パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

フードコート・市場

ソイブッカオ常設市場で牛串焼き、サテ、生春巻き。炙りチーズケバブ屋は移動式に。

投稿日:


パタヤ・ソイブッカオ民の強い味方、タラートブッカオ(Buakhao Market)。
火金市場と区別するために、ブッカオ常設市場と呼んでたりする。

右手の屋台村のぶっかけ飯はちょこちょこと利用する。昼飯に何を食べようか考えるのが面倒になったときにはついつい足が向いてしまいがち。

関連記事:【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

ブッカオ常設市場ぶっかけ飯

お気に入りは向かって右奥にあるぶっかけ飯屋のイカのパッポンカリー。カナームークロップと合掛けで40バーツ。
値上がりの多いパタヤの昨今だが、ここは現状維持してほしい。

夕食時はぶっかけ飯は使わず、屋台で食材を購入して持ち帰ることが多い。
最近利用したものをいくつか紹介。

SPONSOR LINK



牛串屋台

近頃見かけるようになったのが、この串焼き屋。

ブッカオ常設市場牛串 (1)

牛さんのイラストが目印。
MEA LEK KOKHUNが店名か。
グリルドビーフとも書いてある。
基本は牛串だ。

タイミングによっては、豚も置いてある。

ブッカオ常設市場の牛串 (1)

陳列ケース左が豚で、右の黒いほうが牛。
一串10バーツ。

まずは牛串から。

ブッカオ常設市場牛串 (2)

マリネした牛肉を串に挿してグリルしてある。
当然タイの牛肉だろうし、肉質そのものは良いものではない。
が、タレにしっかり浸してあって、肉はほどほどに柔らかくなっている。
この風味のあるタレは、タイでたまに遭遇するけれど、はたして何のタレなのかよくわからない。
初めて食べるとちょっと鼻につんと来て、苦手に感じる日本人は多いかも。
でも食べ進めていると意外と癖になる。
牛肉を噛めば噛むほど肉の旨味が出てきて、タレの香りと相まって、これがいける。

豚肉も買ってみた。

左が牛で、右が豚。

ブッカオ常設市場の牛串 (2)

たしかに、肉質自体は豚のほうがいい。明らかに体に良さそうな色をしているのは豚肉。
量も多め。
いちおうタレに漬けてあるようだがそこまで味はついていない。
食べやすい味だ。
が、旨味という点では牛に劣ると思う。
とにかく噛めば噛むほど味がにじみ出てくる。

ブッカオ常設市場の牛串 (3)

ここではがっつり牛串を食べるのがいい。
味が濃い目なので、カオニャオ(もち米)とよく合う。
もちろんビールのあてにもいい。
バービアめぐりの前に買い込んでもいいかもね。

サテと生春巻き

以前から出ていたかもしれないが、サラダと生春巻きとサテの屋台もある。

ブッカオ常設市場のサテと生春巻き (1)

ブッカオ常設市場のサテと生春巻き (2)

野菜不足に陥りがちなタイの食生活ではサラダを意識して摂取するようにしないとだめだ。
生野菜やサラダはあんまり好きじゃないけれど、体が欲するためにちょこちょこと食べるようにはしている。
今回は、生春巻きにしてみる。

生春巻きは35バーツ。サラダはたしか50バーツだったような。サラダには蒸し鶏やカニカマも入っているようだ。

生春巻き
ブッカオ常設市場のサテと生春巻き (4)

薄い米の皮でサラダを巻いてある。タイ語での名前は不明。英語ではサラダロールとか呼んでいる。
カニカマ入り。
見たまんまの味でとくに感想もない。サラダロールとしかいいようがない。
タレは、タイらしく激辛仕様。米の皮とはよく合うが、サラダとの相性はいまいちかも。
でもサラダ自体には味がついてないんでタレがないと食べられない。
別にこのタレでもいいけど、他になんかいいものはないだろうか。
とりあえず生野菜を食べたという実感が得られる一皿であった。

これだけでは腹が膨れない。
ついでにサテも食べる。
サテとタレと漬物と酢がそれぞれ別の袋に入っている。

ブッカオ常設市場のサテと生春巻き (3)

タレをドバっとかければいいだけ。
焼き立てではないのだが残念だけど、普通に美味しい豚肉のサテだ。
タレは甘めのピーナッツソース。豚肉サテにはこのソースがよく合う。
数えてみると13本入り。これで50バーツはわりと安いと思う。
そのままバービアに持ち込んでビールのあてにしてもいいね。

春巻きとサテで合計85バーツ。
わりと満足。

チーズ焼きケバブ屋台は移動式へ

以前、市場内に店舗を構えていたケバブ屋があった。
ガスバーナーでチーズを焼いてくれる店だ。

関連記事:炙りチーズ入りのケバブがうまいドネルケバブ屋@ブッカオ常設市場

が、カフェアマゾンの出店などにより市場の配置が変更となり、このケバブ屋台もいつのまにか姿を消していた。
が、バイクにケバブ調理台を乗っけて、移動販売式となっている。

ブッカオ常設市場牛串 (3)

夜になると、このようにアマゾン前あたりに駐輪して営業していることが多い。
ここのケバブはチーズ入りにするとうまいが、ソースは基本的に弱い。たっぷりソースを入れてもらいましょう。

SPONSOR LINK

-フードコート・市場

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.