*

イサーン料理屋台のすすめ

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 グルメレポート, プチ情報・便利帳 ,

昼飯はイサーン屋台

タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。
今回は、タイ料理の中から、とりわけイサーン料理の屋台を紹介してみたい。

パタヤ滞在のとある日、昼飯を求めて近所をうろうろ。
イサーン料理屋台を発見したので、ちょっと物色。

イサーン屋台

ガイヤーン、ムーヤーン、焼魚、ソムタムのほか、小さな袋に入った一品料理がたくさん並んでいる。
こういったイサーン屋台は、かなり便利。手軽にイサーン料理を楽しめる。
かなりローカルな味わいなので、細かい注文や質問なんかはタイ語とイサーン料理の基礎知識が必要だけど、慣れてくれば問題なく利用できる。まあ指さしでも何とかなるはずだ。

わたしは鶏肉よりも豚肉が好きなので、ムーヤーンを注文。
細長い豚肉が数切れ、針金でくくられている。20バーツ。
炭火で温めなおしてもらう。

イサーン屋台ムーヤーン

これがけっこう香ばしくておいしいのだ。
ご飯のお供でもいけるし、ビールのアテにもぴったり。
屋台で見かけたら、食べてみてほしい。

あと、袋に小分けされたラーブ。20バーツ。
ラーブとは、香草と唐辛子がたくさん入ったイサーンのサラダみたいなもの。
具材は、豚肉鶏肉牛肉魚などいろいろ。

今回は魚(プラー)にした。
タイ人、特にイサーン出身者の発音はプラーではなくて、「パー」となる。少なくともわたしには「パー」と聞こえるし、実際に「パー」と発音したほうが断然通じやすくなる。
魚醤のナンプラーも、「ナンパー」と発音するとあっさり通じたりする。

ムーヤーン、ラーブプラーのほかに、カオニャオも頼んで、合計50バーツ。
イサーンのランチセットのできあがり。

ムーヤーンとラーブ

ラーブが辛い。
ローカル仕様だけあって、はんぱなく辛い。
でもうまい。

ムーヤーン、カオニャオ、ラーブ、カオニャオのローテーションでひたすら食べる。
ラーブが辛すぎて完食できなかったけど、大満足のランチとなった。

イサーン料理屋台のすすめ

イサーン料理屋台は、パタヤのあちこちに出没している。
タイ料理全般を扱う屋台よりかは少ないけど、探せばけっこう見つかる。
夜は、店じまいしてしまうのか、ちょっと少なくなる。

だいたい、こんな外見をしている。
ラーブ屋台

ソムタム用のすり鉢が見えたら、イサーン料理屋台だと思えばよい。
ガイヤーンや魚を焼く網があればもう間違いない。

ソムタムやガイヤーン以外にも、モツ入りの香草の効いたイサーンスープなんかも作ってくれる。
作りおきのラーブ以外にも、店によってはその場でラーブを作ってくれることもある。
ムーヤーンに関しても同様で、大きな肉のかたまりからその場でオーダーに応じて切り分けて、炭火で焼いてくれる屋台もある。
一からその場で焼いてくれるムーヤーンは、はっきり言って美味い。

が、正直なところ、初心者には若干ハードルが高い。
レストランのように英語メニューがあるわけではなく、すべて口頭でのやり取りとなる。
屋台のおばさんに英語はほとんど通じない。ポークとかフィッシュとかは通じるけど。

何をどう注文していいのか、さっぱりわからないかもしれない。
出来合いの惣菜だけなら指差しでオッケーだけど、細かいオーダーは少々厄介だ。
わたしもスープ系に関しての知識が乏しいので、いまだにスープの注文は無理。
あとはほぼ大丈夫になった。

まずは、現地のタイ人と一緒に買いものをして、場数を踏んでいこう。
すると自分一人でもイサーン屋台のおばさんとやり取りが出来るようになってくる。
別に大したことじゃないんだけど、なんだか地域の中に溶け込んでいるような気分を満喫できるぞ。

 

タイの屋台料理に挑戦するなら、この本は欠かせない。

こんなのもkindle版で出ている。書籍版もあるようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

タイのかんしゃく玉ガティアム (1)

タイのかんしゃく玉の名前はガティアム(にんにく)。クリスマスと年末年始は投げ合って遊ぼう。

今ではすっかり見かけなくなったが、日本でも昔は、かんしゃく玉でよく遊んでいたものだ。 クラッカ

記事を読む

マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーがうまいブッカオとパタヤカン交差点のぶっかけ飯屋

ソイブッカオの北端、パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点付近に出ているぶっかけ飯屋があ

記事を読む

タイの使い捨てコンタクレンズDUNA (4)

タイ・パタヤで使い捨てコンタクトレンズを購入。DUNAマンスリータイプ2ヶ月分で180バーツ。

普段は、常用コンタクトレンズを使っているのだが、どうにも古くなってしまい装着感が悪い。 せっか

記事を読む

パタヤカンソイ16唐揚げ屋 (1)

まさかの唐揚げ一個2バーツ?パタヤ至高のフライドチキン。

またしても唐揚げネタである。 いや、好きなんですよ、唐揚げ。 嫌いな人、そんなにいないでしょ

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

Prajanban foods (12)

カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストランがある。 それがカオトムプラ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. さる より:

    イサーンの人は確かにパーって言いますね。

    水もナムパーオって言ってました。

    • pattayan night より:

      ナムプラオは「ナンパーオ」って聞こえますね。白ご飯はカオパーオですね。

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑