パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート コンビニ・インスタント食品

インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

投稿日:


タイのお粥はジョークと呼ぶ。
雑炊(カオトム)との違いは、米粒の原型がなくなるほど、ぐずぐずに煮込まれていること。あと、スープもあっさりしている。
ジョークは屋台で食べることが多いけれど、早朝と深夜の時間帯しか出没しないことが多く、なかなかお目にかかれない。
そこで、お気軽にインスタントである。
コンビニで一袋11バーツから売っている。うーん、安い。ひそかな貧乏食でもある。

SPONSOR LINK



インスタントジョーク

コンビニの陳列棚
インスタントジョーク Instant jok (5)

メーカーはいくつかあるが、有名なのはこれ。緑色のパッケージ。

袋入りが小サイズで11バーツ、大サイズが15バーツ。
味は、鶏肉、鶏肉、魚、エビなど。
鶏肉と卵が描かれたのが無難においしいと思う。
カップに入ったものが18バーツ。(小サイズが13バーツだったような)

自前の器があれば袋入りが安くていい。
でも、一般的なホテルにはあまり皿は置いていないし、湯をわかすのも面倒。
そんな時は、カップ入りにしてコンビニの給湯器で湯を入れてしまえばいい。

コンビニカップ麺湯を注ぐ

ちなみに、タイのコンビニでは、購入前に袋を破って、湯を入れてしまってかまわない。というか、みんなそうしている。これはインスタントラーメンももちろん同じ。
熱々の状態でレジに持っていって会計する。なんなら、先に食べてしまってもいいくらい。空の容器でお会計する。財布忘れていたらどうするんだよとも思うが。
さらに蛇足ながら、セブンイレブンの給湯器は自動温度調整。
ファミリーマートの旧式の給湯器は、自分で温度調節する。たいがいは80度くらいに設定されており、ややぬるいことがある。給湯前に、目盛りをフルにして再沸騰させるべし。
沸騰したら、また目盛りを80度に戻すこと。赤ランプが消えるあたりが目安。100度のままにしておくと店員に怒られるかも。

さて、インスタントジョークである。

今回は、部屋に持ち帰って、自前のどんぶりでいただく。

インスタントジョーク Instant jok (1)

作り方は簡単。
中身をぶちまけ、熱湯を注ぐだけ。
あとはかき混ぜつつ、ほんの1分か2分待てばできあがり。
この際の湯量はお好みで。あまり湯が多すぎると薄くなるし、少なすぎると濃くなる。
最初は少なめにして、試し食いしつつ、湯を増やしていこう。

完成。見てのとおり、米の形はほぼ残っていない。具もほとんどない。

インスタントジョーク Instant jok (2)

熱々のものを、じゅるっとすするように食べる。
辛さはゼロ。
非常に食べやすい味となっております。
さんざん飲んだあとのシメや、二日酔いの朝にちょうどいい。

が、食べ進めていると、正直、飽きてきます。

ジョークにはパートンコー、もしくはコーンスナックを

もしも可能であれば、ジョークはパートンコーと一緒に食べるといい。
これは屋台の朝食ジョーク屋台でも同じ。

たとえば、ソイブッカオの有名パートンコー屋台のすぐ近くにはジョーク屋台も出ている。

パートンコー屋台 (4)

関連記事:タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ

パートンコーを購入してから、ジョーク屋台へ。で、ジョークと一緒にパートンコーをつまむ。もしくは、ジョークの中へ放り込んでしまう。
すると、単調なジョークの味と食感が変化して、食欲もすすむというわけだ。

インスタントジョークにパートンコーを合わせてもいい。

インスタントジョークとパートンコー

これでも、けっこういける。

が、おいそれとパートンコーは売っていない。
ましてや日中に買うのはほぼ不可能。

うーん、困った。
インスタントジョークだけでは飽きるなあ。

と、たまたま購入していたチーズ味のコーンスナックが目に入ってきた。

Corn snack タイのコーンスナックセブンイレブン

セブンイレブンで売っているスナックで小サイズが15バーツとお得。

こいつをインスタントジョークに放り込んでみる。完全な思いつきである。

インスタントジョーク Instant jok (3)

が、これが正解。

インスタントジョーク Instant jok (4)

ジョークの熱でスナックのチーズが溶け出し、スープと混ざる。一気に風味アップ。
さらに、スナックのさくさく感も味わえる。食感が大幅に変化する。

まるでコーンポタージュのようになった。コーンスナックは大型クルトンだ。

パートンコーとは異なるものの、結果的に大当たり。

インスタントジョーク11バーツ。コーンスナックが15バーツで、実際に入れるのは3分の1もないんで、せいぜい5バーツほど。合わせて16バーツの、なんちゃってコーンポタージュの完成だ。
残ったスナックは、そのままおやつとして食べればいい。

偶然の産物で、いい組み合わせが見つかった。
やってみるもんだね。

まあ、ジャンクフード×ジャンクフードなんで、声を大にしておすすめはできないし、そもそも、きちんと屋台でジョークとパートンコーを食べるのがベスト。
でも、代用品としては、けっこう利用価値はあるんじゃないかと。
小腹が空いた時に試してみてほしい。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, コンビニ・インスタント食品

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.