*

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, ブレックファースト


ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。

Soi Yamato
ソイの中に「YAMATO」という日本料理レストランがあるからという安直なネーミング。

隣のソイ13/2は、ソイポストオフィスだ。こっちには郵便局がある。

このソイヤマトとソイポストオフィスあたりには、ファラン(欧米人)向けのバー兼レストランが多い。ソイブッカオと少々似かよった沈没ファラン多数巣窟エリア。

その中の1軒、THE SWANのブレックファーストを食べてみた。
本場イギリスソーセージ入りのイングリッシュブレックファーストだった。

SPONSOR LINK



THE SWANのイングリッシュブレックファースト

THE SWAN Breakfast (4)

ソイポストオフィスのセカンドロード寄りだ。

左手に見えるユニオンジャックがTHE SWAN
THE SWAN Breakfast (5)

地図

ブレックファーストの看板
THE SWAN Breakfast (3)

店内にはテーブル多数。
ソイに面したテラス席では喫煙可能。

 

店内のモニターではBBCが流れ、壁には大英連邦関連の写真が並ぶ。
客のすべてはファラン。
店員がタイ人である以外、ここがタイだとは思えない。

テーブルの上にもブレックファーストの説明あり。

朝8時から12時までがアーリーバードスペシャルで110バーツ。
THE SWAN Breakfast (7)

あとは、終日食べられるフルブレックファーストが189バーツだ。こっちは内容がさらに豪華になる。
THE SWAN Breakfast (8)

気になるのが、Cumberland sausageという文字。

カンバーランドソーセージとは何か?

Wikipedia情報によると、カンバーランド地方特産の豚肉ソーセージ。ってまあ、そのままだよな。

Google画像検索はこうなった。
スクリーンショット_030217_023317_PM

うーむ。渦巻状が特徴か。

予備知識はここまで。

Early Bird Specialを注文。
ほどなくコーヒーとブレックファーストが運ばれてきた。

コーヒーはいたって普通。

THE SWAN Breakfast (6)

ブレックファースト本体
THE SWAN Breakfast (10)

これが、カンバーランドソーセージかあ。
ちっとも渦巻きじゃないが、元々は渦を巻いていたんでしょう、たぶん。
ここまで焦げ目が付いたソーセージは初めて見たかも。

中身
THE SWAN Breakfast (2)

細かくミンチにはしないようで、ところどころに肉のかたまりがそのまま残っている。
臭みはそれほどないが、やや塩気が強い。
マスタードかケチャップを付けると、食べやすくなる。
焦げ目の部分は、当たり前だが、香ばしい。でもガンになりそうで怖い。
うん、普通においしいソーセージですね。日本ではまず食べることがない味。

やや厚切りのベーコンは、脂身少なめでマイルド。
これはブラウンソースでもかけて食べましょう。

卵が二つ。目玉焼き以外にも調理の仕方はオーダーできるみたい。

トーストの他に、揚げパン付き。
この揚げパンがイングリッシュブレックファーストだなあ。
噛めば口の中で油がじわ~っとにじみ出てくる感触を味わうと、気分はイングランド。
昔イギリス旅行で泊まったB&Bの朝食をしみじみと思い出す。

焼きトマトとベイクドビーンズもマスト。

これで、ハッシュドポテトとブラックプディングがあれば完璧だったのに。
(189バーツのオールデイフルブレックファーストには、すべて揃っている。)

THE SWAN Breakfast (1)

アーリーバードスペシャルの内容的には、そつのないイングリッシュブレックファーストですな。
カンバーランドソーセージが珍しいか。
朝食としては腹一杯になれます。

ビーチロードに近い立地条件を考えると、これで110バーツなら合格点でしょう。

さらにコスパを高めるなら、やはりソイレンキーのRETOXまで出向くべきだろうけど。

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

日本でカンバーランドソーセージを食べるのは難しそう。
パタヤなら気軽に食べられる。
まあ、遠くに宿泊していて、わざわざ食べに行くほどのものじゃないですが、ビーチロードあたりに泊まっていたり、近所に用事があった際に食べるにはいいんじゃないでしょうかね。
お昼12時までですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

Thai hurikake (2)

タイのふりかけはタガメ入り。いい匂いでご飯がすすむ?

先日、イサーン出身者から白ご飯が食べたいと言われて、買い出しに。 おかずとして、何やらタイ語で

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

ブッカオ沿いイサーン屋台 (1)

(閉店)ソイブッカオ沿いの新しい屋台群のイサーン料理屋。トムセーブがうまい。コームーヤーンもあるよ。

ソイブッカオの通り沿いに新しい固定屋台群ができている。 場所は、LKメトロから行くなら、北へ向

記事を読む

Nissin yakisoba in Thailand (2)

タイで売っている日清焼きそばはUFOソース味。一袋10バーツ。

タイのコンビニで見かけた新商品。 日清のインスタント麺シリーズだ。 焼きそば、ラ

記事を読む

marquee pattaya (9)

パタヤの日曜日は、Marqueeでサンデーローストを。フィッシュアンドチップスもあるよ。どれでも100B!

パタヤ・ソイブッカオの北側にあるバー、the marquee bar & cafe。

記事を読む

パートンコー屋台 (6)

タイの朝食といえば、パートンコー(揚げパン)。練乳シロップをつけて食べると病みつきの味だ。ソイブッカオでどうぞ。

ソイブッカオのパタヤ市民病院(Pattaya City Hospital)近くで、朝だけ営業して

記事を読む

khao-soi-pattaya-third-road-11

サードロードのカオソーイ食堂「ルアンカオプン」に、日本語看板とメニューができていた。マッサマンカレーもおいしいよ。

以前紹介したサードロードのカオソーイ食堂。 カオソーイもうまいし、カイジアオ定食も

記事を読む

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

アドステア

アドステア

パタヤカンの新しいカオマンガイ屋 (1)
パタヤカンの新しいカオマンガイ屋。バミーナムもおいしい。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに新しい食堂ができていた。

ライトハウス Lighthouse
新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。 昨晩のウォーキングストリート

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑