*

ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

公開日: : 2017年2月パタヤ沈没日記

沈没日記4

友人二人はパタヤ4日目。
3日目の昨晩、初パタヤの知人は、初ムーガタと焼酎でテンションが上がったそうで、若いバービア嬢をロング2500Bでペイバーしていた。
というか、そのバービア嬢、わたしが数ヶ月前にペイバーしたんですが。
はからずも穴兄弟に。まあ、いいか。もういかないし。

ノースパタヤのバービア

本日は、カオトムプラジャンバンでの晩餐のあと、ノースパタヤまで遠征。
まあ、いろんなところへ行っておかないとね。

ソイ4のバービアに知り合いがいて、軽く宴会。
瓶ビール90バーツとやや高めの設定。
バーファインは300Bと標準価格。

バービア嬢は多いが、選べるレベルは少ない。
20代後半のまずまずのルックスのバービア嬢を知人はペイバーしようと画策。ロング希望で。
代理でバービア嬢に軽く話を振ってみるも、バービア嬢は首を横に振る。「マイパイ(行かない)」と。
いくらなら行くのか聞くと、3000Bという返事。
相場を大きく逸脱した価格提示だ。
これは、本当に行きたくない気持ちの現われ。
やめたほうがいいと知人にアドバイス。
嬢と客ともハッピーな結果になるとは到底思えない。

でも、他のバービア嬢はロング2000Bでオッケーという。

ノースパタヤという地区は、中国や韓国の旅行者が多いエリア。さらに日本人出張者も多い。
やや高めのエリアといえる。
ロング2000なら許容範囲でしょう。

ドリンキングストリート

友人たちはまだ宴会を続けるようなので、わたしは一人でバービアめぐりへ。
通訳と交渉の最小限の仕事はしたかなと。

まずは定番のドリンキングストリート。

Drinking street201702

ここで、どうでもいいプチ情報。
ドリンキングストリートの看板は、微妙に変わっている。

これが現在の看板
Drinking street

こっちが以前の看板
ドリンキングストリート

ま、ほんとどうでもいいですね。

肝心なのは中身である。が、やっぱり厳しい。
客はファランとアラブ系が多いなあ。

てきとーなバーに入って、軽く一人飲み。
ビール80バーツで、おつまみが付いてくる。野菜はいらんなあ。

ちなみにシーシャは400バーツです。

てきとーにバービア嬢をからかってドリンキングを後にした。ここ1,2年のドリンキングは本当に厳しい。

ソイ3のバービア群

ぐるっと戻って、ソイ3のバービアへ。

Soi 3 Beer bar complex

中央手前のバービアがやや復活した印象。
かなりにぎわっている。バーカウンターの中のお立ち台で踊るバービア嬢多数。でも、タンバリンはうるさいぞ。

2,3人選べそう。
今回はペイバーするつもりはないが、次回以降のペイバー候補に入れておこうかな。

一番若そうなバービア嬢には韓国人らしき客がべったり。
他のバービア嬢にもがんがんドリンクを振りまいていた。

帰り道、ソイ3内にある日本カラオケを少しのぞく。
対応してくれたチーママらしき人は日本語可能。
店頭に並ぶ女性陣は、うーん、ちょっと厳しいかなあ。
ソイ3のバービアのほうがマシなような気がする。

本日これまで。
夜12時過ぎには就寝。パタヤではまだまだ宵の口だけど、もう寝ちゃうのだ。
今回の滞在は、ほんと、軽めに流しますよ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Airasia KIX (4)

急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。 が、今回は3週間という、

記事を読む

Cube hostel Silom (1)

タニヤ嬢にすっぽかされて、シーロムに沈む

沈没日記10 (9からの続き) バンコク初日は、タニヤ嬢と1時間一緒に飲んだだけで終了。

記事を読む

Thaniya street night

またまたタニヤへ

沈没日記9 (8からの続き) パタヤのカラオケ嬢と再会を果たし、一夜を過ごした。 どうやら

記事を読む

Walking_street

パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあとは、パタヤへ向かう。 ナ

記事を読む

Thaniya street (2)

タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラオケ。 関連記事:はじめ

記事を読む

Thaniya karaoke lady

最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴー嬢と楽しく遊んだパタヤラスト

記事を読む

Hollywood Esan style open restaurant (1)

ハリウッドディスコ前でチムチュムを食べるのはパタヤ夜遊びの定番コース

沈没日記6 (5からの続き) さて、パタヤ初めての知人のために、いろいろ食べて遊んでもらおう

記事を読む

Tamnan kon Esan disco (2)

パタヤ早起きから最後はイサーンディスコのタムナンコンイサーンで深夜まで遊ぶ

沈没日記5 早朝のパタヤ 前日は早寝のため、当然のように早起きとなった。 午前7時。 パタヤ

記事を読む

Yak statue

パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム雪隠詰3日間を終えて、パタヤへ

記事を読む

Airasia Dongmueang Kiosk (2)

日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起床後、タニヤ通りをうろうろして

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑