パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー ブレックファースト

ソイブッカオのAT ALL CAFE うまいアメリカーノコーヒーの79バーツブレックファースト

投稿日:

ソイブッカオ沿いにあるカフェ、AT ALL CAFE(アットオールカフェ)。
オレンジ色の看板が目印。
何度か昼間に利用したことはある。

いつから時間限定のブレックファーストを始めるようになった。

At All Cafeのブレックファースト (1)

が、午前11時までという縛りが宵っ張りのわたしにはしんどかった。
たまたま早起きする機会あったので、ようやくブレックファーストにありつくことができた。

SPONSOR LINK



AT ALL CAFEのブレックファースト

At All Cafeのブレックファースト (2)

ソイブッカオのやや北側にある。

At All Cafeのブレックファースト (5)

店内はテーブル席が多い。
大きなモニターではスポーツ中継を流している。
通りに面した席では喫煙可能。(たぶん店内のテーブルで吸えると思うけど)

ブレックファーストは午前6時から11時限定。

At All Cafeのブレックファースト (7)

アメリカンブレックファーストとアラビカ種コーヒーのセットで79バーツ。
コーヒーはエスプレッソ、アメリカーノ、カプチーノ、ラテの4種類から選択可能。

アメリカーノをオーダー。

At All Cafeのブレックファースト (6)

ブラックの状態で出される。
量は少なめだが、味はいい。
しっかりのコーヒーの苦味と深みとうまみがある。
アラビカ種コーヒー豆利用は確かなようだ。
他のブレックファースト提供店のインスタント系コーヒーとは一線を画する。

続いて、アメリカンブレックファースト。

At All Cafeのブレックファースト (8)

トースト2枚、ソーセージ2本、ベーコン1枚、目玉焼き2個、焼きトマトとレタス。
まったく特徴のない内容である。
味は見たままにつき描写不要。
少量ながらも野菜を摂取できるのが幸いといったところ。
近くにあるチャンキーモンキーやハングリーヒポの山盛りブレックファーストに比べるとかなり寂しいが、これでもそれなりに腹は膨れる。
おいしいコーヒーのついでと考えれば、これで79バーツは意外と悪くないかも。

喫煙派は、食後に一服しながら、ソイブッカオの往来をぼんやりと眺めていればいい。
ゆったりとした時間が流れるはずだ。

なお、コーヒーメニューはこちら。

At All Cafeのブレックファースト (4)

アメリカンは、ホット50バーツ、アイス55バーツ。
カプチーノは、ホット55バーツ、アイス60バーツ。

ビールも置いてある。

コーヒーは持ち帰り可能で、これはアイスカプチーノ。60バーツ。

At All Cafeのブレックファースト (3)

甘さの指定はしなかったが、控えめの甘さとなっていて、なかなかうまい。
ちゃんと豆の苦味と旨味も残っている。
ただ、同じアラビカ種を使ったアイスカプチーノでは、PANGPONDのほうが若干深みがあって好きかも。

関連記事:Pangpond Cafe 2号店がソイブッカオにオープン

また、ブレックファースト以外にもフードあり。

At All Cafeのブレックファースト (9)

バーガーが109バーツから。
スパゲッティは89バーツから。
などなど。

地図とまとめ

地図

営業時間:午前6時から午前2時

ブレックファーストは午前11時までだが、その後も夜中まで営業は続ける。
深夜はスポーツ中継を見ながら、だらだらとビールを飲むファラン単独客が多い印象。

ブレックファースト自体は特筆すべきことはない。
コーヒーはたしかにうまい。
通常価格50バーツのアメリカンコーヒーに29バーツを足せばブレックファーストセットとなる。
ちょっと早起きして小腹が空いた時に食べるとちょうどいい。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー, ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.