*

サードロードの新しいステーキ屋、Steak Chogunは49バーツから

公開日: : 最終更新日:2017/06/30 グルメレポート


パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋がオープンしている。
おそらく以前は普通のタイ料理レストランだったと思われるが、改装して現在はステーキ専門店に。
すぐ隣は移転してきたラーメンチャンピオンとなる。

看板
Steak chogun (1)

40バーツからスタートと書いてあるが、一番安いステーキが49バーツから。
さっそく食べてみましょう。

SPONSOR LINK

Steak Chogun

昼間の外観
Steak Chogun


Steak chogun (3)

店名は、Steak Chogun。
タイ人に確かめたところ、Chogunの読み方は、チョーグンとなる。
ウェスタンハットのようなイメージキャラクターが描かれているんで、てっきり銃のGunかと思ったが違うみたい。
ということは、将軍のことかな。でも、チョーグンだしなあ。
まあ何でもいいや。

店内の様子
Steak chogun (5)
表のオープンテラス席と店内席あり。
夜11時前の訪問で客はゼロでしたな。

メニュー
Steak chogun (6)

おっと、すべてタイ語表記。
英語のメニューはないと言われた。

ま、写真付きだし見ればわかるでしょう。

注文は紙に自分でチェックを入れるスタイルだけど、当然タイ語のみ。
でも、オーダーを口頭で伝えればいいんで、特に問題ないでしょう。

チキン=ガイ
ポーク=ムー
ビーフ=ヌア
フィッシュ=プラー

これだけ覚えておけば大丈夫。
あとは、「ステーク○○」と告げればいいだけなんで。

今回は、一番オーソドックスなステーキムーをオーダー。つまりポークステーキです。お値段49バーツ。お手頃。

Steak chogun (7)
メニュー最上段の左から2番目がポークステーキ。

水は、タイ語でナンパオと言えばいい。
ペットボトルの水が10バーツとローカル食堂価格。

ポークステーキ到着。

Steak chogun (4)

ポテト、少なくなくね?
数えてみたら、5本だけ。このタイプのポテト好きなのになあ。
サラダも少ない。
あと、トーストが半切れ。

肉はけっこう好きかも。

肉厚と焼き加減はこんな感じ。

Steak chogun (2)

きちんと火が通っていて、それでいて固くなっていない。
脂身もほどよくあって、普通においしい豚肉だ。
特にタレがかかっておらず、塩コショウで味付け。あと、ケチャップを付けてもいいかな。
ステーキとパンを一緒に食べると、けっこういける。

ま、どう考えても、量は少ないです。

49バーツなんで、これ以上の高望みは無茶ってもんですね。

これまで散々パタヤのローカルステーキ屋を食べ歩いて来た中では、まずまずのレベルじゃないでしょうかね。
ええ、悪くないですよ。でも、そのレベル止まりです。

あと10バーツ足せば、ソイボンコットのステーキ屋でポークステーキが食べられる。同じように食パンとポテトが付いていて、量も多めだ。

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

さらに10バーツ足して、69バーツ出せば、ガオライサイサームのポークチョップが食べられる。

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

20バーツの差額はローカル基準で考えれば、それなりに大きいが、ごくごく一般的な日本人旅行者には、ガオライサイサームのほうが断然いいでしょう。
というか、値段と味と量をトータルで判断すると、ガオライサイサームのポークチョップ以上の満足感が得られるステーキはパタヤにはないです。
そりゃあ5倍から10倍出せば、ビーフイーターなんかで上質のステーキが食べられるだろうけど、5倍から10倍満足するかというとまた別の話なんで。

ステーキチョーグン地図

営業時間は不明。おそらく、夕方から深夜0時くらいまで。
ステーキチョーグンのすぐ隣は、ローカル向け日本料理食堂のラーメンチャンピオン。

Ramen champion (1)

ほんの20メートルほど北から移転してきたばかり。
ここのカツカレーは、とっても甘口なルーだが、カツも具も大きくてわりと好き。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

ただ、ラーメンはタイ人向けの味付けで日本人には物足りないと思う。

ほぼ客席が隣接しており、おそらくは、どちらのテーブルに座っても、お互いの料理をオーダーできるはず。

Ramen champion (2)

片やステーキ、片やカレーなんてオーダーも可能だ。
カレー&ステーキ定食なんてのも乙かもね。

SPONSOR LINK

関連記事

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

15バーツわんこクイティアオルア (2)

パタヤにあるアユタヤボートヌードルは15バーツわんこクイティアオ。濃厚で辛めのスープがしびれる。

パタヤタイのトゥッコム裏、1杯10バーツで食べられるクイティアオルアは以前に紹介した。 まさに

記事を読む

Sala daeng khao soi (1)

サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと。 朝飯を求めて近所を散策し

記事を読む

Tree town steak lungyai (7)

TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。 整備が進んできたことは、以前

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

白身魚フライとスパゲッティ

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

アドステア

アドステア

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

→もっと見る


PAGE TOP ↑