パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

空港やバス関連

ウタパオ空港発着エアポートシャトルバス運行開始。現在のところラヨーン路線のみ。

投稿日:

以前から噂になっていた、ウタパオ空港を発着するエアポートバスがようやく運行開始となった。
これまでの報道では、ラヨーン・チョンブリー・トラートの3路線が運行となり、チョンブリー行きはパタヤで途中下車可能とのことだった。
価格は不明なれど、ミニバンの250バーツよりはかなり安くなるはず。
待望のエアポートバスだ。

SPONSOR LINK



ウタパオ発エアポートバス

つい昨日、たまたまウタパオ空港を利用する機会があり、さっそく利用してやろうと、鼻息荒くバス窓口を探してみた。

チケット窓口は、到着して、バゲージクレームを抜けた先。

この自動ドアの向こう側にある
ウタパオ空港 (3)

影に隠れているんでわかりづらい。(場所はそのうち変更になりそうな気がする)

ウタパオ空港エアポートシャトルバスラヨーン行き (1)

B.H.RAYONGという会社が運行しているようだ。

ルート
ウタパオ空港エアポートシャトルバスラヨーン行き (2)

ラヨーンのバスターミナルとウタパオ空港を結んでいる。
途中、数箇所立ち寄る。
基本的にスクンビット通りをラヨーンまで走るみたい。

バス運賃はラヨーンのバスターミナルまで50バーツと言われた。途中下車の場合は不明。
また、運行間隔も不明。ラヨーンには興味がない。知りたいのは、パタヤ行きのバスだ。

「パタヤに行きたいんだ。チョンブリー行きのバスはないのか?」と聞いてみたが、あっさりと「ない」と言われて、パタヤ行きミニバンチケット売り場を指さされた。

「チョンブリー行きはいつから始まるのか?」と聞いてみたが、答えは「知らない」

あとで調べてみたところ、ラヨーン行きとチョンブリー行きは別の会社が運用しているみたい。
知らないのはしょうがない。

ちなみに、ターミナルビルを出たところに、それらしいバスは一台も見当たらなかった。ラヨーン行きも本数少なそうだなあ。

ウタパオ空港 (2)

というわけで、ウタパオ空港発着のエアポートバスはたしかに運行開始となっている。
ただし、現在のところ、ラヨーン行きのみ。

なにせタイのことだ。
今日からいきなり運行開始となっていても不思議はない。
ウタパオ到着の際は、チョンブリー(パタヤ)行きバスを探してみてほしい。

運行していないようなら、素直にパタヤ行き乗り合いミニバンを使いましょう。

ウタパオ空港 (4)

関連記事:パタヤのホテルとウタパオ空港を結ぶミニバン。U-TAPAO AIRPORT LIMOUSINE。

250バーツでパタヤの好きな場所まで送ってくれます。

バス乗り継ぎで無理やりウタパオからパタヤへ

ミニバン250バーツは高い。ちょっとでも節約したい人は、50バーツのエアポートバスでラヨーンのバスターミナルまで移動すべし。
ラヨーンからパタヤ方面へのバスは簡単に見つかります。
数年前ラヨーンバスターミナルからパタヤ行きバスに乗車したことがあるが、たしか40バーツとかそんなものだったような。50バーツとしても、合計100バーツで行けますな。
パタヤの降車場所はパタヤカンのスクンビット路上となるはず。パタヤカン通りまで入れば、乗り合いソンテウで10バーツで移動可能。

この方法だと、かなり時間がかかるはず。
ウタパオ空港から見ると、ラヨーンはパタヤの反対側。すごく遠回りすることになる。

もしくは、ラヨーン行きエアポートバスをスクンビット上のどこかで下車して、パタヤへ方面を向かって走っているバスを止めて、無理やり乗車すればパタヤまで行けるはず。少々難易度はアップ。
ついでにいうと、スクンビット通りには乗り合いのルートソンテウも走っているんで、乗り継ぎを繰り返せばパタヤまで戻れるはずだけど。

どちらにせよ時間も手間もかかる。
現状、ウタパオ空港からパタヤへ行くには、素直に250バーツのミニバンを使うのがベターです。

エアアジアがウタパオとタイ各地を結んでいるで、パタヤ好きにとってはウタパオ空港利用価値は高い。いや、ほんと、便利なんですよ。
チョンブリー路線の一刻も早い開設が待たれます。

SPONSOR LINK

-空港やバス関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.