*

イサーン料理屋台のすすめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳 ,

昼飯はイサーン屋台

タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。
今回は、タイ料理の中から、とりわけイサーン料理の屋台を紹介してみたい。

パタヤ滞在のとある日、昼飯を求めて近所をうろうろ。
イサーン料理屋台を発見したので、ちょっと物色。

イサーン屋台

ガイヤーン、ムーヤーン、焼魚、ソムタムのほか、小さな袋に入った一品料理がたくさん並んでいる。
こういったイサーン屋台は、かなり便利。手軽にイサーン料理を楽しめる。
かなりローカルな味わいなので、細かい注文や質問なんかはタイ語とイサーン料理の基礎知識が必要だけど、慣れてくれば問題なく利用できる。まあ指さしでも何とかなるはずだ。

わたしは鶏肉よりも豚肉が好きなので、ムーヤーンを注文。
細長い豚肉が数切れ、針金でくくられている。20バーツ。
炭火で温めなおしてもらう。

イサーン屋台ムーヤーン

これがけっこう香ばしくておいしいのだ。
ご飯のお供でもいけるし、ビールのアテにもぴったり。
屋台で見かけたら、食べてみてほしい。

あと、袋に小分けされたラーブ。20バーツ。
ラーブとは、香草と唐辛子がたくさん入ったイサーンのサラダみたいなもの。
具材は、豚肉鶏肉牛肉魚などいろいろ。

今回は魚(プラー)にした。
タイ人、特にイサーン出身者の発音はプラーではなくて、「パー」となる。少なくともわたしには「パー」と聞こえるし、実際に「パー」と発音したほうが断然通じやすくなる。
魚醤のナンプラーも、「ナンパー」と発音するとあっさり通じたりする。

ムーヤーン、ラーブプラーのほかに、カオニャオも頼んで、合計50バーツ。
イサーンのランチセットのできあがり。

ムーヤーンとラーブ

ラーブが辛い。
ローカル仕様だけあって、はんぱなく辛い。
でもうまい。

ムーヤーン、カオニャオ、ラーブ、カオニャオのローテーションでひたすら食べる。
ラーブが辛すぎて完食できなかったけど、大満足のランチとなった。

イサーン料理屋台のすすめ

イサーン料理屋台は、パタヤのあちこちに出没している。
タイ料理全般を扱う屋台よりかは少ないけど、探せばけっこう見つかる。
夜は、店じまいしてしまうのか、ちょっと少なくなる。

だいたい、こんな外見をしている。
ラーブ屋台

ソムタム用のすり鉢が見えたら、イサーン料理屋台だと思えばよい。
ガイヤーンや魚を焼く網があればもう間違いない。

ソムタムやガイヤーン以外にも、モツ入りの香草の効いたイサーンスープなんかも作ってくれる。
作りおきのラーブ以外にも、店によってはその場でラーブを作ってくれることもある。
ムーヤーンに関しても同様で、大きな肉のかたまりからその場でオーダーに応じて切り分けて、炭火で焼いてくれる屋台もある。
一からその場で焼いてくれるムーヤーンは、はっきり言って美味い。

が、正直なところ、初心者には若干ハードルが高い。
レストランのように英語メニューがあるわけではなく、すべて口頭でのやり取りとなる。
屋台のおばさんに英語はほとんど通じない。ポークとかフィッシュとかは通じるけど。

何をどう注文していいのか、さっぱりわからないかもしれない。
出来合いの惣菜だけなら指差しでオッケーだけど、細かいオーダーは少々厄介だ。
わたしもスープ系に関しての知識が乏しいので、いまだにスープの注文は無理。
あとはほぼ大丈夫になった。

まずは、現地のタイ人と一緒に買いものをして、場数を踏んでいこう。
すると自分一人でもイサーン屋台のおばさんとやり取りが出来るようになってくる。
別に大したことじゃないんだけど、なんだか地域の中に溶け込んでいるような気分を満喫できるぞ。

 

タイの屋台料理に挑戦するなら、この本は欠かせない。

こんなのもkindle版で出ている。書籍版もあるようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。 カオマンガイとカイマ

記事を読む

ウドンターニーのラーメン屋台 (1)

ウドンでラーメン。ウドンターニーの日本ラーメン屋台の赤のれんが郷愁を誘うのだ。

ウドンでうどんは以前ご紹介した。 今回はウドンでラーメンである。 それも、タイスタイルのラー

記事を読む

ミレーのバックパック

わたしの旅行かばん遍歴と、機内持ち込みバッグのすすめ

海外旅行へ出かける時に欠かせないのが旅行かばん。 大きなスーツケースで優雅に出かける人もいれば

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

バンコク銀行ATM (1)

タイのATMや銀行窓口を使ってタイ国内送金する方法(バンコク銀行)

ごくごく一般的な旅行者には特に必要はないだろうが、熱心なリピーターとなってタイ人の知り合いが増え

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

アドステア

Comment

  1. さる より:

    イサーンの人は確かにパーって言いますね。

    水もナムパーオって言ってました。

    • pattayan night より:

      ナムプラオは「ナンパーオ」って聞こえますね。白ご飯はカオパーオですね。

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑