パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

7月8日、禁酒日1日目のパタヤの夜は真っ暗

投稿日:


7月8日と9日は連日禁酒日となっている。
まずは、昨日8日夜の様子を。

禁酒日といっても、日常生活は普段どおり行われている。
屋台は出ているし、レストランはオープンしているし、市場も開かれている。
日常生活に支障はまったくない。
夜の世界が一変するだけである。

事前に予想していたとおり、バー関連は軒並みクローズとなっていた。

SPONSOR LINK



ソイLKメトロは真っ暗

夜8時過ぎ、LKメトロへ寄ってみた。

kinsyubi pattaya (3)

とにかく店が開いていない。
このタイミングを利用して看板の取替工事なんかをしている。

ソイダイアナ側はこの通り、真っ暗だ。

kinsyubi pattaya (4)

一部ゲストハウス兼レストランは営業。
ビラボンも電気をつけていた。営業しているように見えるが、ほぼ身内だけで軽く集まっているような印象。

ソイブッカオ沿いは、スポーツバーとレストランのみ営業。
Rコンコーナー付近のバーは電気を控えめにして営業していた。ここはスポーツバーなので特に問題ないのだろう。

kinsyubi pattaya (2)

F1の予選もきっちり放映していた。もちろん、アルコール販売はなしで、ソフトドリンクのみの提供。

kinsyubi pattaya (1)
テレビの音量も控えめ。コーラを飲みながら迫力のないF1中継だが致し方なし。

LKメトロでもソイブッカオでも、ふらふらとあてもなくさまよい歩く日本人やファランを見かけた。
行くところがないんだろうなあ。ちょっとかわいそう。

ソイ7などの主力バービア群を見に行ってみたが、すべて閉店。ごく一部、身内だけでビリヤードをしているだけ。

ちなみにソイハニーのマッサージ屋は暗がりの中、しっかり営業しておりました。さすがソイハニー。

ウォーキングストリートも真っ暗

深夜0時頃、念のため、ウォーキングストリートの様子を見に行ってきた。

はい、壊滅です。全滅です、全滅。
バーもディスコも全滅。

ふらふらと歩くアラブ・インド人が多かった。
あと、日本人もちらほら。

ウォーキングストリート手前側はレストランもあるし、一部バーはネオンサインをつけたままだったので、少しは明るい。

kinsyubi pattaya (5)

ウォーキングストリートの中ほどから奥にかけては、レストランも少なく真っ暗に近い状態。

kinsyubi pattaya (6)

もう何もできません。
帰って寝ましょう。

2日続けての禁酒日は珍しいが、こんな時もある。
もうどうしようもないです。

以上、中身のない真っ暗な夜のパタヤパトロール報告でした。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.