*

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, バンコクグルメ


宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。
大きな教会(Grace Baptist Church)のすぐ隣でひっそりと営業している。

Asoke noodle soup (1)

看板には漢字で自制牛肉丸猪肉丸魚丸と書いてある。
どうやら自家製のルークチン(つみれ)が名物の模様。猪肉は豚肉のことね。猪を家畜化したものが豚だから、というウンチクは過去に書いたような気がするんで省略。

時刻は午前10時半。
ちょうど朝食を求めてふらふらしていた。
朝からクイティアオはあまり気が進まないが、ルークチンは少々気になる。
入ってみよう。

SPONSOR LINK



自家製ルークチン入りクイティアオ

店名は不明。むしろ名無しかも。
店内はローカルな雰囲気。

Asoke noodle soup (2)

バミームーとオーダー。中華麺の豚肉入りってことね。40バーツ。

Asoke noodle soup (4)

ルークチンがたっぷり入っている。
市販のルークチンよりも色が白い。味も良し。街角屋台のクイティアオには大量生産品のルークチンがよく入っているが、正直あまりおいしくはない。というか風味がまったくない。食感もゴムみたい。食べきれずに残すこともある。
が、ここのルークチンは、ちゃんと具材の味がしていいね。まあ、そこまで絶讃するほどのものじゃないけど、プリプリ感もあって、しっかり完食できた。

あと、クイティアオとしては、すっきりしたスープが特徴。
朝からクイティアオはあまり乗り気ではなかったが、これだけ飲みやすいスープならオッケーでしょう。
麺はお好みでいいでしょうが、バミーにも充分合いますね、このスープは。
ちなみに、麺は一般的なタイのバミーよりも細いタイプ。

ロンガンジュース

ついでに、フルーツジュースも頼む。

Asoke noodle soup (3)

三種類の中から、龍眼水を選択。ロンガンですね。タイ語はラムヤイでよかったような(自信なし)。

Asoke noodle soup (5)

やや口の中にまとわりつくような飲みくちで、癖も少々あるけど、よく冷やして飲めばけっこうおいしい。
果肉も食べられる。1本10バーツ。

Asoke noodle soup (6)

好き嫌いがわかれる味だけど、わたしはけっこう好き。

華僑系のクイティアオ屋には、なぜかロンガンジュースがよく売っている。

ペナン島のエビラーメン屋にも置いてあった。

関連記事:【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

そういえば、ここのクイティアオ屋もすっきり系のスープで、マレーシアやシンガポールで食べるワンタン麺のスープに良く似ている。
おそらくは福建省あたりが源流だと思われるが、元々のスープはこんな感じで、タイに入ってきてからタイ人が独自にアレンジを加えていって、ナムトックやらトムヤムやらいろんな味に変化していったのかもしれない。いや、知らんけど。

とりあえず、手作りルークチンとすっきりスープとロンガンジュースで、朝から健康的な気分になれた。ちょっぴり清々しい。

お会計は52バーツ。2バーツ余計だけど、たぶん氷代でしょうね。

地図

営業時間は、午前10時から午後11時まで。日曜日休業。
ターミナル21からは徒歩数分。アソーク駅からも近い。
晩飯には物足りないし、お昼ごろに食べるのが一番じゃないですかね。

SPONSOR LINK

関連記事

Jasmine coffee and restaurant (12)

サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE(ジャスミンコーヒー)。

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

D beach restaurant breakfast (8)

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。 D-B

記事を読む

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

BIG C Extraのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

LEELAカフェ (4)

サードロードのオシャレかつ気軽なカフェ、Leela Coffee&Restaurant

パタヤのカフェシリーズ。 今回紹介するのは、サードロードにあるLee La Coffee &a

記事を読む

Villa market breakfast (1)

ヴィラマーケット内のレストランでブレックファースト@PATTAYA AVENUE

PATTAYA AVENUE(パタヤアベニュー)はセカンドロード沿いにあるショッピングモール。

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

Pattaya takoyaki (4)

パタヤでたこ焼き!ナイトマーケットの巨大イカ入りたこ焼きはまるでエイリアン。

たこ焼きが食べたいのである。 理由はない。 食べたいから食べたい。 が、ここはタイのパタヤ

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

アドステア

アドステア

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

求刑死刑
「求刑死刑 竹澤恒男」 バンクワン刑務所の実態とは?

なにかと話題になっている本を読んでみた。 「求刑死刑

ドンムアン空港エアアジア (3)
エアアジア増便。大阪・バンコク便が1日2往復へ。ハイシーズン限定。

関空とバンコク・ドンムアン空港を結ぶエアアジアXの直行便が1日2便

→もっと見る


PAGE TOP ↑