パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

アンヘレス情報

【アンヘレスのホテル】クラーク インペリアル ホテル (Clark Imperial Hotel)宿泊レポート

投稿日:2018年3月20日 更新日:


アンヘレス2軒目のホテルは、クラークインペリアルホテル。
気にはなっていたが、なかなか安値で出ておらず、宿泊できずにいた。今回は3000円程度で空室が出ていたため、即決。

フレンドシップ方面行きジープニーターミナルの近くにあって、プリメタ方面への移動は楽。ウォーキングストリートへも余裕の徒歩圏内で便利な立地。SMクラークも近い。
部屋はビジネスホテル風で味気ないが必要十分な設備で、それなりに清潔だ。
窓があって、室内喫煙可能。
無難で手堅いホテルといった印象。何かと不満点の多いアンヘレスのホテルにあって、コスパは高いと思う。

SPONSOR LINK



クラークインペリアルホテル (Clark Imperial Hotel)

ジープニーターミナル正面の道路を入っていく。

アンヘレスミニストップと唐揚げ屋 (3)

ホテルサレーのある角を右に曲がり、路地を少し進む。

ホテルサレーレストラン (2)

ユーロテルホテルを越えた右手にクラークインペリアルホテルがある。

クラークインペリアルホテル (1)

アンヘレスで知り合ったフィリピン人にホテル名を告げる際は、クラークを省略して、インペリアルとだけ言えば通じるはずだ。発音は自分でお試しください。ほぼカタカナ読みでもわかってもらえると思うけど。

クラークインペリアルホテル (31)

フィールズアベニュー側からも建物は見えるが、出入りは路地のほうで。
路地裏にあるけれど、夜でも不安は感じなかった。

重厚感のあるロビー。奥はレストランになっている。

クラークインペリアルホテル (23)

クラークインペリアルホテル (2)

もっと安ホテルをイメージしていたが、しっかりした印象。

チェックインは午後2時から。チェックアウトは正午。

クラークインペリアルホテル (30)

レイトチェックアウト可能で、午後6時までなら500ペソ。午後11時までは宿泊料の半額となる。
また、午前6時から利用可能なアーリーチェックインは、500ペソ。
いずれも空室状態次第だろうが。

12時過ぎにチェックアウトを申し出ると、2時まで待ってくれと言われる。
先にパスポートを出して、書類の記入も済ませておく。
レセプションの対応は丁寧でしたね。

ロビーに座ってしばらく待つ。ロビーWi-Fi無料。
午後1時には部屋の準備ができたようで、入室させてもらえた。

鍵はカードキー。外出時に預ける必要は特にない。

エレベーターあり。8階建て。
部屋は2階だった。

クラークインペリアルホテル (3)

廊下
クラークインペリアルホテル (22)

デラックスルーム

予約したのはデラックスルーム。予約できる中では、これが一番下のグレード。
その上には、エグゼクティブルームとスイートルームがある。

カードを挿して通電させるタイプ。

クラークインペリアルホテル (4)

室内の第一印象は暗い。とにかく暗い。

クラークインペリアルホテル (5)

カーテンを開けて、外光を取り込む。

クラークインペリアルホテル (6)

明るくなった。

ふむ。高級感はないが、木目調が中心の調度品には少し気を配っているような印象。

ダブルベッド。クイーンサイズだろうか、あまり大きくはない。密着して眠りましょう。

クラークインペリアルホテル (7)

サイドテーブルあり。
灰皿があって、室内喫煙可能。
予約時の確認画面では「禁煙」と書いてあったが、普通に吸えた。すべての部屋が喫煙可能かどうかは不明。

クラークインペリアルホテル (14)

反対側のサイドテーブルにはティッシュも置いてある。

クラークインペリアルホテル (10)

ティッシュは地味ながらも重要な役割を果たす。アンヘレスの夜の事後処理には欠かせない一品。

クラークインペリアルホテル (8)

ベッドの上にタオルとアメニティ、リモコン類。
アメニティは、固形石鹸とシャンプーと歯ブラシ。
タオルはバスタオル2枚。
エアコンは埋め込み式ではなくて、壁掛け型。効き目はばっちり。寒いくらい。

奥に作業机と椅子。

クラークインペリアルホテル (9)

机の脇にコンセントがあって便利。
ドライヤーもあってこれまた便利。

クラークインペリアルホテル (11)

冷蔵庫の中は空っぽ。無料の水2本あり。

窓の下に、テーブルと椅子がさらに置いてある。

クラークインペリアルホテル (13)

壁掛け式テレビ。
日本関連のチャンネルは、NHKワールドしか見かけなかった。日本語放送なし。

クラークインペリアルホテル (12)

クローゼット内にセーフティボックスとハンガー。

クラークインペリアルホテル (15)

あと、ランドリー袋も置いてある。洗濯サービスをやっているようだ。
クローゼット自体は小さい。

バルコニーなし。
窓はあるが、2階のため、絶望的な景色が広がるだけ。

クラークインペリアルホテル (19)

窓があるだけマシ。気分的に全然違う。

クラークインペリアルホテル (20)

大したホテルではないユーロテルホテルを見上げないといけないのは悔しい。

なお、最上階である8階の廊下からの眺めはこんな感じ。

クラークインペリアルホテル (24)

下界を見下ろす優越感よ。

クラークインペリアルホテル (25)

どうやら8階はロイヤルスイートルームのみ。
貧乏人は低層階で我慢しましょう。いや、そこはせめてもの抵抗で高層階をリクエストしましょう。あと、ユーロテルとは反対側向きの部屋にほうが眺めはマシなはず。

夜は部屋の照明の光量が足らずに、かなり暗め。
それ以外は、アンヘレス基準で考えると、合格点。
決して広い部屋ではないけれど、きちんとテーブルと椅子が2セットあるのはありがたい。

浴室

クラークインペリアルホテル (16)

狭いスペースに無理やり詰め込んだような作り。細長い鏡が泣かす。

シャワーブースの扉をきっちり閉めておけば、トイレと洗面台の床は濡れずにすむ。が、施工とメンテナンスは甘々なんで、じゃばじゃばシャワーを浴びていると、隙間から水が漏れたりもする。ご愛嬌。

クラークインペリアルホテル (18)

シャワーは、5分ほど待てば熱いお湯が出る。
この5分を待てずに文句をいうのは性急というもの。いや、へたすると10分くらいかかるかも。気長に待ちましょう。一度お湯になれば、熱々です。逆に温度調節が難しいほど。

浴室内に衛生用品が並んでいるが、これは有料。スリッパも有料でしょうな。

クラークインペリアルホテル (17)

あと、バスマットがなかったのが残念。単にルームキーパーが忘れただけかもしれないが、シャワーを浴びた足を拭けないのは無念。

寝室に比べると、浴室は今ひとつ。安っぽさは否めない。

Wi-Fi無料

パスワードを入力するタイプ。
接続状態は特に問題ないレベル。YouTubeも見られた。激速ではないけれど、アンヘレスの通信事情ではこんなものでしょう。
なお、窓があるせいか、部屋の中でもSmartの4G回線に繋がった。どうしてもWi-Fiが不良な時はテザリングで対処しましょう。

ジョイナーフィー無料

当然のようにJF無料。
IDカードチェックなし。
玄関入ってすぐ右手、レセプション手前側にエレベーターがあり、しれっと客室フロアへ移動できる。
連れ込み放題。

館内設備

1階ロビー奥にレストランあり。ルームサービスも可能。

ブレックファースト200ペソから。
クラークインペリアルホテル (28)

ステーキ350ペソなど。
クラークインペリアルホテル (27)

スイミングプールなし。
マッサージの手配は可能。
クラーク空港へのタクシーは500ペソ。

基本、宿泊するだけのホテル。
日本のビジネスホテルにちょいとモーテルの要素を加えた雰囲気。
客層は、ほぼ韓国人ばかりかと。
でも、日本人もウェルカム。

地図と周辺施設

地図

ウォーキングストリートまでゆっくり歩くと10分ほどかかる。ウォーキングストリート手前にもバーがたくさんあって、結局は歩き回ることになるだろうから、それほど遠いとは感じない。
ウォーキングストリート方面へ行く間に両替所がいくつもある。どこもレートは似たようなもの。

ジープニーターミナルは近い。プリメタ方面への移動は楽だ。
また、ジープニーターミナルを抜けていくと、SMクラークへ行きやすい。

最寄りのコンビニはフィールズアベニュー沿いのミニストップだが、現在工事中のため利用不可。

アンヘレスミニストップと唐揚げ屋 (1)

フィールズアベニューを少し歩くとセブンイレブンがある。

また、ミニストップ横の建物が工事中。

アンヘレスミニストップと唐揚げ屋 (2)

以前ここにあった唐揚げ屋台も微妙に移動している。
ミニストップ脇でひっそり営業を続けているんで、夜間に小腹が減ったら、唐揚げを買いましょう。おいしいです。

アンヘレス唐揚げ屋台

手頃な食事なら、すぐ近くのホテルサレー1階のレストランが安くて便利。

ホテルサレーレストラン (1)

朝食でベストなのは、少し歩いてフィリーズまで行くこと。

関連記事:【アンヘレスの朝食】Phillies Sports Grill&Barで大盛りブレックファースト

その他、ローカル向けの安い食堂やパン屋が多いエリア。ぶっかけ飯屋もある。

アンヘレスぶっかけ飯 (1)

ローカルに順応できるなら物価は安い。

完全アンヘレス初心者が初日に泊まるのは避けたほうがいいだろうけど、数泊程度したあとなら問題なく行動できるはず。
あちこち出かけつつ、生活費を安上がりにすませたいなら、立地条件はけっこういい。

なお、2階の部屋だったが、夜はとても静か。
ほぼ騒音ゼロ。
ありがたいことに他の乗客も静かにしてくれて、ぐっすり眠ることができた。

宿泊料金と予約先

アゴダ系列とエクスペディア系列で比較したところ、エクスペディア系列のほうが安かった。
実際に利用したのは、ホテルズドットコム。これもエクスペディア系列。

スクリーンショット_031918_062835_PM

税込みで3042円だった。
1500ペソといったところか。

別の日の価格をチェックすると、今度はアゴダのほうが微妙に安かった。日程や空き室状況によりけりのようだ。

アゴダともども価格チェックは欠かさずに。

クラーク インペリアル ホテル (Clark Imperial Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

まとめ

部屋が暗くて、浴室が狭いことをのぞけば、個人的には満足できた。
3000円程度で泊まれるフィールズアベニュー界隈のホテルとしては、コスパ高めだと思う。

同価格帯と同程度の立地条件で言うと、フィールズアベニュー沿いの950コンドテル、デベラホテルあたりが比較対象となるだろうか。

デベラは2012年の新築当時に宿泊した。部屋は当然綺麗だったが、とにかく狭かった。グレードを上げると部屋も広くなるが価格も上がる。

Devera hotel angeles

デベラ ホテル (Devera Hotel)をアゴダでチェック

950コンドテルは昨年利用した。

アンヘレス950コンドテル Condotel (9)

関連記事:【アンヘレスのホテル】950 コンドテル (950 Condotel)宿泊レポート

950 コンドテル (950 Condotel)をアゴダでチェック

部屋も浴室もクラークインペリアルよりも綺麗で過ごしやすかった。これは間違いない。
ただ、安い部屋は窓がなく、軽い閉塞感あり。グレードを上げれば解決するが、これまた価格も上昇する。また館内全面禁煙なのが喫煙派には難点(デベラも禁煙)。

宿泊料金1500ペソに限定するなら、クラークインペリアルホテルが一番しっくり来たかな。
まあ、このあたりは、求めるものがそれぞれ違うんでなんとも言えない。
非喫煙者なら950コンドテルがいいでしょう。
IDチェックなしで気軽に連れ込めるのはクラークインペリアル。
お好みでお選びください。

SPONSOR LINK

-アンヘレス情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.