*

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

公開日: : グルメレポート


ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。

Soi Yamato
ソイの中に「YAMATO」という日本料理レストランがあるからという安直なネーミング。

隣のソイ13/2は、ソイポストオフィスだ。こっちには郵便局がある。

このソイヤマトとソイポストオフィスあたりには、ファラン(欧米人)向けのバー兼レストランが多い。ソイブッカオと少々似かよった沈没ファラン多数巣窟エリア。

その中の1軒、THE SWANのブレックファーストを食べてみた。
本場イギリスソーセージ入りのイングリッシュブレックファーストだった。

SPONSOR LINK

THE SWANのイングリッシュブレックファースト

THE SWAN Breakfast (4)

ソイポストオフィスのセカンドロード寄りだ。

左手に見えるユニオンジャックがTHE SWAN
THE SWAN Breakfast (5)

地図

ブレックファーストの看板
THE SWAN Breakfast (3)

店内にはテーブル多数。
ソイに面したテラス席では喫煙可能。

 

店内のモニターではBBCが流れ、壁には大英連邦関連の写真が並ぶ。
客のすべてはファラン。
店員がタイ人である以外、ここがタイだとは思えない。

テーブルの上にもブレックファーストの説明あり。

朝8時から12時までがアーリーバードスペシャルで110バーツ。
THE SWAN Breakfast (7)

あとは、終日食べられるフルブレックファーストが189バーツだ。こっちは内容がさらに豪華になる。
THE SWAN Breakfast (8)

気になるのが、Cumberland sausageという文字。

カンバーランドソーセージとは何か?

Wikipedia情報によると、カンバーランド地方特産の豚肉ソーセージ。ってまあ、そのままだよな。

Google画像検索はこうなった。
スクリーンショット_030217_023317_PM

うーむ。渦巻状が特徴か。

予備知識はここまで。

Early Bird Specialを注文。
ほどなくコーヒーとブレックファーストが運ばれてきた。

コーヒーはいたって普通。

THE SWAN Breakfast (6)

ブレックファースト本体
THE SWAN Breakfast (10)

これが、カンバーランドソーセージかあ。
ちっとも渦巻きじゃないが、元々は渦を巻いていたんでしょう、たぶん。
ここまで焦げ目が付いたソーセージは初めて見たかも。

中身
THE SWAN Breakfast (2)

細かくミンチにはしないようで、ところどころに肉のかたまりがそのまま残っている。
臭みはそれほどないが、やや塩気が強い。
マスタードかケチャップを付けると、食べやすくなる。
焦げ目の部分は、当たり前だが、香ばしい。でもガンになりそうで怖い。
うん、普通においしいソーセージですね。日本ではまず食べることがない味。

やや厚切りのベーコンは、脂身少なめでマイルド。
これはブラウンソースでもかけて食べましょう。

卵が二つ。目玉焼き以外にも調理の仕方はオーダーできるみたい。

トーストの他に、揚げパン付き。
この揚げパンがイングリッシュブレックファーストだなあ。
噛めば口の中で油がじわ~っとにじみ出てくる感触を味わうと、気分はイングランド。
昔イギリス旅行で泊まったB&Bの朝食をしみじみと思い出す。

焼きトマトとベイクドビーンズもマスト。

これで、ハッシュドポテトとブラックプディングがあれば完璧だったのに。
(189バーツのオールデイフルブレックファーストには、すべて揃っている。)

THE SWAN Breakfast (1)

アーリーバードスペシャルの内容的には、そつのないイングリッシュブレックファーストですな。
カンバーランドソーセージが珍しいか。
朝食としては腹一杯になれます。

ビーチロードに近い立地条件を考えると、これで110バーツなら合格点でしょう。

さらにコスパを高めるなら、やはりソイレンキーのRETOXまで出向くべきだろうけど。

関連記事:RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

日本でカンバーランドソーセージを食べるのは難しそう。
パタヤなら気軽に食べられる。
まあ、遠くに宿泊していて、わざわざ食べに行くほどのものじゃないですが、ビーチロードあたりに泊まっていたり、近所に用事があった際に食べるにはいいんじゃないでしょうかね。
お昼12時までですよ。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。 カオマンガイとカイマ

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。 ステーキ定食が55バーツから食

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑