*

残り二日のパタヤ滞在。読者さんの夜遊び報告と、宿代の支払い。

49日目

いよいよパタヤ滞在も残り二日となった。
あさってには日本へ帰国する予定だ。

最後のガパオ

まずは、昼飯。
今回の滞在で最後のガパオ。
それにしても、いったい何皿食べたことだろうか。
タイ人ですらメニュー選びに困ったら、とりあえずガパオを注文するそうだけど、さもありなん。
やっぱり、ガパオはタイ料理の基本だな。

ソイエキサイト脇道食堂 (11)

食べたのはソイエキサイト脇道の食堂

味はいたって普通。
長豆(トゥアファックヤーオ)が苦手なので、これだけ半分くらい残した。

どうでもいいけど、このトゥアファックヤーオのファックの意味がわからない。
タイ人に聞いてみても、はっきりしなかった。
ファックは英語の「ファック」かと聞くと、大慌てで否定されたけど(当たり前)。
下がる声調で発音しなさいと念入りに指導された。

読者さんとお茶会ふたたび

食後、数日前にお会いした読者さんとLKメトロのバービアで再び合流。
お互いの近況を報告しあう。

読者さんの今回のパタヤ遊び。

ソイ6、
スペシャルマッサージ屋からお持ち帰り、
キンナリーで知り合った子をお持ち帰り、
日本人カラオケ屋からお持ち帰りのうえ一泊二日の小旅行、
やっぱり最後はキンナリーの子を部屋へ呼ぶ。

大雑把に言えば、そんな感じ。
みごとにウォーキングストリートやゴーゴーバーは無し。
予算はそれなりに用意してらっしゃるけど、あえてゴーゴーバーを外す遊び方。
まあ、いろいろとタイ女性には振り回されているけど、それもコミで楽しんでらっしゃる。
いいんじゃないでしょうか。
いい感じです。

ノースパタヤにあるデザイナーズホテル「サイアム@サイアム」にも泊まってみたそうで、それはそれは豪華なホテルだったとのこと。
屋上にプールがあり、さらにその屋上屋にも別のプールがある。
スカイラウンジからの夜景がとにかく素晴らしくて、お目当ての女性を喜ばすには最適じゃないかと。
ま、そのお目当ての女性にブッチされたことは内緒にしておきます。
でも最後にはちゃんと戻ってきてくれたそうで、夜のタイ女性の気まぐれさといい加減さとたくましさと憎めなさが微笑ましいですね。

サイアム アット サイアム デザイン ホテル パタヤ(Siam @ Siam Design Hotel Pattaya)
サイアムアットサイアム
オープンして1年ちょっとくらいだが、すでにノースパタヤのシンボルタワー的存在。
一度くらいは贅沢して泊まってみたいホテル。

Agodaでチェック
Booking.comでチェック
Expediaでチェック
Hotels.comでチェック

二人で話をしていると、偶然、わたしの知人が通りかかる。
数日前からパタヤへ遊びに来ている。
せっかくなので、3人で少しおしゃべり。

その後、読者さんとわたしの知人はバイク二人乗りでキンナリーへ出動していった。
しかもわたしの知人は、キンナリーで3Pに持ち込み、それはそれは大興奮だったらしい。

天国ですわぁ」とのこと。
パタヤに天国があります」と日本に帰ってから周囲の人間に吹聴してまわるとか何とか。

次回は、LKメトロにある「デビルズデン DEVIL’S DEN」でプロフェッショナルな3Pを体験してもらいたい。
天国を越えて、まさに奈落の底へまっしぐらとなるであろう。

デビルズデン

日本語対応ホームページあり。
http://devilsdenthailand.com/

バンコク銀行でキャッシングして宿代を払う

そろそろ宿代を精算しておく必要がある。
日本から持ち込んだ日本円現金の残りが心もとない。
盗難予防のため、現金はある程度の額に制限しており、残りはキャッシングで対応するのが最近のわたしのスタイル。

いつものバンコク銀行ATMでJCBカードを使ってキャッシングした。
FAST CASHというやつだ。
さくっと1万バーツが吐き出される。
簡単すぎて、金銭感覚がおかしくなるな、こりゃあ。

バンコク銀行ATM

ATM使用手数料はやっぱり無料だった。
JCB側の海外キャッシング手数料も特になし。
ただ、返済までの利子がつく。
タイでのキャッシングなら、やはりこの方法がお得みたい。

関連記事:タイでキャッシング。バンコク銀行でJCBカードを使えばATM手数料無料

宿代の支払いを済ませておく。
ローシーズンなら1ヶ月泊まって長期割引で1万バーツほど。
1ヶ月未満でも、一日あたり400バーツくらいにしてくれる。
だけど、今回はハイシーズンにかぶっているので一日500バーツと言われた。
19泊で9500バーツ。
少しもまけてくれなかった。
まあ、荷物も預かってもらえるし、しょうがないか。

残った予算で、あと二日間のパタヤを楽しもう。

(夜の部へつづく)


関連記事

ブリスラウンジ

ブリスラウンジ見学。彼氏がいると正直に告白するバービア嬢。

44日目 昼過ぎ、当ブログの読者さんと待ち合わせ。 軽くお茶をしながら、お互いの夜遊び話に華

記事を読む

名無し食堂のガパオ

やっぱり味の落ちたブッカオの名無し食堂

友人らとブッカオの名無し食堂で昼食を取ることにした。 ソイブッカオ沿い、ちょうどソ

記事を読む

カノムチン

カノムチンと、部屋へ遊びに来たバービア嬢

41日目 昼飯はカノムチン そうめんのような米麺をカノムチンという。カノムジンとも表記できるかな

記事を読む

ソムタム

ブッカオのバービアで今回初のペイバーするも不発におわる

(10日目つづき) まだまだ続くバービアめぐり ノースパタヤのバーめぐりを終え、ソイ6からソンテ

記事を読む

ノーティーガール

パタヤタイの屋台捜索からウォーキングストリートまで。ノーティーガールの20歳と再会。

42日目 昼飯はぶっかけ飯 もうあまりにも定番すぎてまったく新鮮味がないけど、昼食はいつ

記事を読む

ギンザゴーゴー

ヤムガイセッブと連夜のウォーキングストリート。ギンザとリビングドール1。

パタヤ沈没19日目 前日は深夜遅くまでゴーゴーバーを放浪していたため、起床は昼ごろ。 食事を

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

18歳バービア嬢M

18歳バービア嬢攻防戦。ママさんとの熾烈な戦いに勝利せよ。

20日目 夕方、所用のため友人らと合流。 用事を終えて、路上でたむろしていると、すぐ近くにあ

記事を読む

バレンタインデー屋台1

パタヤ、恋人たちの聖なる夜は真紅のバラのように燃え上がるのか

(つづき) バレンタインバービア ブログ進行上はややディレイしているが、本日はバレンタインデーな

記事を読む

マンダリン

深夜のゴーゴーバー放浪。TIM BAR、スパイシーガールズ、マンダリン。

(18日目つづき) バービアでのビリヤード大会を終えて、お開き。 各々、別行動へ。 わ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヨッシータルン より:

    わあ、入れ違いだ・・。残念です。
    私は20日からパタヤ入りします。
    350万PVのブロガーS氏、215万PVのK氏の
    バンコク在住両巨頭らと4人です。
    年末年始以来の合流です(笑)
    貴殿も在パタヤなら、一度ご一緒したいと思っておりましたので残念です。
    またの機会にお会い出来たらと思っております。

    • pattayan night より:

      今回は入れ違いで無理でしたね。
      またの機会があれば。
      パタヤはかなり暑くなってますので、お体に気をつけながら、楽しんでくださいませ。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑