パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

イサーン料理

これぞデンジャラスイサーン料理、生肉サラダのゴイとラープディップ

投稿日:


パタヤにはイサーン地方出身が多く住んでいる。
イサーン料理といえば、ソムタム、ガイヤーン、ラープなどが有名。
ソムタムプーパラには生の沢蟹が入っていたりと、なかなかデンジャラスな食べ物も少なくない。
今回紹介するのは、その中でも、極め付きかも。
ゴイとラープディップだ。
生肉を使ったサラダである。

SPONSOR LINK



ゴイとラープディップ

はい、こちらが生肉サラダ。

ゴイ・ラープヌアディップ

部屋に遊びに来たイサーン出身嬢がそこらへんのイサーン料理屋台で買ってきたものだという。
肉の種類をたずねると、牛肉(ヌア)。
つまりは、ゴイヌア。
ゴイは、コイともカタカナ表記できるかも。微妙な発音。

生の牛肉を刻んで、玉ねぎや香草なんかをあえて、サラダ仕立てにしてある。

まあ、牛肉なら日本で言うところのユッケみたいなもの。
衛生管理状態が非常に気になるところだが、少しくらいなら大丈夫だろう。
パクリと食べてみる。

肉の臭みはない。
元々タイの牛肉は固いけど、生の状態だと、それほど固さも感じない。
肉のうまみもある。
が、それ以上に、辛い。
唐辛子の殺菌作用を狙っているのかもしれないが、とにかく辛い。
いや、でも、けっこうおいしいね、これ。
あなたゴイが食べられるのねとイサーン出身嬢からお褒めの言葉をいただき心象も良くなった、ような気がする。

続いてはイサーン料理食堂のゴイ。これも牛肉。
いや、ラープヌアディップだと言っていた。
つまり、生牛肉のラープ。

ゴイ・ラープディップ

毒々しい色をしている。
屋台のものより血の滴り感がすごい。

ゴイとラープディップの違いがよくわからない。
タイ人に質問してみると、ちょっと考えてから、「セイムセイム」とか「ムアンガン」とか言われる。
たぶん、大した違いはないか、説明するのが面倒くさいのだろう。
気にしてもしょうがない。

屋台でも食堂でも衛生管理はたぶん似たようなレベルに違いない。
これまた気にしてもしょうがないんで、ちょっとだけいただく。

なかなかワイルドなお味。でもどこか上品な気風もある。
やっぱり辛い。
おいしいといえばおいしい。
もっと食べてもいい。
でも、怖い。
やめておこう。

イサーン人は、問答無用でぱくぱくと食べておりました。

タイ人に話を聞くと、食べない人も多いとか。
そりゃあまあそうかな。
でも好きな人はとことん好きだと。
日本にも生肉愛好者は少なくない。同じこと。

さらにツワモノもいる。
豚肉のゴイや川魚のゴイを食べるそうだ。
さすがに生の豚肉と生の川魚はまずいだろう。
実際毎年のように食中毒による死者が出ているとかいないとか。
さもありなん。
美食にかける人間の執念たるや生死を超越するわけである。

どこのイサーン屋台でも置いているわけではないかも。
イサーン料理系の食堂やレストランなら置いてあるでしょう。
生肉好きかつチャレンジスピリットを持った人は、ぜひともゴイとラープディップに挑んでほしい。
普通においしいです。

他にもおいしいイサーン料理はある。
グループで訪れるとテーブルの上はこんな感じになる。

ゴイ他イサーン料理

右上に映っているゴイが赤い。不気味に赤黒い。

ちなみに、ゴイを食べた翌日も胃腸に変化なし。食あたりもせず平気だった。
たぶん、運次第。
当たったらその時はその時だ。
イサーン人と仲良くなるのに生肉を恐れてはいけない。
でも、豚と川魚だけは断固拒否で。

SPONSOR LINK

-イサーン料理

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.