パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど) グルメレポート

激辛タイ南部カレーにしびれろ@ソイニュープラザのぶっかけ飯屋

投稿日:

ローカル屋台が立ち並ぶソイニュープラザ。
カオマンガイやクイッティオやジョークなどなど。
そこにぶっかけ飯屋がある。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (7)

カレーがメイン。
店主のおばさんはイスラム系。
ここはタイ南部カレーを提供する店だった。

SPONSOR LINK



タイ南部カレー屋台

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (6)

鍋や皿に何種類ものおかずが陳列してある。
注文は簡単で、食べたいものをゆびさすだけ。蓋は自分で開けてもかまわない。
具材や辛さなど、簡単な英語は通じますね。
「辛くないものはどれ?」と聞いたら、カイパローを指さされた。
でも、ここではカレーにすべし。

1品でもいいし2品でも好きなだけどうぞ。
あとはご飯にぶっかけくれる。

最初に食べたのがこれ。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (1)

チキンカレーとビーフカレーのあいがけ。
どちらも辛い。
とにかく辛い。
ただひらすらに辛い。
口の中が燃え上がり、汗がどくどく吹き出してくる。
でも、肉もルーもうまい。特にビーフカレーはなかなかのもの。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (3)

水を飲んで辛さを和らげ、またカレーを食う。
で、辛さが復活して、また水を飲む。
この繰り返しだ。

タイの辛いもの食生活にはそれなりに慣れてきたはずだけど、この辛さにはさすがに途中でギブアップしてしまった。

同じテーブルで食べていたタイ人の客も辛い辛いと悶えるほど。
やっぱり、タイ南部式カレーとのこと。タイ語でゲーンタイと言っていた。

タイの激辛料理といえば、すぐにイサーン料理を想像してしまいがちだが、実はタイ南部料理のほうが辛いという話を聞いた覚えがある。
たしかに、イサーン料理よりも辛いかも。ただ、辛さの質がちょっと違うような感じ。
イサーンは唐辛子の辛さで、タイ南部料理はスパイス系の辛さ。イサーンが赤い旋風吹き荒れる辛さなら、タイ南部は黄色い大地が鳴動する辛さだ。
舌先から脳天へ辛さが地鳴りとともに伝わっていく。まさにしびれる辛さだ。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (5)

ちなみに、野菜セットもつけてくれる。まあ、ちょっと日本人的には食べにくい野菜ではあるけれど、口直しにどうぞ。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (2)

なんだか見た目はとってもヘルシーなカレーセットですな。極悪な辛さだけど。

後日、再戦に挑む。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (4)

チキンとビーフで、たぶん前回と似たようなカレー。でもちょっと違うかも。
変わらないのは、その辛さ。
やっぱり辛い。
とにかく辛い。
どこまでも辛い。

今回も水が友だち。

カレー2品をぶっかけて60バーツ。
わりといい値段がしますな。
でも、肉はたっぷり入っているし、味もいい。
辛いのが好きな人はチャレンジしてみてほしい。

地図

場所は、ソイニュープラザのブッカオ側出口付近。

ソイニュープラザタイ南部カレーぶっかけ飯 (8)

小さい店舗なんで、見落とさないように。
営業時間ははっきりしないが、午前中から夕方くらいまで。
明るいうちに行けば開いているでしょう。

ソイニュープラザの屋台情報
ソイニュープラザのカオマンガイとカオクルックガピ屋台
タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。
ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

SPONSOR LINK

-ご飯もの(カオマンガイ・カオカームーなど), グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.