パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー

その後のマリリンモンローと、ひさびさのパレス。あとフェロモンとタッチ。

投稿日:

頻繁ではないけれど、ウォーキングストリートは週に1,2回は訪問している。
昨晩は月曜日ということもあり、深夜に訪れてみると、客は少なめだった。

ウォーキングストリート20171125

先週から昨日にかけて訪れたゴーゴーバーを少々レポート。

マリリンモンロー(Marilyn Monroe)

11月16日にオープンしたマリリンモンロー。

マリリンモンロー Marilyn Monroe (1)

当日の訪問レポート⇒新規開店。ウォーキングストリートの大型ゴーゴー、マリリンモンロー(Marilyn Monroe)訪問レポート。

規模は大きいが、まだまだこれからといった雰囲気だった。

その後、2度にわたり再訪した。

まずは、オープンから1週間後に再訪。
呼び込みの数は少し減ったが、店のボードを見せてアピールするようになっていた。

マリリンモンロー (1)

深夜0時過ぎの入店だったが、客入りは上々。入って右手のベストポジションは満席のため、奥左手に陣取る。
ちょうど奥のステージの真正面あたり。
あ、奥のステージのポールは9本だと思っていたが、10本あった。ま、どうでもいいけど。

オープン日よりもダンサーの数が明らかに増えている。
コヨーテ組は、メインステージ2つとサブステージで合計30人くらい。これが2チーム。
さらにモデルクラスが20人ほど。
80人近くいるなあ。

顔ぶれはオープン日とさほど変わらず。むろん、新顔は増えているが、これといって目を引くダンサーはいない。かといって、これはひどいというクラスもやっぱりいない。
実に平均的。
選り好みしなければ、普通にチョイスできますな。

昨夜、再々訪。
ついに、看板ができた。

マリリンモンロー (2)

オープンから10日以上が経過。さて、どうなったのか。
入店は深夜1時半。
月曜日のこの時間帯は、一週間の中でもっとも客入りが悪いかもしれない。

やはり、場内はがらがら。2,3割の客入り。
入って右側の中央付近のベストポジションをゲット。

入店直後はモデルクラスのステージ。
3つあるステージは、すかすか。10人くらいしか踊っていない。レベルは今ひとつ。
が、待機中のコヨーテはわんさか席に座っている。見たことのない新顔もちらほら。
そのコヨーテステージになると、そこそこの人数。1ステージ20人くらい。これが2ステージなので40人ほどか。
総合計50人ほど。
ペイバーされた人もいるだろうし、そもそも月曜日は出勤者が少ない。
ま、こんなものでしょう。
スタッフに聞くと在籍は100人ほどいるそうだ。

新顔は様々。
移籍組も多いだろうけど、最近働きはじめましたといったウブな雰囲気のダンサーもいた。

やはり、きっちり選別しているようで、これはひどいというレベルのダンサーは一人もいない。
平均レベルはそこそこ高いまま。

月曜日深夜でこのレベルを維持しているなら、週末あたりはさらに期待が持てる。
いいと思うけどなあ、マリリンモンロー。
座る場所によって見づらいのが難点だけど、場内の雰囲気はいい。
ほどほどに営業がやって来るが、うざいほどではない。
わたしは基本飲むだけですが、けっこう楽しく飲めます。
ただ、できればドラフトビールの設定はしてほしい。
コーラ120バーツで我慢です。

パレス(Palace)

パレスPALACE

いつもは満席気味で入店する気が起こらないパレス。
月曜日深夜2時なら大丈夫だろうと入店。
案の定、がらがらだった。

ひさしぶりにパレスでのんびりできる。
けっこう前に工事したはずだが、奥のスペースが数メートルほど伸びている。客席増。

あ、生ビールが95バーツへ値上げしとるやないけ。
80バーツが90バーツになり、今や95バーツ。
90と95は別にどっちでもいいか。100バーツ札出して、釣りはいらない(マイトントーン)でおしまいだし。
そういえば、80バーツだった頃は、100バーツ札を出してもお釣りを持ってこないことがあったなあ。あれはひどかった。ママさんクラスにクレームを入れて、やっと釣りを持ってくる始末。
こちらから何も言わないかぎり、釣り銭はとりあえず持ってこいよ。その後、チップにするかどうか決めるから。
というようなトラブルが多発したんでしょうな、たぶん。で、微妙に値上げを繰り返して95バーツに。5バーツなら文句を言うやつもいないだろうと。知らんけど。

完全に店側が悪いけど、やはり、パレスのような人気店は深夜の空いている時間帯か開店直後に入店するにかぎる。
余計なストレスがかからずにすむ。

さて、ひさびさのパレス。
入店時は、モデルクラスのステージ。せいぜい10人ほど。モデルとは名ばかりで、単にトップレスになっているだけ。
けっこうひどい有様。いや、顔は美形ですっきりしている(むろん整形あり)ダンサーもいるが、体の線が崩れている。特に胸がダレダレ。これならマリリンモンローのモデルのほうがマシでしょう。
ついで、コヨーテ組。
こちらは、そこそこのレベル。
とはいえ、これまた特上クラスは見当たらない。
月曜で出勤数も少なく、すでにペイバーされたダンサーも多いはず。
この時間帯であれこれ評価を下すのは拙速というものだ。

が、同日同時間帯で単純にマリリンモンローと比べると、人数・平均レベルともマリリンモンローのほうが明らかに上回っている。
下手にパレスで選ぶよりも、マリリンモンローに行ったほうが手っ取り早いんじゃなかろうか。
結局はタイミング次第なんだけど。

フェロモン(Pheromone)

フェロモンPHEROMONE

ここは先週の訪問。
たまたま知り合い嬢が二人移籍したというので様子を見に行ってきた。
まず一人目につかまり、ドリンクを進呈。モデルクラスとやらで200バーツだったかな。
自分のコーラも130バーツほど。合計330バーツ。うーん、きつい。
もうひとりの知り合いダンサーにも見つかったが、さすがにドリンク進呈は無理。断ると、思いっきり肩パンチをくらった。
ここは耐えの一手だ。
ダンサーは、長身系が多いような印象。いや、単にステージが高い位置にあって段差もあるせいでそう見えるだけか。
知り合い二人に睨まれていたので、じっくり鑑賞できず。
ドリンク代が高くなければ、けっこう好きな店なのだが。

タッチ(Touch)

LKメトロも少々。
まず、CHAOSに入るが、深夜2時過ぎで、ダンサーは5,6人。
着席せずに退店。

ついで、タッチへ。

タッチTOUCH

ここは15人ほど残っていた。
知り合いダンサーに、友達ダンサーを斡旋されたけれど、これまたパッとせず。
ドラフトビールをちびちび舐めて、おしまい。

わたしのゴーゴーバー訪問なんて、この程度のもの。
たぶん、今週も数は少ないながらゴーゴーには入店すると思うので、またレポートします。期待しないでね。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-ゴーゴーバー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.