*

イサーン料理屋台のすすめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳 ,

昼飯はイサーン屋台

タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。
今回は、タイ料理の中から、とりわけイサーン料理の屋台を紹介してみたい。

パタヤ滞在のとある日、昼飯を求めて近所をうろうろ。
イサーン料理屋台を発見したので、ちょっと物色。

イサーン屋台

ガイヤーン、ムーヤーン、焼魚、ソムタムのほか、小さな袋に入った一品料理がたくさん並んでいる。
こういったイサーン屋台は、かなり便利。手軽にイサーン料理を楽しめる。
かなりローカルな味わいなので、細かい注文や質問なんかはタイ語とイサーン料理の基礎知識が必要だけど、慣れてくれば問題なく利用できる。まあ指さしでも何とかなるはずだ。

わたしは鶏肉よりも豚肉が好きなので、ムーヤーンを注文。
細長い豚肉が数切れ、針金でくくられている。20バーツ。
炭火で温めなおしてもらう。

イサーン屋台ムーヤーン

これがけっこう香ばしくておいしいのだ。
ご飯のお供でもいけるし、ビールのアテにもぴったり。
屋台で見かけたら、食べてみてほしい。

あと、袋に小分けされたラーブ。20バーツ。
ラーブとは、香草と唐辛子がたくさん入ったイサーンのサラダみたいなもの。
具材は、豚肉鶏肉牛肉魚などいろいろ。

今回は魚(プラー)にした。
タイ人、特にイサーン出身者の発音はプラーではなくて、「パー」となる。少なくともわたしには「パー」と聞こえるし、実際に「パー」と発音したほうが断然通じやすくなる。
魚醤のナンプラーも、「ナンパー」と発音するとあっさり通じたりする。

ムーヤーン、ラーブプラーのほかに、カオニャオも頼んで、合計50バーツ。
イサーンのランチセットのできあがり。

ムーヤーンとラーブ

ラーブが辛い。
ローカル仕様だけあって、はんぱなく辛い。
でもうまい。

ムーヤーン、カオニャオ、ラーブ、カオニャオのローテーションでひたすら食べる。
ラーブが辛すぎて完食できなかったけど、大満足のランチとなった。

イサーン料理屋台のすすめ

イサーン料理屋台は、パタヤのあちこちに出没している。
タイ料理全般を扱う屋台よりかは少ないけど、探せばけっこう見つかる。
夜は、店じまいしてしまうのか、ちょっと少なくなる。

だいたい、こんな外見をしている。
ラーブ屋台

ソムタム用のすり鉢が見えたら、イサーン料理屋台だと思えばよい。
ガイヤーンや魚を焼く網があればもう間違いない。

ソムタムやガイヤーン以外にも、モツ入りの香草の効いたイサーンスープなんかも作ってくれる。
作りおきのラーブ以外にも、店によってはその場でラーブを作ってくれることもある。
ムーヤーンに関しても同様で、大きな肉のかたまりからその場でオーダーに応じて切り分けて、炭火で焼いてくれる屋台もある。
一からその場で焼いてくれるムーヤーンは、はっきり言って美味い。

が、正直なところ、初心者には若干ハードルが高い。
レストランのように英語メニューがあるわけではなく、すべて口頭でのやり取りとなる。
屋台のおばさんに英語はほとんど通じない。ポークとかフィッシュとかは通じるけど。

何をどう注文していいのか、さっぱりわからないかもしれない。
出来合いの惣菜だけなら指差しでオッケーだけど、細かいオーダーは少々厄介だ。
わたしもスープ系に関しての知識が乏しいので、いまだにスープの注文は無理。
あとはほぼ大丈夫になった。

まずは、現地のタイ人と一緒に買いものをして、場数を踏んでいこう。
すると自分一人でもイサーン屋台のおばさんとやり取りが出来るようになってくる。
別に大したことじゃないんだけど、なんだか地域の中に溶け込んでいるような気分を満喫できるぞ。

 

タイの屋台料理に挑戦するなら、この本は欠かせない。

こんなのもkindle版で出ている。書籍版もあるようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

pattaya-avenue-1

パタヤアベニュー( PATTAYA AVENUE) 新店舗情報。BEER FESTとムエタイジムとシンゴジラ

パタヤ中心部にありながら、どうにもパッとしないモールが、パタヤアベニューだ。 最近はアウト

記事を読む

ソイニュープラザのバミー屋台のバミーナム

ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ソイブッカオ近辺では一押し。

セカンドロードからブッカオに至る道、ソイニュープラザ。 セカンドロード側からずっとバービアが並

記事を読む

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (11)

関空発バンコク行きSCOOT(スクート)TZ297便搭乗記。飛行時間は6時間だった。

2015年より運行がはじまったSCOOTによる大阪・バンコク便、TZ297。 この便は

記事を読む

スクリーンショット_120215_015436_AM

タイ国際航空のタイムセール実施中。往復で総額34,280円(諸費用込み)。

タイ国際航空が、TGスーパーディール・WEBスペシャルと題したタイムセールを実施中。

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

gafae breakfast coffee (10)

カフェ「gafae」のコーヒーとブレックファースト@パタヤタイ

トゥッコムのすぐ近く、パタヤタイ通り沿いに、わりと利用しやすいカフェがある。 その名も、gaf

記事を読む

スクリーンショット_071916_123052_AM

セブパシフィック航空のウェブチェックインと搭乗券印刷は、とにかくわかりづらいし意味もあまりない件

香港発クラーク行きのセブパシフィック航空を予約した。 すると、出発72時間前からウェブチェック

記事を読む

アパート1

パタヤでのアパート探しの方法と暮らしの注意点

読者さんから、パタヤでの長期滞在やアパート暮らしについて、いくつか質問をいただいている。 やは

記事を読む

移動遊園地観覧車

タイの移動遊園地は、どこか昭和チックで懐かしい雰囲気。一度は行くべし。

パタヤのソイエキサイト空き地に移動遊園地がやって来ていた。 せっかくなんで、ちょっと遊びに

記事を読む

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. さる より:

    イサーンの人は確かにパーって言いますね。

    水もナムパーオって言ってました。

    • pattayan night より:

      ナムプラオは「ナンパーオ」って聞こえますね。白ご飯はカオパーオですね。

アドステア

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

→もっと見る

PAGE TOP ↑