*

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ

まだまだ続くアジア夜遊び紀行。

日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。
もちろんアパートはそのままにしてあった。
家賃はもったいないが、わざわざアパートの契約を解約して、別のホテルに泊まるよりかは安上がりだった。

航空会社は、はじめて中国国際航空を利用してみた。
ちょっと北京にストップオーバーで寄り道したかったから。
しかも中国国際航空が安かった。
往復で5万円くらいだった。
中国人乗客が機内で大騒ぎしていそうなイメージだったけど、意外と普通だったので拍子抜け。

数日ほど北京観光。これがはじめての北京だった。

故宮、天安門広場、万里の長城など。

万里の長城

詳しくは例によってばっさり割愛。
万里の長城は見応えがあったかな。
故宮も天安門もどこもかしこも人民だらけだった。

ちなみに北京では、まったく夜遊びせず。

公安こわい。ぼったくりこわい。
人民多すぎ。

パタヤへ戻る

さくっと、パタヤのマイルームへ帰還。

やはり落ち着くな、パタヤは。
帰ってくるたびに、痛感させられる。

部屋で荷物をほどくと、すでに深夜の時間帯。
何となく一人寝が嫌だった。

このアパート生活を始めるときに世話になったゴーゴー嬢のボーちゃんに連絡してみた。
ソンクラーンの時期に田舎へ帰っていたけど、最近またウォーキングストリートのゴーゴーバーで働き出したようだ。

関連記事:パタヤでアパートさがしwithゴーゴー嬢”

幸か不幸か、この日はちょうどノーアルコールデイ。ゴーゴーバーはすべて閉店。
バーファインいらずで部屋へ来てくれた。

ゴーゴー嬢ボーちゃん

久々の再会を祝して、一発。
やはり、ボーちゃんのサービスはすばらしい。
なんという安定感か。
そろそろ出会って1年半くらいになるけど、一切手抜き無しの濃厚サービスである。
プロフェッショナルだなあ。
でも、そのぶん、お互いに恋愛感情めいたものもない。
かといって、カネ、カネ、カネとしつこく要求されるわけでもない。
バービアで支払うのと同じくらいの額で感謝される。それも満面の笑みで。
ウォーキングストリートの人気ゴーゴーバーのダンサーにしては、なかなか謙虚な性格。

翌朝ももちろん一発。
うーん、やっぱりパタヤだな。

日本の友人と合流

数日後、日本から友人二人がタイにやって来た。
大先輩のK氏とS氏。
このパタヤ発アジア夜遊び紀行の出発時に一緒だった二人が、数ヶ月の間を経て、また合流を果たすわけである。

合流場所は、パタヤではなくて、バンコクのモーチット・バスターミナルだった。
なぜかというと、K氏の彼女である元バービア嬢の実家があるコラートへ向かうから。
その彼女は、パタヤのバービアをやめて故郷コラートの工場で働いている。
わたしはK氏の依頼を受けて、彼女の実家へ視察へ行ったことがあった。
それが数ヶ月前。

参照記事:イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

で、今回はわたしが引率する形で、コラートへ行くことになったのである。
まあ、S氏のほうは直接関係ないけれど、イサーンにも行ってみたいそうなので同行。

友人二人は深夜便でスワンナプームへ到着。それからモーチットへ移動する。
わたしは、ノースパタヤのバスターミナルからモーチット行きのバスに乗ればいいだけ。
始発が早朝4時半。
さすがにこの時間ならガラガラだろうと思いきや、チケット売り場はすでに長蛇の列だった。
特にエカマイ行きのバスが人気で始発が売り切れそうな勢いだ。
モーチット行きは問題なく購入できた。

無事にモーチット到着。

mochit
photo credit: -AX- via photopin cc

出発ターミナルの待合所で、二人と久々の再会を果たす。
この時のわたしの格好は、Tシャツ短パンサンダルという南国仕様三種の神器セット。
しかも、日焼けしており、肌も黒い。

なんか、すっかりタイ人みたいになったなあ

と、久しぶりに会ったK氏が呆れていた。

自分ではまったく気付いていないけれど、やはりパタヤの滞在歴が長くなると、すっかり現地人化が進んでしまうものらしい。
だって暑いんだもの。
サバーイサバーイでいたいじゃないか。

バンコク居住歴10年の友人が言うには、そのうち性格までタイ人化してしまうそうだ。
おそるべしタイの感化力。
もうわたしはたぶん、手遅れだな。

気にしてもしょうがない。
さて、コラートへ向かいますか。
この本、かなりおもしろい。エイズ村潜入記は夜遊び好きなら必読かも。

こちらは、より包括的な現代中国の性事情を解説したもの。都会から農村まで、いたるところ風俗だらけ。人民たちの精力おそるべし。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

batam1

さらばバタム島

バタム島2日目 バタム島滞在二日目である。 せっかくここまで来たことだし、もう一泊だけしてみ

記事を読む

サメット島旅行代理店

サメット島へ一緒に行くタイガールを探せ

サメット島行きの準備 コラートからパタヤへ戻る。 もちろん、K氏は彼女連れ。 S氏とわたしは一

記事を読む

バタム島置屋嬢1

バタム島はロング派の聖地なのか?

スラバヤから一気にバタム島へ ドリーを体験できて、スラバヤはもう満足。 商業都市だけに、長居

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

indonesian3

スラバヤのドリーに行ってみた。失われつつあるアジアの置屋街。

ジョグジャカルタからスラバヤへ ジョグジャカルタから列車に乗り、一路スラバヤへ。 朝7時15

記事を読む

DAY&NIGHT1

タンブンのあとは、連れ出し置屋でブンブンinウドンタニー

(「ウドンタニーでタンブン」からの続き) タンブンの次は、もちろんブンブンである。 仏様への

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

MP嬢 (7)

MP嬢と2泊3日の欲望ホテル暮らし

コラートへ逆戻り ろくに夜遊びをしないまま、コンケーンで一泊。 朝、コンケーンのホテルをチェ

記事を読む

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

アドステア

アドステア

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑