*

Shabushi(シャブシ)は寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店

公開日: : 最終更新日:2017/07/14 グルメレポート


しゃぶし (1)

oishi系列店であるShabushi。
看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。
回転寿司の要領で、しゃぶしゃぶの具材がまわってくると考えればわかりやすい。

しゃぶし (2)

食べ放題大好きで日本食にも興味津々のタイ人のハートをがっつり掴んだのか、どこも大繁盛。
訪れたのはパタヤのセントラル・フェスティバル6階。
平日の午後6時半頃に店につくとすでに5組待ちの状態。
テーブル席が空くまでには30分近く待つ必要があった。

日本人から見ると、かなりいびつな日本食に思えてしまうが、それはそれ。
遠くタイの地で独自に進化した日本食スタイルを楽しんでしまおう。

以下、簡単に紹介していく。
ちょっと興味はあるけど、食べたことはないという人は参考にしてほしい。

SPONSOR LINK



シャブシのシステム

食べ放題かつ飲み放題。
ビールは別料金だ。
単品メニューもあるようだが、当方未確認。
特に何もしなければ、ぽっきり価格だ。

料金は359バーツ。
これはパタヤのセントラルフェスティバル店の価格。
他の店では違うかもしれない。おそらく地方の店に行けば、もう少し安いはず。
数年前まで300バーツ以下だったが、あっという間に値上がり。

時間制限あり。
ここでは80分。以前は90分だったような気もする。
請求書に終了時間が明記されているので、確認しておこう。
延長は可能だが、もちろん別途料金がかかる。
1分10バーツだったか、それくらい。これも請求書にきちんと明記されている。

(追記)
2016年10月、同じセントラルフェスティバル店を訪れた際、値上げしていた。

shabushi-2
大人419バーツ、子供209バーツ。
(ただし、土日プライスの可能性あり。)

また、制限時間は75分となっている。
超過料金は10分あたり20バーツ(一人)。

店内が少しリニューアルされているが、システムなどは一緒。

メニュー

すべて取り放題なので、好き勝手にやればいい。

順番としては、まずソフトドリンクを取りに行く。
グラスはドリンクバーに置いてある。氷も自分で入れる。
緑茶や玄米茶も置いてあるが、砂糖入りだ。苦手な人は水にしよう。

次いで、寿司や天ぷらコーナー。
もっとも日本食の色が強いエリア。

しゃぶし (6)

寿司の種類がしょぼくなってきた。
以前はサーモンの握りがそれなりに食べられる味だったが、今回見当たらなくなっていた。マヨネーズのかかった小さなサーモンっぽい寿司ならあった。
あとの寿司は、なんちゃってロールものが多い。素のカニカマも大量に並んでいる。
寿司を目当てにするのはやめましょう。

ちなみに寿司は回ってこない。自分で取りに行くシステム。

Shabushi tempura

揚げ餃子はまずまず合格点の味。
エビの天ぷらは、あまり考えないようにしよう。
大根おろしもついているが、みじん切り状態であまりおいしくない。

(追加写真)
shabushi-3
この日本食コーナーは、日本食とは数ヶ月以上ご無沙汰しており、心の底から日本食に飢えていたら、ようやくそのありがたみを感じられるレベル。

やはりメインは鍋。
しゃぶしゃぶと名乗っているが、まあ、ごった煮鍋と考えたほうがいい。

スープは選べる。
普通の透明スープ(ナムサイ)と、辛いトムヤム。
でも、鍋が半分に仕切られており、別々のスープにできる。

また、スープが少なくなったら、補充してくれる。
スープのことは、普通にスープと呼べばよい。

あとは回転寿司の要領で、まわってくる皿を好きなように取っていくだけ。

しゃぶし (4)

しゃぶし (3)

野菜、きのこ、魚、貝、エビ、イカ、豚肉、鶏肉、よくわからん肉、うどん、などなど。

がんがん取って、がんがん鍋に放り込んでいこう。

しゃぶし (5)
肉は、豚バラが一番おいしいと思う。
あとは、ほんとよくわからん肉ばかりなんで。

辛みのあるタレがテーブルに置いてあるはずなので、肉やシーフードを食べる時は、お好みでタレをつけよう。
スープだけでは味が足らない。
日本人ならポン酢があればうれしい。こっそり持ち込んでみるのもいいかも。たぶん、見つかっても怒られないはず。

個人的には白菜がうれしい。
鍋にすると、野菜がたくさん食べられる。

一皿あたりの量はとても少ない。
あっという間にテーブルの上に皿が山積みとなる。店員を呼べば、皿は回収してくれる。

制限時間が80分程度とはいえ、回転は早いんで、時間が足りないってことはないと思う。
がんがん食うべし。

締めには、アイスクリームをどうぞ。

しゃぶし (7)

感想

価格上昇をのぞけば、けっこうわたしは好きだ。
エアコンの効いた店内で鍋が食べられるし、野菜もたっぷり取れる。
タイに長期滞在していると、たまに無性に食べたくなってしまう。
実際には、タイ料理が苦手な日本人の友人知人が来た時しか食べないけれど、それほど悪い店じゃないと思う。
日本食だと過度に期待しなければいいだけだ。

コストパフォーマンスでいえば、ムーカタのほうが上かな。
ドリンク代が別途必要だが、ニンジャなら食べ放題で1人200バーツ。
時間制限もなし。
ただ、パタヤ中心部から少し離れており、移動代が必要。屋外のため、蒸し暑い。

関連記事:パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

どこに価値を見出すかで評価は変わってくるものだ。
英語やタイ語が不安な人でも、シャブシなら特に言葉は必要ない。
誰でも簡単に入れる。
いちいち注文を繰り返す必要もない。実に気軽だ。

あとは値段。
わたしには359バーツはとても高く感じる。
でも、多くのタイ人はその価格に納得して通っている。
日本円に換算すると、1330円ほどだ。
これを高いと感じるかはその人次第。
興味のある人は、一度自分で食べてみてはいかが?

(追記)
その後、さらに419バーツ値上げされている。さすがにちょっと高すぎるかなと思うが、それでもタイ人でにぎわっている。

セントラルフェスティバルには、シャブシと似たようなカイテンという食べ放題の店もある。
焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

SPONSOR LINK

関連記事

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

walkingstreet-soi15-food-5

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並

記事を読む

koh-chang-seafood-restaurant-9

カブトガニも食べられる。タイ・チャン島の安くてうまいシーフードレストラン。

タイ東部の島、チャン島(チャーン島、コチャーン)。 島だけあってシーフードが豊富なのは当たり前

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

フィッシュアンドチップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

ワンタンスープギアオナーム (3)

サードロードにあるワンタンスープと火鍋(モーファイ)の屋台

餃子やワンタンが好きだ。 焼き餃子がベストだが、水餃子やワンタンスープもいい。 タイでも、餃

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

アドステア

Comment

  1. aki より:

    ポン酢有りますよ。
    店員に言えば持ってきてくれます。

    もし、ない場合は寿司の横の醤油とテーブル上に有るレモン汁を混ぜればそれらしくなります。

    • pattayan night より:

      おっ、店側でポン酢用意してくれてるんですか、知りませんでした。
      天つゆで代用できそうだなあとは思っていましたが。
      元々の辛いタレも好きですけどね。

  2. 猫大好きパパ より:

    むぅ。。食レポ完璧っすw食べなくても味が解ってしまいましたww
    海外に長期滞在していると残念な日本食も美味しくいただけると友人も言ってました。。。><;
    私はソイエキサイト近くの食堂に行ってみよと思います^^いまいち地理がよく解ってませんが。。w

    • pattayan night より:

      shabushiは日本食じゃなくて、がっつり鍋を食べに行くと割り切れば、けっこういけますよ。寿司と天ぷらはつまみ程度で。
      ソイエキサイト脇道食堂は、利用しやすいです。地図も載せておいたはずなので参考にしてください。

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑