*

タイ・ラオス周遊夜遊び旅行スタート

laos-flag

パタヤのアパートで数週間生活してから、アジア遠征に出かけることにした。

なかなか重い腰が上がらず、動くまでが大変だった。
パタヤ沈没の魅力は半端ではない。
ずぶずぶと沈みこみ、なかなか抜け出せないのだ。

が、タイの滞在期限がせまっている。
ビザ無し滞在は1ヶ月のみ。
そろそろ、ビザを取得しないといけない。

そこで、ビザ取りも兼ねてラオスへ行こうと思った。
ついでに、タイ北部もまわってから、ラオスに入り、そのままラオスを縦断してビエンチャンに向かう。
ビエンチャンでタイのツーリストビザを取得してから、イサーンを南下してパタヤへ戻る。
そんなルートを画策してみた。

まさにパタヤ発タイ・ラオス周遊旅行だ。

90年代にバックパッカーをやっていた頃、同じようなルートで旅行した経験がある。
当時のバックパッカーの定番コースでもあった。今も欧米人には人気。
その時は、バンコクを起点にタイとラオスを周遊した。
が、健全なバックパッカーだったその頃のわたしは、夜遊びなど目もくれなかった。

もちろん、今回はばっちり遊ぶつもりだ。
はたして、タイ北部の遊びはおもしろいのか。
まだ見ぬミャンマーの女性は綺麗なのか。
はたまたラオスの置屋はどんな雰囲気なのか。
いろいろ興味は尽きない。

以前は訪れなかったメーサイやタチレクやチェンライなどを見てみたいし、あのど田舎だったラオスがどう発展しているのかも見たかった。
90年代末期のビエンチャンは、信じられないほどの田舎で、とても一国の首都とは思えなかった。舗装されていない道が多く、夜9時で辺り一面真っ暗になるという辺境ぶりだった。
それがどう変化しているのか、そして、ラオスの夜遊びはどうなっているのかを体験したかった。

そんなわけで、夜遊び半分、観光半分といった感じの旅行となる。

2週間はかかりそうだが、もちろんアパートはそのまま。
家賃を払ったまま空き家にするのは、いささかもったいないが、まあしょうがない。
パタヤのアパートを拠点にすれば、持っていく荷物は最小限ですむ。
しかも、いつでもパタヤに戻って来られるという安心感がある。
ラオスとイサーンで遊べなくても、パタヤに戻って来れば秒速で遊べるのだ。
この安心感はありがたい。

出発は夜。
夜行バスでまずはチェンマイへ向かう。

出発間際まで、コヨーテ嬢が部屋に遊びに来ていた。
以前の記事で紹介した19歳。

参照記事:今でも忘れられないコヨーテ嬢

コヨーテ嬢2

誰にもペイバーされずに待っているね
と、嬉しいことを言われて、アパートをあとにしたのだった。

もちろん、ブンブンしてから別れましたよ、と。

では、タイ・ラオス夜遊び周遊旅行のスタートです。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

ゴーゴー嬢@チャン島

パタヤでアパートさがしwithゴーゴー嬢

ゴーゴー嬢を呼び出す インドネシア・シンガポール旅行からパタヤへ無事帰還。 次のミッションは

記事を読む

batam1

さらばバタム島

バタム島2日目 バタム島滞在二日目である。 せっかくここまで来たことだし、もう一泊だけしてみ

記事を読む

MP嬢 (7)

MP嬢と2泊3日の欲望ホテル暮らし

コラートへ逆戻り ろくに夜遊びをしないまま、コンケーンで一泊。 朝、コンケーンのホテルをチェ

記事を読む

MP嬢オイ2

コラートのMP嬢がパタヤにやって来た

コラートからパタヤへ戻る MP嬢オイちゃんとの肉欲まみれの2泊3日を終え、コラートからパタヤへ

記事を読む

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

ジョグジャカルタ置屋

ジョグジャカルタで置屋めぐり。Gang3の置屋は座敷牢のようだった。

バンドゥンからジョグジャカルタへ バンドゥンの置屋を堪能したあとは、ジョグジャカルタへ向か

記事を読む

ウドンタニー・バービア嬢

ウドンタニー置屋めぐり。バービアでペイバー。でも最後は別の女性と一夜を過ごす。

ウドンターニーの置屋めぐり ウドンターニー滞在二日目。 アットホームアットウドンのベッドは実に快

記事を読む

chiangrai-tower

チェンライへ。チェンライの夜遊びスポット、リトルパッポン。

チェンマイには、たった一泊しかしなかった。 もっとゆっくりしていけばいいものを、なんか、もう満足し

記事を読む

シンガポール空港

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。 長居無用のシンガポール

記事を読む

バンドン2

バンドゥン(バンドン)の置屋街はまさに魔窟だった。地図あり。

バンドゥン(バンドン)へ さっさとジャカルタに見切りをつけ、次なる目的地へ。 向かったのは、バン

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑