パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) カフェ・コーヒー グルメレポート

ソイボンコットのロックカフェ兼カオナーペット屋 SNAK SHAK

投稿日:

今年2018年の3月にソイボンコットで見つけたSNAK SHAKというカフェレストラン。

ソイボンコットのSNAK SHAK (1)

ロック系ポスターやTシャツやギターが飾ってあったりとロック色の強いカフェ。
コーヒーがうまかった。
で、しばらく見ないうちに店頭でカオナーペットを扱うようになっていた。
ロックとカオナーペットという意味のわからない組み合わせがおもしろい。

SPONSOR LINK



SNAK SHAK

3月訪問時の様子から。

ソイボンコットのSNAK SHAK (11)

表側のエリアで喫煙可能。
壁にはロックポスター。

ソイボンコットのSNAK SHAK (5)

ソイボンコットのSNAK SHAK (4)

店内へ入ると、ギターやらTシャツやら。

ソイボンコットのSNAK SHAK (10)

ソイボンコットのSNAK SHAK (9)

ストーンズからメタルまで、店主の趣味はばらばらのようだ。

ドリンクメニュー
SNAK SHAKのコーヒーメニュー

ホットが60、アイスが70バーツ。

フードメニュー
ソイボンコットのSNAK SHAK (2)

ソイボンコットのSNAK SHAK (3)

最初は100バーツのブレックファーストを食べようと思っていた。
が、オレンジジュースは付いているが、コーヒーが含まれていないと言われた。
ついで、バーガー69バーツにしようとしたが、今はやっていないとのこと。

結局、ベーコンエッグトーストに。69バーツ。

別途、ホットアメリカーノをオーダー。60バーツ。

ソイボンコットのSNAK SHAK (6)

クッキーと水付き。
コーヒーは、アメリカンながらも苦味とコクがあり、普通においしい。

ついでベーコンエッグトースト。

ソイボンコットのSNAK SHAK (7)

ベーコン山盛りで、これまたおいしい。

ソイボンコットのSNAK SHAK (8)

合計129バーツのブレックファーストとなった。

食後はおいしいコーヒーを堪能しながら一服。
悪くないが、ちょっと高い。

カオナーペット

コーヒーはいいけど料理が高いしなあ。この店は長持ちしないだろうと思っていたところ、いきなり店頭に屋台が出現した。たぶん、7月頃。

Snak Shakのカオナーペット (5)

調理ケースに吊るされているのは、見るからにペット(あひる、鴨)。
これはカオナーペットだな。
見本写真を見てみると、クイティアオもあるようだ。
また、鴨肉をつかったガパオなんかも調理可能。

表側のテーブルがコーヒー屋と兼用。

Snak Shakのカオナーペット (1)

ロックポスターもそのまま貼ってある。

Snak Shakのカオナーペット (2)

無料の水あり。
カオナーペットが50バーツ。

Snak Shakのカオナーペット (3)

タレはやや薄めだが、しっかりした味。
鴨肉は弾力があって、そこそこうまい。
味が薄いときはテーブルの上の黒いタレを足してやるとよい。
紅生姜がいいアクセントになる。口直しにぴったり。
スープは飲みやすい。

いたって普通の味だけど、ロックポスターを脇目にアジアンなカオナーペットを食べるのもいいもんです。

2018年8月最新のコーヒーメニュー
Snak Shakのカオナーペット (4)

以前より値下げしたみたい。

これならカオナーペット食べたあとにコーヒーをオーダーしてもいいかも。

地図とまとめ

パタヤタイのソイ16。いわゆるソイボンコットだ。
ボンコットのソイ3入り口向かい側あたり。
サードロードから行くなら、バッファローバーとキャッスルの間の路地を抜けて行くと早い。
ソイレンキーあたりからはなんとか徒歩圏内。

営業時間不明。ざっくり朝から夜まで。

コーヒーはおいしい。でもちょっと高め。
カオナーペットはまずまずの味。
場所もあんまりよくないし、わざわざ訪問するほどの価値があるかは微妙だが、ロックとコーヒーとカオナーペットの組み合わせの妙を楽しむべし。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), カフェ・コーヒー, グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.