パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2014年5月~7月パタヤ沈没日記

バービア沈没ファランスタイル

投稿日:2014年6月10日 更新日:

20日目

一晩中エアコンを付けっぱなしで寝ていたせいか、喉が荒れ気味だ。少し調子が悪い。
無性に日本式ラーメンが食べたくなった。
が、OISHIなどの日本スタイルラーメン屋に行くと、それなりに高い。
セブンイレブン製のインスタントラーメンとギョウザをチョイス。貧乏がにくい。

インスタントラーメンとギョウザ

インスタントラーメンとギョウザ2

味は日本製に比べれば落ちるが、別にまずくはない。しょせんはインスタントラーメンとコンビニギョウザ。
とりあえず満足。

 

前夜のSとの一件もあり、なんだか今日はやる気が出ない。
バービアを新規開拓する気分にもなれなかった。
結局いつものバービアへ。
夕食も取っていなかったので、近くの屋台から出前だ。バービアのお姉さんに頼むと、皿を持って注文しに行ってくれる。フォークとスプーンも金属製のものを貸してくれるので食べやすい。
バービアおすすめのカオパット(焼き飯)。たしかにうまい。40バーツ。

ビールを飲みながらカオパット。
で、ビールを飲みながらビリヤード。

 

ちなみに、このバービアには若いバービア嬢は絶無。そりゃあもう年季の入った恰幅のよいお姉さまばかり。

お姉さま方
バービア姉さんたち

たまにものすごく若い子がいて目を輝かせると、バービア姉さんの娘が遊びに来ているだけだったりする。

14歳だから手を出しちゃダメよ、と母親から釘をさされる。

でも4年待てばペイバーオッケー、と他のお姉さまが冷やかす。

4年は無理だ2年にして、とお願いしても却下。当たり前だ。

まあ、いくら母親の職場とはいえ、よくこんなバーに遊びに来るものだ。まわりは自分も含め怪しげな不良外国人ばかりなのに。英語の勉強をするには格好の場所だけど。

 

一見で訪れたバービアでは、ペイバーする確率がほぼゼロのバービア嬢にドリンクをおごったりはしないのだが、さすがに毎日のように顔を出していると、「喉渇いた、ビール飲みたいナ」と言われるようになる。
喉が渇いたのなら水を飲め」と炊事場を指差す、ありふれたジョークをかましてから、ドリンクをオッケーする。ただし、レディドリンクではなくて、客が注文する場合の料金で。
バービアのレディドリンクは意外と高い。女性の好むスパイやカクテル系は140バーツから150バーツすることが多い。だが、客が頼むと100バーツほどだ。
ビールの場合、客が70バーツでも、レディドリンクなら130バーツくらいする。
せこい話だが、この差額がバカにならない。
まあ、お互いペイバー無しなのは完全にわかっていて、楽しい時間を過ごすための潤滑油みたいなものなので、ちょこちょことおごるようにしている。

ドリンクをおごったかわりに、つまみにイカ焼きを食べさせてもらった。
このイカ焼きがうまい。が、少し生焼け気味なことがあるので、食当たりがこわいけど。

イカ(プラームック)
イカ焼き

 

結局、自分でビール3杯とお姉さまへのおごりが1杯の計4杯で会計290バーツ。
ビリヤードは数え切れないほどプレイ。
だらけきったバービア沈没スタイルだ。
最近、ファランと同化してきたような気がする。
これで昼間からビールを飲みだしたら、完全に沈没ファランだな。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2014年5月~7月パタヤ沈没日記
-, ,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.