*

パタヤでアパートさがしwithゴーゴー嬢

ゴーゴー嬢を呼び出す

インドネシア・シンガポール旅行からパタヤへ無事帰還。

次のミッションは決まっていた。
パタヤでアパートを探すことである。

昔から一度やってみたかった、タイ・パタヤでのアパート暮らし。
なんか、楽しそうな感じ。
ファランみたいな沈没生活に憧れていた。

それに、いつまでもホテルに泊まっていると、高くついてしょうがない。
節約する意味でも早くアパートに移らなくては。

この先には、タイ北部からラオスを周遊する予定もあったが、まずはアパートさがしが先決だ。

が、アパートの探し方なんか、何もわからない状態だった。
まあ、現地で直接探すしかないとは思っていたけれど、できればパタヤの事情に精通したアドバイザーがほしかった。

いる。
うってつけの人物が。

以前から懇意にしているゴーゴー嬢だ。

この一年ほど前に某ハッピーグループのゴーゴーで知り合い、ペイバー。

イサーン出身、年齢は20代後半と少し高めで色黒。
だけど、スタイル抜群、性格良し、サービスばっちりと三拍子そろっている。
名前はボーちゃんとしておこう。
連れ出し代もロングで2000バーツと今では考えられない良心的な設定だった。

その後も、仲良くしていて、一緒にチャン島まで2泊3日で旅行に出かけたりもしていた。

ゴーゴー嬢@チャン島

元々はレストランのウェイトレスとしてパタヤで働き出したボーちゃん。
パタヤ歴はすでに10年近い。
パタヤの裏の顔も知っているようで、誰々がマフィアだとか、あのゴーゴーではヤーバーがどうのとか、いろいろ教えてくれた。

これほど心強い相棒はいない。

で、そのボーちゃんに連絡を取ってみると、現在はゴーゴーを一時的に辞めているという。
でも、パタヤには住んでいるから、いつでも会えるよ、と。

さっそく呼び出して、合流。
昼のアパート探しと夜のベッド作業の両方を依頼してみると、快諾をえた。
ゴーゴーで働いていないので、ペイバー代もかからず、なかなかお得だ。

アパート探し開始

翌日から、ボーちゃんのバイクに乗せてもらい、アパート探しの開始となった。
バイクで移動できるから楽でいいや。

ソイブッカオからサードロードへかけてのエリアをボーちゃんにリクエスト。
予算は一ヶ月6000バーツから8000バーツほどで、よろしくお願いしま~す。

次々にまわっていくボーちゃん。

ブッカオの道路沿いにアパートは少ない。

UTIDコート
ウディドコート

ここは日貸しもしているアパートメント。

詳しい価格は忘れたけど、やや老朽化が進んでいて、部屋が少し臭かったのでパス。
場所は、2階建てのバービア群のすぐそばだ。
バービア嬢が共同で住んでいたりもする。
便利なんだけど、部屋が臭いのはイヤだ。

次いってみよう。

そんな感じで、アパート探しは続く。
すべてボーちゃんの先導。

ファランがオーナーをしているゲストハウスのようなアパートでは、ファラン相手に英語で交渉してくれるボーちゃん。
ファランの常連客が多いボーちゃんは、かなり英語も達者だ。
それを後ろで黙って聞いている日本人のわたし。
なんか悪いような気がした。
いや、別に、アパート借りるくらいの英語なら問題ないんだけどね。

Rコン・レジデンスの月借りも聞いてみた。
Rコンレジデンス

一ヶ月9000バーツくらいだったような。
電気水道代別。
部屋の掃除とベッドメイキングは週2回。
でも、ボーちゃんいわく、電気代が高いそうだ。

これまた詳しい数字は忘れたが、1ユニットあたりの単価が相場よりはるかに高いから、やめておいたほうがいいらしい。
どっちみち、一ヶ月9000バーツは予算オーバーなので、これまたパス。

ブッカオ沿いにいい物件は見つからず、サードロードへ向かうソイの中へ捜索の範囲を広げた。

おお、いっぱいあるなあ。

特に、セントラルロード(パタヤクラン)寄りのソイにアパートが固まっている。
もうアパートだらけ。

ブッカオのアパート

こんな感じ。
ローカルにしては、まずまず見た目はいい。
でも、エアコン無しの部屋しか空いていなかった。
エアコン無しは無理っす。

うーん、疲れてきた。
バイクで移動しているとはいえ、4月のパタヤは暑い。
とにかく暑い。
少し歩くだけで汗だくだ。

もう今日は限界。
また明日にしよう。

というわけで、共同でのアパート探し一日目終了。

夜は、ホテルのベッドの上での共同作業。
これまた汗だく。
ただ、これも大事な作業なので手抜かりなく行った。

ようやくアパート決定

アパート探し二日目。
今日こそ、決めなくては。

数軒まわってみる。
なかなか優柔不断で決められないわたしにイライラしはじめるボーちゃん。
でも、ちゃんと付き合ってくれる。
いい子だ。

で、ようやくいい物件が見つかった。
場所はブッカオの北端付近から小さな路地をサードロード方面に入った奥。
ソイでいうと、パタヤクラン・ソイ9だ。
アパートのベランダ側には、まだ新しいホテル、LKロイヤルウイング

すぐ近くには、真新しいフットサル場もある。
アパートの外見はピンク色。
ここまで言えば、パタヤ通ならピンと来るかもしれないアパート。

部屋はまずまず広い。
大きなダブルベッドに、横になれるソファー。
化粧台、クローゼット、テレビ、エアコン。
ベランダ付きだ。

アパート1

うむ、生活にまったく問題なさそう。
普通のホテルより、よっぽど広くて、開放的だ。

一ヶ月の家賃6000バーツ
Wi-Fi無料
電気代が1ユニット7バーツ

ボーちゃんいわく、まずまず妥当な値段。

ここに決定。
わーい。

とりあえず、手付け金としてボスに1000バーツだけ渡す。
本契約は明日ということに。

うん、とにかく決まってよかった。
その日は、ホテルに宿泊。

翌日、ホテルをチェックアウトして、すぐさまアパートで本契約。
書類記入やパスポートのコピーを取るくらいの簡単なもの。
デポジット込みで2ヶ月分の家賃を先払い。
これで、すべて完了。

部屋の鍵を渡されて、はいどうぞ。
入居開始。

下見時点ではベッドにカバーがしていなかったけど、すでに用意されていた。
本当に何の準備も要らずに即、住み始めることができる。

いやあ、めちゃくちゃお手軽だな、タイのアパート。

そんなわけで、アパート探しミッション、コンプリート。
ありがとう、ボーちゃん。

引き続き、今夜も共同作業よろしくね。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

laos-flag

タイ・ラオス周遊夜遊び旅行スタート

パタヤのアパートで数週間生活してから、アジア遠征に出かけることにした。 なかなか重い腰

記事を読む

flag-155928_640

インドネシア編スタート。ジャカルタの夜遊びスポットを捜索するも…

ジャカルタ到着 スワンナプーム空港からタイ航空でジャカルタまでフライト。 同じ東南アジアだか

記事を読む

オピウム博物館

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。 まず、ゴールデン・トライアングルを見学。 この日は、完全に観光モ

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

ナコンチャイエアー乗り場

パタヤのアパートへ帰還。タイ・ラオス周遊夜遊び旅行終わり

コラートからパタヤへ コラートには2泊した。 とりあえず満足だ。 そろそろパタヤが恋しくな

記事を読む

MP嬢オイ2

コラートのMP嬢がパタヤにやって来た

コラートからパタヤへ戻る MP嬢オイちゃんとの肉欲まみれの2泊3日を終え、コラートからパタヤへ

記事を読む

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑