*

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

公開日: : グルメレポート


以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。

ジョークトムヤムセッパモン (4)

サードロードに2店舗あり、記事で紹介した南側の店舗はすでに閉店していまっている。

が、ノースパタヤ寄りの店舗はまだ営業中。土鍋ジョークが食べたい人はそちらへどうぞ。

Joke venue in north pattaya third road

関連記事:【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。
(追加情報あり)

SPONSOR LINK

カイトゥンとぶっかけ飯

さて、閉店したジョーク屋は、その後、ぶっかけ飯屋となっている。

外観
Third road bukkake rice venue (8)

店頭にずらりと並ぶ食材たち。

Third road bukkake rice venue (1)

Third road bukkake rice venue (3)

持ち帰りでもイートインでもオッケー。

ローカルタイ人に人気なようでひっきりなしに客が来る。

料理の英語表記もあるけれど、指差しで充分。
食べたいおかずを指さしながら、「ラートカオ(ご飯にぶっかけて)」とでもお願いすればいい。ジェスチャーだけでも問題ないです。

何やらチキンの炒めものらしきおかずをぶっかけもらう。

さらに、カイトゥンを見つけた。
カイトゥンとは、タイの茶碗蒸しのことだ。

奥のテーブルに陣取る。

Third road bukkake rice venue (6)

壁には、ジョーク屋がTV取材を受けたときの垂れ幕がまだ残っている。

Joke venue pr

ぶっかけ飯屋だけあって、配膳は早い。
席につくなり、もう料理が運ばれてきた。

ぶっかけ飯
Third road bukkake rice venue (5)

少し辛い程度で食べやすい味。鶏肉たっぷり。骨もなくて、これまた食べやすい。

カイトゥン

Third road bukkake rice venue (4)

たぶん手作り。
茶碗じゃなくてプラ容器だが、どうみても茶碗蒸しである。

そして、味も茶碗蒸しそのまんま。
びっくりするほど似ている。
やや日本の茶碗蒸しより調味料の味が濃くて、卵が少し固い。
あとはほんと一緒。

具材は、しいたけとか野菜少々。
これまた日本とほぼ一緒。
カイトゥンには、ひき肉がちょっとだけ入っている。

具材の種類や卵の固さは、店次第かなあ。
日本の茶碗蒸しだって、店や地方によって違うのと同じこと。

日本では茶碗蒸しでご飯を食べることはないだろうけど、タイではこのカイトゥンはご飯のお供になっている。
そのぶん、少し味付けが濃いのかも。
もちろん、箸休め的にそのまま食べても充分おいしい。

油っこいタイ料理に疲れたときは、カイトゥンが食べたくなってくるものだ。

市場やぶっかけ飯屋でもたまに見かけるが、一番簡単なのはセブンイレブンで買うこと。
2種類売っている。
コンビニ製品だけあって、手作りのものより、マイルドで食べやすい。

セブンイレブンの茶碗蒸しカイトゥン (2)

セブンイレブンの茶碗蒸しカイトゥン (1)
ここまで似たような味だと、日本料理とかタイ料理とかジャンル分けするのがバカらしくなってくる。

いったい、茶碗蒸しの発祥地はどこなんだろうか。
日本発祥で、それがタイに伝わったのか。それとも中国あたりに似たような料理があって、それが日本とタイのどちらにも伝わったのか。

まあ、そんなことはどうでもいい。
茶碗蒸しが好きな人は、タイでも是非カイトゥンを食べてみてほしい。
微妙に違うけど、ほとんど一緒なんで。
もちろん、辛さゼロ。誰でも食べられます。

ちなみに、ぶっかけ飯とカイトゥンで合計55バーツでした。
たぶん、ぶっかけ飯が30バーツ、カイトゥンが25バーツというところでしょう。35バーツと20バーツかも。

地図

ぶっかけ飯屋は南側、ジョーク屋は北側へどうぞ。
ぶっかけ飯屋は午前中から、ジョーク屋は夕方からとなっている模様。

SPONSOR LINK

関連記事

SOMTUM PAPAYA FORGET HUSBAND (7)

パタヤタイの安いぶっかけ飯屋とガイヤーンのうまいイサーン料理食堂

パタヤタイのワットチャイモンコン前はローカル市場となっている。 周囲の細い路地にも屋台や商店が

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

D beach restaurant breakfast (8)

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。 D-B

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

セイラーバーレストランコルドンブルーカツ

セイラーバー&レストランのコルドンブルーは120バーツ。あふれだすチーズとカツの相性がいいね。じゃがバタもうれしい。

ビーチロードのソイ8にあるセイラーバー(Sailor Bar)は、格安でステーキが食べられるレス

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

RETOXGAMEONブレックファースト (3)

RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

パタヤのファランな朝食シリーズ RETOXは、ソイレンキーにあるスポーツバーだ。 ここの

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑