*

サードロードの新しいステーキ屋、Steak Chogunは49バーツから

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ステーキ・洋食


パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋がオープンしている。
おそらく以前は普通のタイ料理レストランだったと思われるが、改装して現在はステーキ専門店に。
すぐ隣は移転してきたラーメンチャンピオンとなる。

看板
Steak chogun (1)

40バーツからスタートと書いてあるが、一番安いステーキが49バーツから。
さっそく食べてみましょう。

SPONSOR LINK



Steak Chogun

昼間の外観
Steak Chogun


Steak chogun (3)

店名は、Steak Chogun。
タイ人に確かめたところ、Chogunの読み方は、チョーグンとなる。
ウェスタンハットのようなイメージキャラクターが描かれているんで、てっきり銃のGunかと思ったが違うみたい。
ということは、将軍のことかな。でも、チョーグンだしなあ。
まあ何でもいいや。

店内の様子
Steak chogun (5)
表のオープンテラス席と店内席あり。
夜11時前の訪問で客はゼロでしたな。

メニュー
Steak chogun (6)

おっと、すべてタイ語表記。
英語のメニューはないと言われた。

ま、写真付きだし見ればわかるでしょう。

注文は紙に自分でチェックを入れるスタイルだけど、当然タイ語のみ。
でも、オーダーを口頭で伝えればいいんで、特に問題ないでしょう。

チキン=ガイ
ポーク=ムー
ビーフ=ヌア
フィッシュ=プラー

これだけ覚えておけば大丈夫。
あとは、「ステーク○○」と告げればいいだけなんで。

今回は、一番オーソドックスなステーキムーをオーダー。つまりポークステーキです。お値段49バーツ。お手頃。

Steak chogun (7)
メニュー最上段の左から2番目がポークステーキ。

水は、タイ語でナンパオと言えばいい。
ペットボトルの水が10バーツとローカル食堂価格。

ポークステーキ到着。

Steak chogun (4)

ポテト、少なくなくね?
数えてみたら、5本だけ。このタイプのポテト好きなのになあ。
サラダも少ない。
あと、トーストが半切れ。

肉はけっこう好きかも。

肉厚と焼き加減はこんな感じ。

Steak chogun (2)

きちんと火が通っていて、それでいて固くなっていない。
脂身もほどよくあって、普通においしい豚肉だ。
特にタレがかかっておらず、塩コショウで味付け。あと、ケチャップを付けてもいいかな。
ステーキとパンを一緒に食べると、けっこういける。

ま、どう考えても、量は少ないです。

49バーツなんで、これ以上の高望みは無茶ってもんですね。

これまで散々パタヤのローカルステーキ屋を食べ歩いて来た中では、まずまずのレベルじゃないでしょうかね。
ええ、悪くないですよ。でも、そのレベル止まりです。

あと10バーツ足せば、ソイボンコットのステーキ屋でポークステーキが食べられる。同じように食パンとポテトが付いていて、量も多めだ。

関連記事:ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

さらに10バーツ足して、69バーツ出せば、ガオライサイサームのポークチョップが食べられる。

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

20バーツの差額はローカル基準で考えれば、それなりに大きいが、ごくごく一般的な日本人旅行者には、ガオライサイサームのほうが断然いいでしょう。
というか、値段と味と量をトータルで判断すると、ガオライサイサームのポークチョップ以上の満足感が得られるステーキはパタヤにはないです。
そりゃあ5倍から10倍出せば、ビーフイーターなんかで上質のステーキが食べられるだろうけど、5倍から10倍満足するかというとまた別の話なんで。

ステーキチョーグン地図

営業時間は不明。おそらく、夕方から深夜0時くらいまで。
ステーキチョーグンのすぐ隣は、ローカル向け日本料理食堂のラーメンチャンピオン。

Ramen champion (1)

ほんの20メートルほど北から移転してきたばかり。
ここのカツカレーは、とっても甘口なルーだが、カツも具も大きくてわりと好き。

関連記事:ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

ただ、ラーメンはタイ人向けの味付けで日本人には物足りないと思う。

ほぼ客席が隣接しており、おそらくは、どちらのテーブルに座っても、お互いの料理をオーダーできるはず。

Ramen champion (2)

片やステーキ、片やカレーなんてオーダーも可能だ。
カレー&ステーキ定食なんてのも乙かもね。

SPONSOR LINK

関連記事

マハーサムット (6)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋、マハーサムット。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、開店前だ

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

Thai hurikake (2)

タイのふりかけはタガメ入り。いい匂いでご飯がすすむ?

先日、イサーン出身者から白ご飯が食べたいと言われて、買い出しに。 おかずとして、何やらタイ語で

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

サードロードステーキ屋のチキンステーキ (3)

サードロードの人気ステーキ屋で肉厚チキンステーキを喰らう

少し前の話となるが、またしてもステーキが食べたくなった夕暮れ時のこと。 やはりパタヤの

記事を読む

アドステア

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑