パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

イーストパタヤ湖畔に綺麗なサイクリングロードが完成

投稿日:


イーストパタヤ、通称パタヤダークサイド。
パタヤ中心部から見て、スクンビットを通りを越えたところに広がる山側のエリアだ。
スクンビットから大きなソイがいくつも分かれているが、奥へ進むと、豊かな自然がたっぷり。
大きな湖もある。
今回はソイサイアムカントリークラブをひたすら走り、さらに湖を一周してきた。
真新しい植物園とサイクリングロードを発見した。

SPONSOR LINK



Flower Land Pattaya(フラワーランドパタヤ)

ソイサイアムカントリークラブを進み、高架道路の下をくぐり終えたあたりに新しい施設ができていた。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (10)

Flower Land Pattayaだ。

地図

まだオープンしたばかりの真新しい植物園とのこと。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (9)

通常価格は大人400バーツ、子供200バーツ。
(外国人価格があるかも)

プロモーションを頻繁にやっていていて、半額になることがほとんどのようだ。

マーププラチャン湖

フラワーランドを脇に見て、さらに進むと、左手に湖が広がる。

パタヤダークサイド ソイサイアムカントリー (7)

グーグルマップ情報によれば、Map Phrachan(มาบประชัน)というようだ。
マーププラチャン湖。

湖沿いに欧米人向けのバーやレストランが点在しており、このあたりにもファランがたくさん住んでいることがわかる。

さらに進むと、分岐点。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (1)

ゲートを潜ると、サイアムカントリークラブへ行ける。

今回は湖一周が目的なので、左折。
そのまま湖畔沿いの道路を走る。

SPONSOR LINK

サイクリングロード

道路はきっちり整備されていて、走りやすい。

やはり、このあたりにもバーやレストランがちらほら。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (2)

ただ、ジェントルマンズクラブっぽい店は特に見当たらない。

と、道路と湖の間には、小綺麗な舗装路が続いている。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (3)

ランナーがジョギング中。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (5)

どうやら最近できたようで、舗装はかなり綺麗。
車は進入禁止。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (4)

湖がよく見える。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (6)

2018年11月撮影のグーグルストリートビューはこんな感じ。

やはり最近完成したもよう。

車は進入禁止だが、自転車は走行可能。
サイクリングロードになっている。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (7)

このように延々ロードが続く。

本格的なスポーツバイクもけっこう走っている。
車を気にする必要もなく、快適なサイクリングができそうな環境だ。

どうやらスポーツバイク関連のイベントも開催されているようで、SIMANOあたりの看板も見えた。
また、道路沿いには、サイクルショップやレンタル自転車屋がいくつかできている。

スポーツバイクも揃っていて、レンタル可能。

パタヤ中心部からはバイクや車で湖畔まで移動してきて、現地でスポーツバイクをレンタルして楽しむこともできる。

なお、車道は湖のそばから離れていくので、そのまま湖を一周することはできなかった。
少々大回りして、ソイサイアムカントリークラブに戻る。

自転車の場合は、おそらく湖畔沿いのサイクリングロードを走り続けることができるはず。
ただ、一周すべての道が通っているかは不明。
ざっと見たところ、湖東側のサイクリングロードが綺麗に完成している。

イーストパタヤダークサイドサイクリングロード (8)

パタヤとは思えない光景にびっくりすること請け合い。
スポーツバイク好きな人は検討までに。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.