パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ディスコ・クラブ

【パタヤのディスコ】i-barとInsominia(インソムニア)。VIPエリアあり。

投稿日:

パタヤで最も有名なディスコといえば、Hollywood(ハリウッド)とInsomnia(インソムニア)だろうか。
立地的にも料金的にも敷居的にも入りやすいのがハリウッドよりもインソムニア。
今回はインソムニアのご紹介。VIPエリアにも入ってみた。

iBarとInsominia

場所はウォーキングストリートのやや奥手の海側。

アイバーとインソムニア iBar Insomnia (1)

見と落とす心配のない外観だ。

地図

1階がiBar、2階がインソムニアとなっている。
インソムニアへ直接行きたい時は右側の階段を登っていけばいい。

アイバーとインソムニア iBar Insomnia (3)

いずれも入場時にボディチェックあり。
タイ人はIDカードチェックもあるようだ。

フリーエントランスとなっており、入場料無料。
勝手に入って、勝手に出ていくこともできる。

iBar内の奥にも階段があって、インソムニアへ移動することは可能。

iBar アイバー

1階のiBarは、ディスコというより音楽のがんがん鳴っているバー。読み方は「アイバー」

海に向かって長細い造りだ。

アイバーとインソムニア iBar Insomnia (2)

手前側はスタンディングがメイン。壁にソファー席とテーブルが並ぶ。

途中、ビリヤード台も置いてある。

奥のスペースは海へせり出しているテラスエリアで、なかなか雰囲気がいい。

ここはテーブルが多い。

いくつかドリンク販売ブースがあって、その場で料金を支払いドリンクと交換する。
ビールが160バーツくらいだったような。

また小さなカクテルや、注射器型カクテルの移動販売もあり。

iBar奥のエリアには女性同士の客が多い印象。
多くは客を探しているフリーランサーたちだろう。
近づくといかにもいわくありげな目線を送ってくるのですぐわかるはず。
あとは交渉次第。

iBarの客層はファランが多い印象。
奥のほうにいけば、中国韓国もちらほら。

Insominia インソムニア

階段を上って、インソムニアへ。
ここも中細い作りなのは変らず。

2階部分が通常ダンスフロア。
DJブースあり。
さらにお立ち台もあって、コヨーテダンサーが踊っている。

基本システムは同じ。
入るだけなら無料。ドリンクカウンターでドリンクオーダーして料金を払うだけ。
あとは好きな場所で好きなように楽しめばいい。

今回は、同行者がVIPカードなるものを所持しており、インソムニアのVIPエリアへ行くことになった。
VIP専用の階段からさらに上のフロアへ登る。

海側のVIP席だ。

インソムニア Insominia (4)

ソファー席とテーブルがいくつか並ぶ。
それほど広くはないが、客も少なく、手狭ではない。

インソムニア Insominia (5)

海も見える。なかなか贅沢な空間。

VIPエリア専用のドリンクカウンターもある。
わざわざ出向かなくても、ウェイターが注文を取りに来てくれる。
詳しい料金は不明だが、4人でビールやグラスウィスキーをオーダーして650バーツくらいだった。

VIP席からは通常ダンスフロアを見下ろすことができる。

インソムニア Insominia (3)

インソムニア Insominia (2)

まあ、よく見えること。

なんだか偉くなったような気分。

インソムニア Insominia (1)

時刻は午前4時過ぎだが、かなりの盛況ぶり。
流行っているなあ、インソムニアは。

フリーランスらしき女性たちの姿も確認できる。
すべては交渉次第。
ほぼインソムニア専属で客を探しているような上玉クラスは、やはり高めか。
ゴーゴーとほぼ同じ価格帯かちょっと高いくらいと考えておけばよさそう。
ショート2000から4000、ロング4000から6000くらいか。
ファラン、日本人、韓国人、中国人狙いによって料金は異なってくるだろうし、一概にいくらとは言いにくい。
金持ち中国人はロングで7000や8000、へたすると1万を出すこともあるそうだ。

仕事終わりのバービア嬢やマッサージ嬢も来ており、バービア価格での連れ出しもできなくはなさそう。
同じく仕事終わりのゴーゴー嬢も来ているが、お値段はやはりゴーゴー価格となるだろう。バーファインがかからないだけ安くなるし、値引き交渉もしやすいはず。

インソムニアの客層は、もちろんファランもいるけれど、中国韓国がかなり目立つ。
アジア系優勢な印象だ。
女性連れで来ている客もいるし、もろにフリーランサー探しに来ている客も多い。

 

インソムニアの閉店時間は、基本午前6時。
iBarのほうは少し早めに閉店する。おそらく午前5時頃。

ウォーキングストリートのゴーゴーバーの閉店がおおむね午前3時から4時の間。
ゴーゴーで空振りに終わっても、まだまだインソムニアとiBarは営業を続けている。
最後の望みをかけてもいいし、一心不乱に酔いながら踊るもよし。
がっつり朝まで遊べる。

ちなみに、午前5時過ぎのウォーキングストリートの様子はこんなもの。

インソムニア Insominia (7)

小雨が降っていることもあって閑散としているが、屋台も出ている。

なお、インソムニアの意味は「不眠症」。
まさに眠らない街パタヤを体現するのがインソムニア。
6時まで遊んで外に出たら、すでに夜が明けて、朝になっているだろう。
夜型のパタヤ人はここからさらに別の飲食店に移動して昼間で遊んだりもする。
おそるべしパタヤの夜。眠っている場合じゃない。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2018年(9月16日更新)


-ディスコ・クラブ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.