パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート タイ料理全般(食堂・レストラン)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

投稿日:2017年3月7日 更新日:


以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。

ジョークトムヤムセッパモン (4)

サードロードに2店舗あり、記事で紹介した南側の店舗はすでに閉店していまっている。

が、ノースパタヤ寄りの店舗はまだ営業中。土鍋ジョークが食べたい人はそちらへどうぞ。

Joke venue in north pattaya third road

関連記事:【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。
(追加情報あり)

SPONSOR LINK



カイトゥンとぶっかけ飯

さて、閉店したジョーク屋は、その後、ぶっかけ飯屋となっている。

外観
Third road bukkake rice venue (8)

店頭にずらりと並ぶ食材たち。

Third road bukkake rice venue (1)

Third road bukkake rice venue (3)

持ち帰りでもイートインでもオッケー。

ローカルタイ人に人気なようでひっきりなしに客が来る。

料理の英語表記もあるけれど、指差しで充分。
食べたいおかずを指さしながら、「ラートカオ(ご飯にぶっかけて)」とでもお願いすればいい。ジェスチャーだけでも問題ないです。

何やらチキンの炒めものらしきおかずをぶっかけもらう。

さらに、カイトゥンを見つけた。
カイトゥンとは、タイの茶碗蒸しのことだ。

奥のテーブルに陣取る。

Third road bukkake rice venue (6)

壁には、ジョーク屋がTV取材を受けたときの垂れ幕がまだ残っている。

Joke venue pr

ぶっかけ飯屋だけあって、配膳は早い。
席につくなり、もう料理が運ばれてきた。

ぶっかけ飯
Third road bukkake rice venue (5)

少し辛い程度で食べやすい味。鶏肉たっぷり。骨もなくて、これまた食べやすい。

カイトゥン

Third road bukkake rice venue (4)

たぶん手作り。
茶碗じゃなくてプラ容器だが、どうみても茶碗蒸しである。

そして、味も茶碗蒸しそのまんま。
びっくりするほど似ている。
やや日本の茶碗蒸しより調味料の味が濃くて、卵が少し固い。
あとはほんと一緒。

具材は、しいたけとか野菜少々。
これまた日本とほぼ一緒。
カイトゥンには、ひき肉がちょっとだけ入っている。

具材の種類や卵の固さは、店次第かなあ。
日本の茶碗蒸しだって、店や地方によって違うのと同じこと。

日本では茶碗蒸しでご飯を食べることはないだろうけど、タイではこのカイトゥンはご飯のお供になっている。
そのぶん、少し味付けが濃いのかも。
もちろん、箸休め的にそのまま食べても充分おいしい。

油っこいタイ料理に疲れたときは、カイトゥンが食べたくなってくるものだ。

市場やぶっかけ飯屋でもたまに見かけるが、一番簡単なのはセブンイレブンで買うこと。
2種類売っている。
コンビニ製品だけあって、手作りのものより、マイルドで食べやすい。

セブンイレブンの茶碗蒸しカイトゥン (2)

セブンイレブンの茶碗蒸しカイトゥン (1)
ここまで似たような味だと、日本料理とかタイ料理とかジャンル分けするのがバカらしくなってくる。

いったい、茶碗蒸しの発祥地はどこなんだろうか。
日本発祥で、それがタイに伝わったのか。それとも中国あたりに似たような料理があって、それが日本とタイのどちらにも伝わったのか。

まあ、そんなことはどうでもいい。
茶碗蒸しが好きな人は、タイでも是非カイトゥンを食べてみてほしい。
微妙に違うけど、ほとんど一緒なんで。
もちろん、辛さゼロ。誰でも食べられます。

ちなみに、ぶっかけ飯とカイトゥンで合計55バーツでした。
たぶん、ぶっかけ飯が30バーツ、カイトゥンが25バーツというところでしょう。35バーツと20バーツかも。

地図

ぶっかけ飯屋は南側、ジョーク屋は北側へどうぞ。
ぶっかけ飯屋は午前中から、ジョーク屋は夕方からとなっている模様。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, タイ料理全般(食堂・レストラン)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.