パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ夜遊び情報全般 夜遊び情報

タイ葬儀期間にともなうパタヤ夜遊びスポットの現状(10月25日追記)

投稿日:2017年10月21日 更新日:

2017年10月25日から29日までがタイ前国王の葬儀期間となる。
すでに服喪モードが進行中で、黒い服を来たタイ人がパタヤでも増え始めている。

26日は公休日と定められており、セブンイレブンなど大手チェーン店も26日は午後からの一時閉店を決定。
パタヤにおいても、26日は酒を提供するバーがすべて休みとなるはず。ゴーゴーバー、バービア、普通のバーはほぼ間違いなく全滅。
酒を提供しないような店も閉店する可能性が高い。

葬儀期間へ向けて、夜の店でも自粛ムードが少し出始めている。

とりあえず、現在のパタヤの状況を見てみよう。

ウォーキングストリート

ウォーキングストリート201710 (1)

ネオンサインがわずかに減っている程度で、大きな変化はない。

ウォーキングストリート201710 (4)

生バンドが演奏するライブハウス型店舗は、カーテンで目隠ししている。

ウォーキングストリート201710 (2)

ウォーキングストリート201710 (3)

とはいえ、カーテンが大きく開けられていて、音もだだ漏れ。

マイアミにような外から丸見えタイプのディスコパブは新しい衝立をつくって、外から見えにくいようにしている。

Simonといったバービア群では、音楽が控えめ。
また、バービアのお立ち台でのダンスは自粛しているようだ。
要するに、外から自由に見られるような状況で露出度の高いダンサーが踊っているのはよろしくないということ。

ゴーゴーバーなどでの呼び込みはこれまで通り。ただし、呼び込み嬢の中には黒服を着用している人が増えている。露出度の高い衣装での呼び込みは自粛中か。

ゴーゴーバー内に入ると、これまで通りの営業スタイル。
音楽も照明も変わらずド派手に流れている。
店によっては脱ぎっぷりが大人しくなっているところもあるかもしれないが、今のところ大きな変化はない。
普通に遊べる状態。

ウォーキングストリートはほとんど自粛の影響を感じさせない。
ただ、23日あたりからはネオンサインがどんどん減っていくと思われる。
26日はおそらくレストランも含めて真っ暗になりそうな気がする。

LKメトロ

LKメトロ201710 (1)

LKメトロは、ネオンサインを控えめにしているバーが多い印象。

LKメトロ201710 (3)

LKメトロ201710 (2)

全体的にやや暗く感じる。

元々ガラス張りのシャンペーンコヨーテではカーテンで目張りして外から見えないようにしている。
他のコヨーテ店では、そもそもダンスをやめてしまい、ただのバービアと化しているところが多いようだ。ソイブッカオ沿いのコヨーテクラブやソイダイアナのパパガヨでは誰も踊っていないが、出勤はしており、暇そうに客待ちしている。

クライマックスやビラボンといった生バンドが入っているバービアでは、バンド演奏を中止に。
他のバービアでも音楽の音量は控えめのため、わりと静かなLKメトロだ。
呼び込み嬢たちの黒服率も高め。
ウォーキングストリートよりもかなり落ち着いた雰囲気となっている。
普段の禁酒日でも夜は真っ暗になるLKメトロだ。この先、徐々に暗さを増していくと思われる。26日は暗闇に包まれること必至。

バービア

各バービア群もLKメトロと同じような状況。ネオンサインを控えめにしているバーもあれば普段通りのバーもある。
音楽も全体的に控えで、ソイ7屈指の爆音バービアPJDJすら、いつもの半分以下の音量となっているほど。
でも、ネオンサインはまだまだ多いかなあ。
あと、生バンドはどこも中止。かなり静かになっている。
バービア嬢はそこまで黒服が目立つわけではないが、少しずつ増えているような印象。
あと、バービアでもお立ち台でのダンスは自粛中。どうも当局の監視が厳しいようで、もし見つかったらバーは強制的にクローズさせられるとの噂。

バービアのママさんたちに聞いたところ、26日は休業決定。

ソイ6

ソイ6

夜8時半頃の訪問。
これまで通りの営業スタイル。ネオンサインもきらびやかだし、呼び込みも盛ん。
音楽はやや控えめのような気がするが、ソイ6に規制が入ってからはだいたいこのような感じだし、ほぼ今まで通りといった雰囲気だ。

マッサージ

マッサージ屋やMPは特に何の変化もなく営業を続けている。
ただ26日に関しては不透明。通常の禁酒日であれば、健全不健全を問わず、マッサージ屋関係は店を開けるものだが、今回はなんともいい難い。26日午後は一時的にクローズするかも。

まとめ

バンコクやプーケットなどの状況はよくわからないけれど、パタヤに関しては特に著しい自粛ムードは感じられない。
普通に遊べる状態だ。休業している店も見当たらない。

26日は、ほぼすべての店がクローズするものと考えてよさそう。

26日前後に関しては、あらゆる業種で営業は不透明。
25日と27日は、きちんと営業できるのか、時間短縮で営業するのか、それとも全日クローズとなるのか、まだわからない。
はっきりするのは前日ないし当日のことだろう。

25日から29日まで5日間すべてがクローズとなることは考えにくい。せいぜい3日間のクローズがあるかないか。
まだまだ不透明な状況です。

10月25日追記
25日は24時でバーはクローズ。バーによっては、短縮時間営業を避けて、終日クローズとするところもある。
26日はすべてのバーで終日クローズ。午後からはセブンイレブンやセンタンも閉店する。
27日は通常営業可能。
もちろん、バーやレストランや商店によっては自主的に休業するところがあるはず。
また、27日に関してはやや不透明な部分があるが、おそらく通常営業となる見込み。
大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.