*

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

公開日: : グルメレポート


ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。

Soi Yamato
ソイの中に「YAMATO」という日本料理レストランがあるからという安直なネーミング。

隣のソイ13/2は、ソイポストオフィスだ。こっちには郵便局がある。

このソイヤマトとソイポストオフィスあたりには、ファラン(欧米人)向けのバー兼レストランが多い。ソイブッカオと少々似かよった沈没ファラン多数巣窟エリア。

その中の1軒、THE SWANのブレックファーストを食べてみた。
本場イギリスソーセージ入りのイングリッシュブレックファーストだった。

SPONSOR LINK

THE SWANのイングリッシュブレックファースト

THE SWAN Breakfast (4)

ソイポストオフィスのセカンドロード寄りだ。

左手に見えるユニオンジャックがTHE SWAN
THE SWAN Breakfast (5)

地図

ブレックファーストの看板
THE SWAN Breakfast (3)

店内にはテーブル多数。
ソイに面したテラス席では喫煙可能。

 

店内のモニターではBBCが流れ、壁には大英連邦関連の写真が並ぶ。
客のすべてはファラン。
店員がタイ人である以外、ここがタイだとは思えない。

テーブルの上にもブレックファーストの説明あり。

朝8時から12時までがアーリーバードスペシャルで110バーツ。
THE SWAN Breakfast (7)

あとは、終日食べられるフルブレックファーストが189バーツだ。こっちは内容がさらに豪華になる。
THE SWAN Breakfast (8)

気になるのが、Cumberland sausageという文字。

カンバーランドソーセージとは何か?

Wikipedia情報によると、カンバーランド地方特産の豚肉ソーセージ。ってまあ、そのままだよな。

Google画像検索はこうなった。
スクリーンショット_030217_023317_PM

うーむ。渦巻状が特徴か。

予備知識はここまで。

Early Bird Specialを注文。
ほどなくコーヒーとブレックファーストが運ばれてきた。

コーヒーはいたって普通。

THE SWAN Breakfast (6)

ブレックファースト本体
THE SWAN Breakfast (10)

これが、カンバーランドソーセージかあ。
ちっとも渦巻きじゃないが、元々は渦を巻いていたんでしょう、たぶん。
ここまで焦げ目が付いたソーセージは初めて見たかも。

中身
THE SWAN Breakfast (2)

細かくミンチにはしないようで、ところどころに肉のかたまりがそのまま残っている。
臭みはそれほどないが、やや塩気が強い。
マスタードかケチャップを付けると、食べやすくなる。
焦げ目の部分は、当たり前だが、香ばしい。でもガンになりそうで怖い。
うん、普通においしいソーセージですね。日本ではまず食べることがない味。

やや厚切りのベーコンは、脂身少なめでマイルド。
これはブラウンソースでもかけて食べましょう。

卵が二つ。目玉焼き以外にも調理の仕方はオーダーできるみたい。

トーストの他に、揚げパン付き。
この揚げパンがイングリッシュブレックファーストだなあ。
噛めば口の中で油がじわ~っとにじみ出てくる感触を味わうと、気分はイングランド。
昔イギリス旅行で泊まったB&Bの朝食をしみじみと思い出す。

焼きトマトとベイクドビーンズもマスト。

これで、ハッシュドポテトとブラックプディングがあれば完璧だったのに。
(189バーツのオールデイフルブレックファーストには、すべて揃っている。)

THE SWAN Breakfast (1)

アーリーバードスペシャルの内容的には、そつのないイングリッシュブレックファーストですな。
カンバーランドソーセージが珍しいか。
朝食としては腹一杯になれます。

ビーチロードに近い立地条件を考えると、これで110バーツなら合格点でしょう。

さらにコスパを高めるなら、やはりソイレンキーのRETOXまで出向くべきだろうけど。

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

日本でカンバーランドソーセージを食べるのは難しそう。
パタヤなら気軽に食べられる。
まあ、遠くに宿泊していて、わざわざ食べに行くほどのものじゃないですが、ビーチロードあたりに泊まっていたり、近所に用事があった際に食べるにはいいんじゃないでしょうかね。
お昼12時までですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

Tesco lotus south pattaya (5)

テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める。まさに炒飯である。

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

豚のトン焼 (1)

ししゃもフライと豚のタン。ミミガーも買えるよ@ブッカオ常設市場。

庶民の台所といえば、市場(タラート)。 パタヤの中心部では、パタヤタイのワットチャイモンコン向

記事を読む

アドステア

アドステア

丸亀製麺パタヤ店 (6)
パタヤの丸亀製麺Express実食レポート、ぶっかけうどんとカツ丼とカレーライス

パタヤに誕生した丸亀製麺。 7月7日にオープンしたばかり

Image
TG・タイ国際航空がバンコク行き往復33,000円のタイムセール中

タイ国際航空(TG)がタイムセール中です。 TGア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

→もっと見る


PAGE TOP ↑