*

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

公開日: : グルメレポート ,


暑季まっさかりのタイ王国。
パタヤももちろん暑い。
とにかく暑い。ひたすら暑い。
日中は拷問のような暑さと日差しの強さ。
もう出歩くのは苦行でしかない。

30分も外出すると、回復するのにエアコンの効いた部屋で1時間くらいかかる。
とにかく暑さに疲れる毎日だ。

が、現地の疲れは、現地の食事で対応すべし。
私が好きな夏バテ防止の代表的タイ料理を紹介してみたい。

タイ料理初心者向けなんで、熟練タイ料理ファンには少々物足りないかもしれませんが、どうかご勘弁を。
最後に関連地図を載せていますんで、ご参考に。

SPONSOR LINK

ムーガティアム

以前から何度か取り上げているソイエキサイト脇道にある食堂
記載品目は少ないながら日本語メニューが置いてあり、混雑もしておらず、実に利用しやすい食堂で重宝している。

ソイエキサイト脇道食堂 (1)メニュー

今回は、ムーガティアム(豚肉のにんにく炒め)を注文してみた。
残念ながら、ムーガティアムは日本語版メニューには記載されていない。
英語メニューならこちら。「Fried garlic」と書いてあるので、たぶんこれ。

ソイエキサイト脇道食堂のメニュー

タイ語なら「ムーガティアム」だけで通じる。
普通はごはんに載せて、提供してくれるはずだ。
(もちろん、単品注文も可能。)

ムー=豚肉
ガティアム=にんにく

お好みでカイダーオ(目玉焼き)をどうぞ。

で、完成品がこちら。
ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

角度を変えて、もう一枚。
ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (1)

うん、うまそうだ。

食べてみると、やっぱりうまい。
豚肉はカリカリには炒めず、ほどよい柔らかさ。
もちろん、ニンニクはカリカリに炒めてある。
玉ねぎが入っているのも高ポイント。トマトもちょっとうれしい。
タレがうまい。
ごはんが進むなあ。

日本の食堂で出される豚焼肉定食みたいな味といえば、わかりやすいかな。

これはいける。
すっかり夏バテ気味で食欲がわかない時でも、これならがつがつ食える。

あっという間に完食できた。

カイダーオをつけると、70バーツ。
ローカル食堂の丼飯ものとしては、少々お高いかな。
まあ、ぎりぎり許せる値段。
この味とボリュームならオッケーだ。

このムーガティアム、一般的なタイ料理なんで、ほとんどのレストランや屋台で注文できるはず。

少し前に紹介したパタヤカンの食堂のムーガティアム
ムーガティアム

ここのもかなりおいしい。タレが濃厚だ。

屋台のムーガティアム
ムーガティアム

豚肉とにんにくがカリカリに炒めてある。これはこれでうまい。ちょっと単調になりがちだけど。

ブッカオ北側にあるレストランのムーガティアム
ムートートガティアム

これは単品でオーダー。たまねぎの他に人参も加えてある。
カリカリ豚肉タイプの場合、「ムートートガティアム」と呼ぶケースもあるようだ。
ただ呼び名はかなり曖昧。何が出てくるかはお楽しみといったところか。

ぶっかけ飯屋にも置いてあるかな。
料理がたくさん並べてあり、ちょっとわかりづらい場合は、「ムーガティアムミーマイ」と聞けば教えてくれる。なければあきらめよう。

屋台や食堂が苦手な人は、フードコートでどうぞ。

セントラルフェスティバルの地下フードコートは未確認。

トゥッコム地下のフードコートのムーガティアムがこちら。
豚肉のガーリック炒めライス

これも豚肉カリカリタイプに近い。

店によっては、厚みのある豚バラ肉を利用しているかも。

夏バテ防止には、ムーガティアムがおすすめだ。
ニンニクの口臭防止も忘れずにね~

パックブーンファイデーン

パックブンファイデーン

おなじくニンニクがたくさん入っている料理といえば、パックブーンファイデーン。空心菜炒め。
空心菜のシャキシャキした食感が気持ちいい。
これもタレが決め手。
タレがうまい店にあたると、タレだけでもごはんが食べられる。

パックブーン=空心菜
ファイ=火
デーン=赤色

空心菜を炒める時にフライパンから赤い炎が上がるところから名付けられたらしい。

ちなみに、炒めるが「パット」
よって、空心菜炒めで「パットパックブンファイデーン」となるが、パットは省略しても通じる。

空心菜は、英語で「MORNING GLORY モーニンググローリー」と言う。
英語メニューでMORNING GLORYという文字を見かけたら、ほぼ間違いなくパックブーンファイデーンだ。

パタヤでは、「飛天空心菜炒めショー」で名高い「パックブンロイファー」が有名。
セカンドロードとパタヤカンの2店舗ある。

パックブンロイファーのパタヤカン店。英語でFlyng Vegetable Restaurant
パックブンロイファー

まあ、超メジャー料理なんで、どこのレストランや食堂にも必ず置いてある。

唐辛子も入っており、ローカル向けはかなり辛い場合があるけど、それもまたよし。

パックブンファイデーンは、あまり丼飯にはしないかな。一品料理と白飯を別々に注文することが多い。
ぶっかけ飯屋に置いてあれば、もちろんぶっかけ可能だ。

ただ、基本的に単なる野菜炒めなんで、肉っけがまったくない。
単品で食べるとなると、その点はちょっと物足りないかな。

蛇足ながら、「空芯菜」という表記は日本では登録商標らしい。
中国語では「空心菜」と書く。
日本では「ヨウサイ 蕹菜」と呼ぶのが本来の表記らしい。
まあ、wikipedia情報なんで、正しいのかどうかはわからないが。

で、MORNING GLORYをグーグル翻訳にかけると「アサガオ」と出てきて少しびっくりした。
朝顔菜とも呼ぶようで、別に間違っていないようだ。

まあ、細かいことはどうでもいい。
タイでは「パックブンファイデーン」と呼べば通じるとだけ覚えておきましょう。

ソムタム

唐辛子系の料理。
これはもうタイ料理の大得意分野。
代表はもちろんソムタムだ。

ソムタム

ソムタムにも、ニンニクが入っているぞ。
たっぷりニンニクを入れてほしければ、「サイガティアムユーユー」とでも注文してみよう。

さらに唐辛子もたっぷり入れてもらおう。
「アオペットマーク」とでも言えばオッケーだ。
唐辛子の本数を指定してもいいね。
「サイプリック ヌン、ソン、サム、シー」とお好きな数字をどうぞ。
普通の日本人なら唐辛子2本で充分辛いけど、ここは5本に挑戦。いや10本入れてみよう。
たぶん、食べられないレベルになると思うけど。

ソムタムのおすすめは、ソムタムパラーだけど、イサーンど真ん中の味付けでかなり癖がある。
パラーとは、魚を発酵させた調味料みたいなもの。ソムタム屋台では丸いプラスチック容器に毒々しい色をした液体が入っているが、まさにそれがパラー。
でも、パラーを混ぜると、ソムタムがうまくなるから不思議。

あと、イサーンの人は、沢蟹も入れる。
カニがプーなんで、「ソムタムプーパラー」となる。
これが一番うまいらしい。まあ、たしかにうまい。
が、わたしは何度か「プーパラー」で腹を壊した経験があるので、カニ入りはもう食べないようにしている。
パラーだけなら大丈夫だ。

パタヤの有名イサーン料理レストラン「チェバーン(ジェバーン)」のソムタムプーパラー
チェバーンのソムタムプーパラー

あまりハードなソムタムはきついなあという人は、無難な「ソムタムタイ」をどうぞ。
これは臭みもなくて、かなり食べやすい。
小さな干しエビとピーナッツが入っていて、口休めにもなる。
でもやっぱり辛いけどね。

ソムタムタイとカオニャオ

ソムタムタイにも当然、唐辛子とニンニクは入っている。
がっつり食べれば、夏バテも吹っ飛ぶかな。
辛さのあまり、上の口からも下の口からも火を噴くかもしれないけど、まあそれも一興。
夏バテして遊べなくなるよりマシだ。

ソムタムには肉っけがないので、単品で食べるには、ちょっと物足りない。
そんな時はガイヤーン(味付き鶏もも肉焼き)をセットでどうぞ。
カオニャオ(もち米)も一緒ならイサーン定食の出来上がり。

ガイヤーンとカオニャオ

今回登場したレストランと食堂の地図

まとめ

個人的な好みだけど、丼ものとして一皿でがっつり食べるなら、やはりムーガティアムのご飯のせが一番おすすめ。

ええい面倒だ。
いっそのこと、ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタムの3品を頼んでしまえ。
食堂にソムタムが置いてなければ、そこらへんの屋台で購入して、持ち込んでしまえばよし。
ローカル食堂なら持ち込みはたいがいオッケーだ。
ごはんは別皿で注文すればいい。

ローカル食堂で一品40バーツから50バーツほど。
ビーチロードやセカンドロードにあるような観光客向けレストランやセントラルフェスティバル地下フードコートなら、一品80バーツくらいだろうか。
少々高くなるが、短期旅行者ならそれほど気にするような額ではないかと思う。
お好きなところで、お好きなようにどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. マイク より:

    ジェバーン旨いですよね。
    地図の3rdロード店の他にパタヤタイにも有るらしいです。
    足が無いので行ったこと無いですが(^^;

    • pattayan night より:

      ジェバーンは美味いですね。アヒルのくちばしがやみつきになります。コームーヤーンも絶品です。スープもうまいです。なんでもうまいです。
      でも、ちょっと高いんですよねぇ。おいそれとは行けないのが残念です。
      食レポやりたいんですが、ここ一年くらい行けてません。スポンサー募集中(笑)
      パタヤタイにもあるのは知りませんでした。

      • マイク より:

        アヒルのくちばし旨いですよねぇ~
        ただいつも頼むのに一苦労です(^^;
        ナムトックムーがあまり好みでないのがちょっと残念です

        • pattayan night より:

          あひるのくちばし=パーックペェート
          辛いのペェートとの区別が難しいですかね。いつもタイ人と一緒に行くんで、注文は大丈夫ですね。ゼスチャーでわかってもらえます。

  2. 猫大好きパパ より:

    う~ん。。美味しそうですねぇ^^
    今回のド短期滞在中は 記載の店で昼晩ともに食したいものです^^

    • pattayan night より:

      一番おすすめは、イサーン料理屋のチェバーンですが、料理名がわかっていないと注文が難しいですね。現地の人に付き添ってもらってください。
      決して敷居の高い店ではありませんので、ご安心を。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑