*

パタヤのコンビニでタイの携帯電話SIMカード購入にはパスポートが必要と言われる


普段はAISのSIMカード利用しているが、新しく購入したスマートフォンがデュアルSIM対応となったこともあり、TRUEのSIMカードも試してみたくなった。

タイでは、コンビニで気軽にSIMカードが購入できる。しかも一枚たったの49バーツ。
空港などでは無料SIMを配布していることすらあるようだ。
パタヤではパスポートの提示も必要なく、実に簡単に買える。
いや、買えるはずだった。

で、近所のセブンイレブンへ行き、レジカウンターで「TRUEのSIMカードください」とお願い。
すると、「パスポートはありますか?」と言われた。
これまで友人の手伝いなどで何度も新しいSIMカードを購入した経験があるが、そんなことを言われたのはじめて。
パスポートはセーフティボックスに入れてあるため、所持していない。
すごすごと店を出る。

ついで、ファミリーマートへ。
ここでは、SIMカードの販売自体やっておらず、「セントラルフェスティバルのオフィスへ行ってくれ」と言われた。

他のコンビニ店舗では調査していないが、おそらく同じだろう。

詳しくは知らないが、本来、SIMカードの購入にはIDカードやパスポートの提示が必要だったはず。
でも、なあなあでスルーされてきたのが実情。
が、どうやら、新規SIMカードの販売に関してはかなり厳格化されてきたようだ。

友だちのタイ人に事の顛末を話すと、タイ南部のテロの影響や軍事政権の方針で規制が厳しくなったとか何とか言っていた。

SPONSOR LINK

セブンイレブンでTRUEのSIMカードを新規購入

翌日、パスポートを手にセブンイレブンへ。
「TRUEの49バーツのSIMカードください」とパスポートを提示。
「テレフォンプリーズ」と言われる。
念のため、旧型のスマートフォンを持参していたので、パスポートとスマフォを一緒に渡す。
あとは、店員さんがSIMカードの挿入やら開通手続きまですべてやってくれた。
49バーツのSIMカードには通話料が含まれていないようで、50バーツ分だけトップアップしてもらった。

5分以上かかって、セッティング完了。
SIMカード代とトップアップ代の合わせて99バーツを支払い。
パスポートとスマフォを返してもらう。

電話番号はスマフォの裏にテープで張ってあった。

試しに自分のもう一つの電話にかけてみると、ちゃんと繋がる。うん、オッケー。

TRUESIMカード

TRUEのホームページで登録者情報をチェック

パソコンでTRUEのホームページを見てみる。

TRUEホームページ (2)
https://iservice.truecorp.co.th/

ここからサインアップする。
Sign up nowをクリック。

まずは、Register TrueIDへ。

TRUEホームページ (3)

1 Resister with Mobileを選択
2 電話番号を入力
3 OTP(ワンタイムパスワード)をクリック。SMSでパスワードが送られてくる。
4 そのパスワードを入力
5 Confirmをクリック
6 Terms and conditionを読んだ上でチェックを入れる
7 最後にRegister TrueIDをクリック

これで、TrueのIDが発行される
ここまでは実に簡単。

一度、画面を戻ってから、ログインしてみる。

ここからが手こずった。
とりあえず、ログインはできるようになった。

残高の画面で、きっちり50バーツあることもわかった。
使用期限は2ヶ月先だ。まあ、そんなものだろう。

TRUEホームページ (4)

で、一番確かめたいことは、きちんと名前とパスポート番号が登録されているかどうかだ。

Settingsをクリックして、画面を進める。
電話番号はきちんと登録されてある。まあ当たり前。
しかし、わたしの名前は出てこない。パスポート番号も入っていない。

一度、戻ってみたり、ログアウトしてから再度ログインしてみたりと、いろいろ試行錯誤する。
すると、突然こんな画面に変わった。

TRUEホームページ (1)

他の誰かの名前とID番号が表示されたのだ。

Siri何とかSawa何とかさん。
タイ人だ。

どういうこっちゃ?
電話番号は合っている。
システムのバグ? それとも、以前この番号を使っていた人の情報? もしくは、セブンイレブンで開通作業してくれた人が自分の名前とIDを打ち込んだ?

さっぱりわからず、もう一度ログアウトしてからログイン。
すると、今度は空欄となり何も表示されなくなった。

自分の名前や住所を打ち込んでみると表示名は切り替わった。
が、肝心の登録名とパスポート番号は打ち込めず。
住所は打ち込めた。

TRUEホームページ (5)

こりゃあダメだな。
TRUEのオフィスで直接確認する必要がありそうだ。

いったい、セブンイレブンでパスポートを渡したのは何のためだったんだ?
謎は残る。

所有者情報の登録はセブンイレブン店頭でもできるというニュース記事を読んだ覚えがあるが、どうにも不確定要素が大きい。
やはり、キャリアのオフィスへ直接赴いたほうが確実のようだ。

パタヤタイにあるTRUEオフィス

そんなわけで、後日、TRUEのオフィスへ。
場所は、パタヤタイのトゥッコムの東側、カシコーン銀行の隣にある。

パタヤタイのTRUEオフィス

「レジスタープリーズ」と告げて、パスポートと携帯電話を手渡す。
「インターネットで登録しようとしたけど、うまくいかなかった」と付け足すと、わたしの携帯電話をいじって、チェックしてくれた。
すると、「もう登録してあるから大丈夫だよ」との返事。パスポートを見ることすらしなかった。

部屋に戻ってから、再度インターネットで登録情報を見てみる。

TRUEホームページ6

うーん、名前はきちんと登録されているけどねえ。これでうまくいったんだろうか。
でも、なぜか、使用期限が1年に延長されていた。
通話もしたけれど、残高が減っていない。
最初にチャージした50バーツ以降、まったくトップアップしていないのに、これまた謎だ。

TRUEの利用ははじめてのため、謎が多く残ってしまった。
とりあえず、使用期限が一年に延びたようなので、しばらくこのまま様子を見ようと思う。

まとめ

ここパタヤでは、SIMカード新規購入にはパスポートが必要になった。
(というか、これが本来の姿?)

バンコクや他の地方では、対応が違うかもしれない。
また、コンビニ以外のSIMカード販売所の対応も不明。
ショッピングセンター内や街角にあるような携帯ショップだと、パスポート無しでも買えるかもしれない。

5月下旬にスワンナプーム空港でSIMカードを購入した友人の話では、通話SIMに関してはパスポートの提示は不要だったそうだ。
これは使用期限一週間のSIMなので特に必要ないとの判断なのかな。
ネット接続SIMカード購入には、パスポートがいると言われたらしい。

でも、どのみち、所有者情報の登録義務がある。

タイの新規SIMカードを購入したい人は、パスポートを必ず持って行くべし。
もしくは、タイ人に頼んで代理購入してもらう。ただし、その場合は、名義登録がそのタイ人の名前になってしまう。あとで変更できるかどうかは不明。

最も確実な方法は、各キャリアのオフィスでSIMカードを直接購入して、パスポートと名前の登録もきちんとやってもらうことだ。

AIS

DTACオフィスパタヤセントラル

パタヤなら、セントラルフェスティバルにAISやdtacのオフィスがある。

スワンナプーム空港の到着フロアーにも各社のカウンターが並んでいる。多少混み合っているが、ここですべて片付けてしまうのがいいかも。

すでにSIMカードを持っている人も、パスポートと名前の登録はしておいたほうがいい。
登録することを英語で「レジスター」という。
各会社の窓口へ行って、パスポートと携帯電話を見せながら「レジスタープリーズ」と言えば通じるはずだ。
7月31日までに済ませてしまわないと、利用できなくなる恐れあり。
(なんとなく、今回もなあなあで終わりそうな気がしないでもないんだけど。)

SPONSOR LINK

関連記事

vasu-exchange

バンコク・ナナ駅のお得な両替所、VASU(ワス)とスーパーリッチ

バンコクで有名な高レート両替所といえば、スーパーリッチ、タニヤスピリットなどいくつかある。

記事を読む

ドミノゲーム (1)

バービアでのドミノゲームのルールと遊び方

バービアでのゲーム遊びといえば、サイコロゲーム(ジャックポット)や四目並べ(コネクティン

記事を読む

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

contact-lens-duna-1

タイでコンタクトレンズを購入する第二弾。一ヶ月使い捨て6枚入りで550バーツ。

タイのコンタクトレンズは安い。 前回紹介したものがこちら。 DUNA Life

記事を読む

AIS12コール (1)

AIS(12コール)の残高トランスファーの方法。日本からでもタイへプレゼントできるよ。

タイのプリペイド携帯電話サービスでは、自分の残高を他の人に分け与えることが可能だ。 ここで紹介

記事を読む

スワンナプーム発エアポートバス値下げ (1)

スワンナプーム空港発パタヤ行きエアポートバスが122バーツに値下げ

スワンナプーム空港からパタヤへ直行するには、ルンルアン社のエアポートバスが一番安くて便利。 ス

記事を読む

トロピカルガーデン看板

パタヤ近郊のノンヌット・トロピカルガーデンは中国人だらけだけど、それなりに楽しい。

パタヤへ遊びに来ている友人一行が、先日、ノンヌット・トロピカルガーデンへ遊びに行ってきた。 今

記事を読む

decolgen-3

タイの薬局で買える風邪薬、Decolgenは強力

12月に入り、夜間はめっきり気温が下がってきたタイ、パタヤ。 先日、油断してエアコンを付けっぱ

記事を読む

ウタパオ空港HP (3)

エアアジアのパタヤ・クアラルンプール便就航。ウタパオ空港発着便について。

エアアジアの新路線 クアラルンプールとパタヤ・ウタパオ空港を結ぶエアアジアのフライトが就航にな

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    携帯は日本のパケ放題プランでいつもすましてますねぇ。。短期ならそれでも出費痛くないけどロングになるとそういった手続きしないとめちゃお金かかりますね@@機械オンチの私にはなかなかハードルの高い作業ですねw

    • pattayan night より:

      海外パケ放題は高いですよねえ。でも、日本のスマフォ環境をそのまま使えるのは便利ですね。
      一番安上がりなのは、SIMフリーのスマフォに現地SIMカードを挿して使うことです。一週間100バーツ前後で使い放題も可能です。
      最初はわかりづらくて躊躇してしまうものですが、一度やってみれば、意外と簡単ですよ。

  2. 猫大好きパパ より:

    ほぉ。。一度試してみます^^
    ありがとうございます^^

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑