*

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

公開日: : グルメレポート


バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。

Terminal 21 Pier 21 (1)

都会のど真ん中という好立地のわりには、フードコートがびっくりするほど安い。
清潔な店内で、英語メニューもあってわかりやすい。
タイ料理初心者が、いろんな料理を試してみるには格好のフードコートだ。

SPONSOR LINK

PIER 21

地図

フードコートの名前はPIER 21。PIERは、埠頭の意味。
ターミナル21の5階にある。

Terminal 21 Pier 21 (6)

5階はサンフランシスコエリアだ。フロア一番奥にフードコート。

pier21 (2)

最初に、カウンターで料金をチャージする。
お好きな額を告げればオッケー。余ったぶんはあとで返金してもらえる。

pier21 (1)
このカードを使って支払う形となる。

まずはラーメンから。

Terminal 21 Pier 21 (2)

5番。トムヤムスープのバミーだ。35バーツ。

Terminal 21 Pier 21 (3)

なかなか酸味と辛味が効いている。揚げた豚肉がおいしい。
でも、ピーナッツはちょっと入れすぎだな。

これ1品では物足りない。

うろうろしていると、イサーン料理コーナーがあった。長蛇の列ができているが、どうやらソムタムを求める列。
横のブースは空いている。

メニューを見てみると、Spicy Grilled Pork Neck with Herbsなるものを発見。

Terminal 21 Pier 21 (4)

うん、間違いなく、ナムトックコームーヤーンだな。
豚の喉肉を焼いたものをイサーン式の辛いサラダにしたもの。
わたしの大好物。
40バーツは安い。

Terminal 21 Pier 21 (5)

しかも、けっこうな量の肉が入っている。

が、残念なことに、ちっとも辛くない。外国人だとみて、思いっきり手加減されてしまったようだ。
むしろさっきのバミーのほうがよっぽど辛い。

肉は柔らかいが、脂身も多い。
辛味以外は、ナムトックムーの味になっている。まあ、辛くないとこの料理のおいしさは半減してしまうんだけど。
注文の際は、「アオ ペッ(辛くしてね)」「スパイシー」とでも伝えましょう。

清潔な環境で気軽にイサーン料理を味わうには便利なんじゃないでしょうかね。40バーツは安い。屋台で購入すると60バーツあたりが相場なんで。
カオニャオ(もち米)もついでに食べるのがおすすめ。

水は7バーツで売ってます。

というわけで、今回の出費は、トムヤムバミー35バーツ、ナムトックコームーヤーン40バーツ、水7バーツの合計82バーツ。
ぼちぼち満足できます。

安くて便利なPIER21。ご活用のほどを。

本格的なイサーン料理を食べるなら、ムアンヨットがおすすめ。チムチュムとコームーヤーンがおいしい。
日本人利用者多数でわかりやすい。

関連記事:プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

SPONSOR LINK

関連記事

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

サードロードのバミー屋台jpg (1)

サードロードのバミー専門店のスープは赤くて美味いのであります。

どうも。 安くてうまい屋台を求めて、日夜パタヤをさまよい歩いております。 体重が少し増え

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

レインボーゲストハウスの朝食ブレックファスト (3)

レインボーゲストハウスレストランの大皿ブレックファスト99バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズ。 朝食の付いていないホテルに宿泊しているか、ホテルの朝食時間に

記事を読む

カオカイジアオ@カオソーイ食堂 (2)

カオソーイ食堂のカオカイジアオは、豚肉ステーキ付き。ナムプリックと一緒に食べるとうまい。

少し前に紹介したサードロードにある、カオソーイが食べられる食堂。 ⇒パタヤでカオソーイ

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RES

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑