13)

わずかに人が歩いているだけのウォーキングストリートである。

パタヤ閉鎖の夜 (11)

タイミングによっては、誰もフレームに入ってこないほど。
これほど人がいないウォーキングストリートは初めて見た。
たとえ禁酒日でももっと人は歩いているものだ。
まさに無人の荒野状態、ゴーストタウンだ。

まあ物売りもいるし完全に人がいないわけではないが、物陰には立っているのはレディボーイばかり。
パレス上のホテルを指差して1000バーツでどうだと誘われる。

本通りから入ったソイも真っ暗だ。

パタヤ閉鎖の夜 (14)

これはソイ15。
ここまで暗いとちょっと怖いくらい。
ソイ14あたりは通らないほうがいいかも。

まとめと注意喚起

パタヤの夜は壊滅状態となっていた。
大型店が閉店するのはわかっていたが、小規模店やオープンバーなどはひょっとして生き残るかもと一縷の望みは抱いていた。
夕方時点ではさすがはパタヤだとも感じていた。

が、甘かった。
当局からの正式通達が行き渡り、クローズへ。

今回の措置は本気で取り組んでいるとわかった。
ソイ6もウォーキングストリートもゴーストタウンと化してきた。

こんなに暗いパタヤは初めて見た。
クーデターの時よりも暗いかもしれない。

これは本気でやばいと感じる。
この状態が最低でも2週間は続くのか。
いや、むしろ2週間で終わればいい。さらに長引くことになったら、パタヤから本当に光が消えてしまう。少なくともこれまで通りの姿ではいられないだろう。いずれ復活するにしても時間がかかるに違いない。

いろいろまわってみたが、これだけ暗くて人のいない道が多いと、さすがにちょっと背筋が冷たくなった。実際に危険な場面に遭遇はしていないが、油断はできないと感じた。
仕事をなくして路頭に迷う人が増えてくるだろう。
治安の悪化が心配だ。
今のところ、警察の巡回は多く見受けられたが、どこにでも警官がいるわけではない。
夜間の不要不急の外出は避けたほうがいいかもしれない。
とりわけ人気のない暗いソイの独り歩きは避けるべき。
今は大丈夫でも、この先、治安が悪化していくのは間違いないと思う。

パタヤは混沌の街だが、意外と治安はよかった。
無茶さえしなければ、特に危険に巻き込まれることがない。夜中でも平気で歩き回れる街だ。
が、これだけ街全体が暗くなってくると、やっぱり怖いものがある。
これまでのパタヤとは違うとはっきり認識しておくべきだろう。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.