*

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

公開日: : 最終更新日:2015/04/24 エッセイ

パタヤの薬局にて

今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。

どうしても夜のお薬が欲しいという知人のため、ソイ6にある薬局へお伴した。
ドアを開けて、開口一番、こう尋ねる。

カマグラ ミーマイ カップ

カマグラはありますか?

正確にはカマグラゴールドだが、ガマグラで通じる。

返事は、「ミー
あとは、値段を聞くだけ。

100mgの錠剤4個入り1シートが300バーツ。
2シート買えば、500バーツ。

1シートが250バーツとすると、現在のレートで約920円。

ここはけっこう安いね。
他の薬局では、1シート500バーツと言われることもあった。

日本から個人通販すると、以下のようになる。

カマグラゴールド

カマグラ値段表

なお、バンコクに住む友人の話では、バンコクの薬局ではパタヤよりも高いらしい。

はたして、タイ・パタヤの薬局でED治療薬を処方箋なしで販売するのが、合法か違法かは知らない。
少なくとも、薬局の陳列台には並んでいない。
でも、ケースの奥や引き出しの中から、平気の顔で取り出してくれる。
売るのは店の責任、買うのは客の自由なのか。
また、パタヤの薬局で手に入る薬が本物か偽物かどうかも知らない。
少なくとも、個人的には効果がばっちり現れるとだけは言っておこう。

カマグラの効能

さて、そのカマグラゴールドの効力やいかに?

個人的な経験だが、これは効く。
ああ、もう、恐ろしいまでの破壊力さ。
疲れも悩みもコンプレックスもすべて吹っ飛ぶ。
まさに禁断の実だ。

効果があらわれるまでは、おおよそ15分から30分程度。
シャワーを浴びる前に飲んでおけば、ベッドインしていざ本番という段階で効果を発揮するだろう。
錠剤をそのまま嚥下してもいいが、噛み砕いてから飲み込んだほうが効き目は早いかも。
早い人は、シャワーの刺激だけで反応してしまうほど。
ただし、錠剤自体は、かなり苦い。水でしっかりとすすがないと、口の中にいつまでも苦味が残ってしまう。

人によっては、胸焼けや吐き気がするなどの副作用があるようだ。
わたしは、ちょっとだけ胸焼けするかな。
知人は、胃薬を併用して、胸焼けを抑えているとのこと。
アルコール摂取時には、あまり服用しないほうがいい。

あと、100mgの錠剤は、小柄の日本人にはちょっと強力すぎるかもしれない。
個人的には、半錠でばっちり効果が現れる。
ピルカッターでキレイに切断できればいいけれど、なかなか難しい。
わたしは糸切り歯で、がりっと半分だけかじっている。
残りは次回のために置いておく。
1シート4錠入りを購入すれば、8回使える計算になる。

(わたしが実際に使用したカマグラゴールド。歯でかじった半錠が残っている。)
カマグラ

薬なしで本番に挑み、中折れしてしまう時がある。
そんな時は、「ローサックルー(ちょっと待ってね)」と言って、薬を飲む。
で、ベッドでしばらく横になっていると、徐々に力が回復。
欲求不満げな彼女も「ケーンレーオ」と大喜び。
無事に、行為を完遂するに至る。
そんな使い方もありだ。

まあ、相手がちゃんと待ってくれればいいけどね。
せっかちでサービス精神のないコは、「あなた無理ねバイバイ。」とさっさと帰ってしまいかねない。
どうしても自信がない時は、やっぱり事前にしこんでおくのがベター。

是か非か

が、ドーピングの効果ばかりをあげてきたけれど、正直なところ、あまり薬には頼りたくない。
毎回のように使っていると、それこそ癖になってしまう。
なかば習慣のように薬に手を伸ばすのは、やっぱり健全とは言えない。

まさに、カマグラやめますか、それとも人間やめますか状態。

これはまずい。
おそらく体にも負担がかかるはずである。

男が持つ本来の力を使うべきだ。

肉体的にも精神的にもパワーが充溢している時は、まるで体の底からマグマのようにこみ上げてくるものがある。
心が踊り、下半身も反り返る。
これがベスト。

でも、カマグラ使用時には、そこまでの充足感はない。
下半身だけがひとり歩きしているかのようだ。
薬に走らされているわけで、けっして自分の力じゃない。

ドーピングはあくまでドーピング。その場しのぎの対処療法だ。
夜のスプリンターとしては失格である。

とはいえ、眼前に広がる女体という魅惑的なゴールへたどり着けないのは、なんとも虚しいではないか。
中折れなど、男の名折れだ。
最後までやり遂げてこそ、男子の本懐なのである。
薬はあくまで並走してくれるパートナーと考えて、一緒に甘美なるゴールテープを切りたいものだ。

決して安くないバーファインを払い、そしてお手当を数千バーツ払うとしよう。
ロングならともかく、ショートで遊んでいて、たたない日には、それこそ立つ瀬がない。
焦れば焦るほど、たちは悪くなる。
男とは、それほど神経質な生き物だ。

 

備えあれば憂いなし。
常に服用する必要もなし。
懐に一錠しのばせておけば、妙な安心感がある。
いざとなれば、伝家の宝刀を取り出せばいいからだ。
あなたの錆びついた下半身の刀を金色に蘇らせるのは、カマグラゴールドなのだから。

カマグラゴールド

カマグラゴールド個人輸入代行

 

※当記事は、タイの薬局にてED治療薬を無処方箋で購入することや、代行業者を使って日本から個人輸入することを奨励するものではありません。あくまで個人の感想です。
また、世の中のすべての薬には副作用があり、効能には個人差があります。
購入並びに使用に際しては、すべて自己責任でどうぞ。

 

関連記事

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_100116_123329_pm

PPAP!ペンパイナッポーアッポーペン(PEN-PINEAPPLE-APPLE-PEN)!なぜかタイで人気沸騰ピコ太郎

最近、タイのSNSのタイムラインでよく流れてくる変な動画がある。 怪しさ200%のおっさんが、

記事を読む

コンビニのペットボトル

セマクテ?シンメチョーダイ?キクアノネ?ミヤビ。タイで耳にするよくわからん日本語。

パタヤに限らず、タイで遊んでいると、変な日本語にでくわす機会が多い。 商品名が奇妙な日本語表記して

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

バービア嬢、ゴーゴー嬢を囲うには一ヶ月いくら必要か?超ロングペイバー。

夜の女性を囲う 好きになってしまったタイの夜の女性がいるとしよう。 あなたはすでに帰国。

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

songkran

ついにソンクラーンがはじまる。パタヤの近況。

ソンクラン2015年 いよいよ、タイ名物のソンクラーンがはじまった。 公式には4月1

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

チャン島 (12)

パタヤからチャン島へのバカンス旅行はおすすめ

サメット島につづいて、チャン島を紹介したい。 パタヤからの泊まりがけ旅行としては、有力な候補だ

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    錠剤もあったのですね~。ゼリーのしか知りませんでした。
    確かインドの薬でしたよね?

    • pattayan night より:

      わたしはいつも錠剤です。ゼリーは味付きだったような。
      カマグラは、バイアグラのジェネリックですね。たぶん、インド製です。インドは薬の特許がないとか、そんな理由らしいです。
      成分はバイアグラと同じだと思われますが、定かではありません。

      • Air-G より:

        この手の薬常用すると、飲まないと勃起しなくなります。13年付き合った彼女が若かったので頑張ろうしたのが運のつき、今じゃこれがないと機能しません〔泣〕ただの排泄の道具になっちゃいました。

        • pattayan night より:

          常用はダメですね。ほんと、癖になってしまいます。
          いざという時のための、保険みたいなものに留めておくのがいいのかと。
          まあ、あの硬度パワーを体感してしまうと、やみつきになるのも当然ですけどね。

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑