*

ついにソンクラーンがはじまる。パタヤの近況。

公開日: : エッセイ

ソンクラン2015年

songkran

いよいよ、タイ名物のソンクラーンがはじまった。

公式には4月13日から15日までがソンクラーンによる休日だが、週末ということもあり、11日からすでに水かけがスタートしているようだ。

この時期にタイやパタヤを訪れる人は、水浸しになること必至。
スーツケースを引きずっていようがお構いなしに水をかけられるので、防水対策は忘れずに。
ソンテウやバイタクに乗っていても関係なし。
逆に格好の餌食となってしまう。

携帯電話やパソコンやデジカメや財布の防水対策は特に念入りに。
たとえ水をかけられて電子部品が壊れても、文句は言えない。
日本だと弁償ものだが、ここはタイ。
そういうものだと思って、予防策を講じておこう。

ホテルまで安全に行きたいなら、空港からタクシー利用がベター。
窓を閉め切った状態でホテル玄関前に横づけ。
これならたぶん、大丈夫。
せいぜい、小さな水鉄砲で挨拶程度に水かけされるくらいかな。
油断は禁物だけど。

パタヤのソンクラーン

タイ全土で最も激しい水かけが行われるのがパタヤと言われている。
とにかくクレイジーだ。
ホテルを出て100メートルも歩かぬうちに全身ずぶ濡れになること必至。

わたしは今まで、パタヤでソンクラーンを二度体験している。

関連記事:パタヤで初めてのソンクラーンを体験。ペイバー不可嬢連れ出し作戦

個人的には、もうコリゴリなんだけど、未体験の人は、一度くらいは体験してみるのも悪くないかな。

水かけウォーズが特に激しいのが、ソイ7、8あたり。
向かい合わせにバービアが並ぶソイ7は大激戦区だ。

ソイ7の様子
ソンクラーン2

同じようにソイ6も激しい。
あとは、どこも同じくらい。
どこを歩いても、ずぶ濡れになってしまうのだから、結果は同じだ。

建前上は日没後の水かけは禁止されているが、実際は各所で散発的に続く。
夜のウォーキングストリートでも、大掛かりな放水は見当たらないけど、手桶からの水かけは継続。白い粉を顔にべっとりと塗られることも多い。
目当てのゴーゴーバーへたどり着く前にずぶ濡れになりかねないので要注意。
エアコンの効いた店内で風邪など引かないように。

ちなみに、パタヤのソンクラーンは一週間は続く。
最大のイベントは、毎年決まって4月19日、「ワンライ」と呼ばれる日。
ワン=日
ライ=流れる

このワンライでは、ビーチロードが歩行者天国となり、尋常じゃない量の人と水鉄砲で埋め尽くされる。
馬鹿騒ぎが好きな人は、ぜひビーチロードへ。

蛇足ながら、水かけをして遊ぶことをタイ語で「レンナム」と言う。
レン=遊ぶ
ナム=水

お気に入りのタイ女性を誘う時は、「レン ナム ドゥアイ ガン」とでも言えばいいかな。

また、ソンクラーンはタイの新年にあたる。
挨拶は、「サワディー ピー マイ」とか「ハッピー ソンクラーン」でオッケー。
ピー=年
マイ=新しい

ん?
「スックサンピーマイ」でもいいのかな。
まあ、「ハッピーソンクラーン」で充分。

読者情報

ちょうど、パタヤを訪れている読者さんから、コメントをいただいた。
こちらで紹介してみたい。

虎吉さんより

初めましてとてもブログ参考にさせてるものです。
名無し食堂のカオパット美味しかったです。ただソンクランなのかわからないですがお店昨日あたりからやってないです。安くて美味しいので客もいっぱいで残念です。
あと55で遊んでるのですが割高感が半端ないです。
今ブッカオの両替所で2670です。
また有名所はだいたいBF1500でイープンやカウリーは好みがかぶるので一軍がPBされると売れ残り感が半端ないです。
バービアも見ましたがピンとくる嬢はいませんでした。
ソイ6でちょいちょい遊んでますが本当にビンボー人には遊びづらくなりましたね。
タイ語が話せれば少しは違うと思いますが自分は全然なんで勉強しなくちゃと思います。
ソンクランは一回水浴びればもういいです。
スコールも結構あるんで早く次の国に移動したいです。
また時間ありましたらコメントします。ブログ頑張ってください。

虎吉さん、コメントありがとうございます。
以下、コメント返しにかこつけた記事になります。

ブッカオにある名無し食堂

名無し食堂

味が落ちたと少し前にブログに書いたけれど、どうやら味は戻りつつあるようだ。
よかったよかった。
ちなみに、この名無し食堂は、24時間営業で定休日なしのフル稼働が基本。が、ソンクラン期間中だけは毎年のように1週間ほど休業している。今年も同じくソンクラン休暇のようだ。
営業中はいつも客でいっぱい。料理が出来上がるまで待たされることも多いし、そもそも席が空いていないこともある。

そんな時は、ちょうど真裏にある食堂へ行ってみることをおすすめします。

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

関連記事:ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味は普通だけど使い勝手は良し。

日本語メニュー付きで、名無し食堂よりも注文しやすい。
値段は10バーツほど高いくらいかな。
意外と穴場。
ソンクラーン中も営業との話だ。

ソンクラーン時期の夜遊び

ゴーゴーバーも、このソンクラン時期は、バーファインが値上がりする傾向にある。
田舎に帰ってしまう女性が多いこともあり、店としてはバーファインを単価を上げて、なんとか儲けようとする考えだろう。あと、早々にペイバーされてしまって、店内が寂しくなってしまうのを防ぐ思惑もありそう。
深夜0時を回ると、バーファインが安くなるバーもあるが。

それにして、BF1500バーツかあ。高いよなあ。
日本円になおすと、5600円くらい。
さらにチップがロングで4000バーツなんて請求されたら、+15000円。
あわせて2万円オーバー。
うーん、確かに高い。

ちなみに、バービアは通常のバーファイン代を維持しているところが多い。ただし、19日のワンライだけは、倍ほどに値上がりするかも。

バービアでいい娘を見つけるには、ひたすら足で探しまくるしかないです。
確率はかなり低いんで。

でも、この時期はバービア嬢もゴーゴー嬢も田舎へ帰ってしまうケースが多い。
特に、普段から売れっ子でそこそこカネを持っている人ほど、田舎へ帰ろうとする。
さらに、すでにブッキング済みの女性たちもいるだろう。
よって、パタヤにフリーでいるのは売れ残り状態ということ。

割高に感じるのも無理はないですね。
貧乏人が遊ぶのにはつらい状況。

やっぱり、ソンクラン時期に夜遊びメインでパタヤを訪れるのは得策ではなさそう。
特定の相手とべったり遊ぶなら問題ないだろうし、レンナム(水かけ)目的なら楽しいとは思うけど。

ちなみに、隣国のラオスやミャンマーでも水かけはやっているみたい。
ミャンマーが4月12日から21日まで
ラオスが4月14日から16日まで
カンボジアは不明だが、同じように新年のお祝いをするようだ。
つまり、この時期の東南アジア一帯は、どこ行っても、水かけにぶつかることに。

ソンクランにうんざりなのは、わたしも同感です。
ほんと、嫌になってくる。
1日か2日なら、まだ許せる。
けっこう楽しい。
が、3日とか1週間も続くのは、やりすぎ。
早く逃げたい気持ちになってしまう。

まあ、せっかく南国を訪れているのだから、この状況を楽しみましょう。
うまく立ち上回れば、それなりに安く遊べますよ。

これからも当ブログのご愛読のほどをよろしくお願います。


関連記事

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

ウォーキングストリート2015

タダってありなのか?パタヤでなるべく安く夜遊びする方法のつづき。

前回の続き。 パタヤでの夜遊び代を減らす方法。 1 ひたすら交渉して、支払額をまけてもら

記事を読む

スーパーベイビーゴーゴーバー

バービアのオーナーママさんから借金を申し込まれた話

去年くらいのこと。 わたしが懇意にしているバービアがあった。 カウンターが10席あるくらいの小さ

記事を読む

81Yo5JtUXeL._UL1500_

タイ・パタヤ夜遊びで持ち歩くものは?カバンとポケットと財布の中身

先日バービアで飲んでいた時のこと。 すぐ近くの席に日本人が来店。 おもむろにかばんから取

記事を読む

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

タイ語メモ (4)

タイ語と英語のちょっと危険なスラング、ヒーとカント

タイ語ノート タイ語の料理名を書いてもらったり、メモを取るために、タイ滞在時にはいつも小さなノート

記事を読む

isaandance

サバイディーボー?シーカンボー?イサーン語を少し覚えると、パタヤの夜はもっと楽しくなるかもね。

御存知の通り、パタヤで働く人の多くがイサーン出身だ。 ソムタム売りなんか、あきらかに本場イサー

記事を読む

ソイダイアナバービア群

金儲けは二の次さ。趣味と暇つぶしで働くバービア嬢たち。

パタヤには無数のバービアがある。 大げさではなくて、本当に数えきれないほどだ。 営業届け

記事を読む

謎のオブジェ

タイ夜遊び旅行を楽しむには、テキトーさと笑い飛ばす力があればいい

タイにかぎらず、東南アジアやインドなどを旅行していると、どうしてもイライラしてしまうような事

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ちゃいまい より:

    自分もパタヤのソンクラーンは2回ほど体験させていただいてますが、2回目の時はずーっとバービアのおねいちゃんと一緒で楽しい思い出があります(笑)その後一緒にレンタカー借りて田舎までいきました、確かにソイ6や7は凄いですね、やはりファランはクレイジーですが負けてませんでした、最終日は知り合いのピックアップトラックに乗せてもらって大渋滞のビーチロードをビール飲みながら大ハシャギしました、おねいちゃんもトラックに乗ったのは初めてで音楽に合わせて踊ってました!又行きたいです、そして楽しい報告待ってます。

    • pattayan night より:

      一緒に騒ぐ相手がいたり、馬鹿騒ぎに徹するならソンクラーンは楽しいですよね。
      でも一週間はやりすぎです。
      あ、ちなみにわたしは今日本なんでソンクランに参加できません。まあ、わざとソンクラーン時期を外しているんですが。

  2. 芽きゃべつ より:

    最悪のソンクラーンが始めりましたね。
     昨日までに有る程度の食糧は買いだめて 外に出る必要が無い様に備えています。
     夜は様子を見ながら外に出て食べるつもりです。

    水掛けは3日前からソイ6,7,8のバービアで始まりました。
     名無し食堂ですが金曜日の朝 店前をバイクで通りがかりに見ましたが いつも店頭に出ている調理器具が店内に収納している最中でした。
     昨日日曜日 F1テレビ観戦前に裏の食堂へ食べに行きました 通常営業、英語が出来る娘さんに再度ソンクラーンもオープン?と確認の為聞いたら営業すると言っていました 安心して行って大丈夫です。

    GO GO,バービアは水掛けを避けるため行っていないので詳細は不明です。

    • pattayan night より:

      芽きゃべつさん、情報ありがとうございます。
      日没後も油断できないので、お気をつけて。ならず者が潜んでいます。さすがに他のタイ人に注意されてますけどね。
      名無し食堂は、年に一回の大掃除ですよね。わたしも見たことがあります。
      ローカル食堂好きの方は、裏手の日本語メニュー食堂へどうぞ。

  3. AOKI より:

    水かけ期間が短いのはサムイ島です。
    4月13日 1日だけ、です。
    パタヤ在住外国人の多くは4月12日~19日はパタヤを離れます。
    昨年、13日の夜の便(パタヤ発サムイ島行きバス)でサムイ島へ行きました。14日に着いたら水かけは終了していました。
    サムイ島のチャウエンビーチには、セントラル・フェステイバル・サムイがオープンしたばかりでした。
    パタヤのセントラルは箱型ビルですが、サムイ島のはリゾートらしく、2階建てです。大戸屋、ヤヨイ軒、ZENなど定番の日本飯屋も勢ぞろいしていました。
    サムイ島で数日過ごし、パンガン島、タオ島を経由し、バスでバンコクに戻り、20日にパタヤへ帰還しました。

    • pattayan night より:

      AOKIさん、コメントありがとうございます。
      サムイ島の水かけは一日だけですか。ちょうどいいくらいです。パタヤは長すぎです。長期滞在組が脱出するのも当然だと思います。
      数年前に一度サムイ島は行ったことがあります。空港も南国風の作りで雰囲気がいいですね。また行きたいです。
      先日サムイ島のセンタンで爆破事件がありましたが…

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑