*

【読者情報】ノースパタヤの日本人カラオケ「ガーデン」はパタヤ版テーメー?

公開日: : 最終更新日:2015/03/20 2015年1月~3月パタヤ沈没日記

読者さんがペイバーしたという日本人カラオケの詳しい情報を教えてもらった。

店名は「ガーデン(GARDEN lounge)

場所はノースパタヤのテスコロータスの裏手あたり。

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/profile.php?id=100005652708043

 

コンセプトは、テーメーとカラオケの融合。
パタヤ版のテーメーカフェを目指しているそうだ。

読者さんいわく、在籍女性は年齢層高めで、若い子は少ないとのこと。
経験豊富なカラオケ嬢は日本語が話せて、若い子はほとんど話せないらしい。

基本的にはカラオケ屋。でも、カラオケばかりに重点を置かず、連れ出しにも力を入れている。
このあたりがテーメーとカラオケの融合を目指している点だろう。

飲み代が1時間700バーツ(?)で、レディドリンクが一杯220バーツ。
ただ、読者さんは、交渉の結果、40分500バーツでしかもレディドリンク込みにしてもらったそうだ。
(このあたりの値段はかなり曖昧なので、現地で確認のこと。)

で、肝心の連れ出し代が、

ショート2500バーツ
ロング3500バーツ

バーファインは必要なし。

飲み代500バーツでBF込みのロングが3500バーツなら、トータル4000バーツ
ウォーキングストリートの人気ゴーゴーバーでペイバーするよりかは、安上がり。
日本人受けするゴーゴー嬢なら、レディドリンクを一杯奢った飲み代が200バーツ、バーファインが800、ロングで4000バーツ、合計5000バーツ
うーん、どちらにせよ、けっこうなプライス。

美人の子もいるようだけど、読者さんの感想では年齢層が高すぎるとのこと。
実際にペイバーした女性は、自称20代半ばが実際は30代だったそうで。
サバ読みはゴーゴーバーだろうがバービアだろうが、よくある話なんで、これはもう見た目で判断するしかない。それにしても8歳サバ読みはちょっとやり過ぎだと思うけど。

もちろん、タイ女性とまったりと日本語で会話しながら飲むだけの人には、問題ないかと思う。

日本人スタッフが常駐しており、その点は安心。

これから若い在籍嬢が増えてきたら、期待は持てるかも。
まだまだこれからでしょうね。

 

パタヤでテーメーのような本格的出会い系カフェができたら、おもしろいと思うんだけどねえ。
現状ではディスコでナンパ(という名の金銭上の付き合い)をするのがせいぜい。

場所は、どこがいいだろう。
やっぱりウォーキングストリートか、その近くか。
せめてサウスパタヤからパタヤカンの間のセカンドロード沿いで。
LKメトロもおもしろい。

深夜3、4時くらいまではオープンさせておきたいところ。
ゴーゴーバーやバービアでの仕事終わりのお姉さまがたが出勤してくれば、そこそこ賑わうような気もする。

表向きはカフェで営業できればいいんだろうけど、実際は、警察や役所関連の手続きやコネ作りが大変そう。
パタヤ版テーメーカフェへの道のりは険しい。


関連記事

18歳バービア嬢M

18歳バービア嬢攻防戦。ママさんとの熾烈な戦いに勝利せよ。

20日目 夕方、所用のため友人らと合流。 用事を終えて、路上でたむろしていると、すぐ近くにあ

記事を読む

バービア嬢

久々のペイバーでようやく当たりを引く

15日目 本日の昼飯 面倒になりコンビニ弁当で済ます。 オムレツ付き豚のレッドカレー炒

記事を読む

ビアガーデン夜景

ウォーキングストリートのビアガーデンで最後の晩餐。なおも一人寝が続くパタヤの夜。

14日目 朝から少し下痢気味。 連日連夜のビール漬けがたたっているようだ。 特に昨晩の大宴

記事を読む

ムーカタとチムチュム

ムーカタとチムチュムで大宴会atハリウッド前。男女6人鍋物語の結末やいかに。

13日目 ムーカタとチムチュムで大宴会 夜。 友人2人とその連れ女性たちと食事へ行くことになっ

記事を読む

パレスゴーゴー

ウォーキングストリートのゴーゴーバーめぐり。新規オープンのパレスほか。

(5日目つづき) ホテルの部屋へ戻る友人たちを尻目に、一人でゴーゴーバーめぐりすることに。

記事を読む

つまみのフライドポテト

バービアめぐりで新人バービア嬢と休日ゴーゴー嬢に出会う

16日目 昼食は唐揚げパーティ 前夜ペイバーしたバービア嬢を見送ってから、部屋でのんびり過ごす。

記事を読む

ブッカオ

バービアを放浪するもペイバー難民と化す

12日目 そろそろホテル代の支払いを催促された。月極めを一括払い。 ホテル代は先払いが普通だ

記事を読む

焼き鳥屋台2

ビール三昧のパタヤバービア沈没

沈没生活7日目 友人二人はパタヤを離れ、プーケットへ。 友人のタイ彼女は田舎へ戻るそうな。

記事を読む

リンガベル1

バービアでリンガベル。あの鐘を鳴らすのは誰だ?

18日目 サンドイッチとムーカタ 起床は昼前。 前夜の深酒が残っており、ちょっと気分が悪い。

記事を読む

フルーツ屋台

パタヤラストナイトもバービア。でも水と栄養ドリンクとフルーツで過ごす。

50日目 パタヤ滞在残り一日。 パタヤの夜を楽しめるのも今日が最後。 でも悲しいかな下痢に

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 佐渡島 より:

    ガーデンカラオケは単なる(連れ出し専門)カラオケ置屋であって、タニヤのカラオケ置屋と同じです。
    テメとは全く違いますね!
    テメは自由恋愛市場です。
    カラオケ置屋は店が姉ちゃんを管理してますが、テメは管理していません。

    パタヤのテメと言えば、一番近いのはビーチの立ちんぼでしょう。
    ビーチロードという巨大なお店に管理されていない姉ちゃんが自由恋愛を求めています。

    パタヤにも、マリーンディスコなど室内で自由恋愛ができる場所がありますが、日本人には向かいのかも?

    ミャンマーのヤンゴンには、理想的なテメ類似の自由恋愛施設があります。

    「ロンドンミュージッククラブ」です。
    高級ホテルの地下1Fにあるクラブで、フィリピンあたりから来たミュージシャンによるライブ演奏があり、ステージ前では踊れます。
    パタヤのバービアでやってるような素人の兄ちゃんのショボイ演奏とは違って、プロの一流の演奏(姉ちゃんの歌唱力も素晴らしい)が楽しめます。
    店内も、いかにも高級ホテルのバーという内装で、寛げます。
    そんな店に、自由恋愛を求める女子大生など姉ちゃんがやってきます。

    テメの室内には壊れたジュークボックスの大音響が流れていますが、ロンドンミュージッククラブの音楽は明日もまた聞きたい、と思わせるレベルです。
    バンコクよりヤンゴンに優れた歓楽施設があるとは?15年前に初めて行った時は吃驚しました。

    • pattayan night より:

      おっしゃる通り、現状ではカラ置屋でしょうね。
      テーメーは店側の主張するコンセプトですね。

      パタヤのディスコも、出会いとナンパという名の金銭上交際ができますけど、あくまでディスコですしね。
      立ちんぼをのぞいて、現状では、ウォーキングストリート入り口のビアガーデンのカウンター席に座っているお姉さまがたが、テーメーに一番近いかもしれません。
      まあ、実際に声をかけたわけではないので、本当に交際目的なのかはよくわかりませんが。

      ヤンゴンは行ったことがありませんが、パタヤにもフィリピン人のシンガーやプレイヤーはけっこう働いてますね。
      欧米人向けのパブやホテルのショータイムなどで演奏しているようです。

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑