*

ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

公開日: : 夜遊び情報

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。
看板には、「Coyote Husle Baebe」と書いてある。どれが店名だか知らないが、とりあえずコヨーテバーなんでしょう。

COYOTE bar (2)

2016年の12月にはオープンしていたので、年末年始に見かけた人も多いはず。

ずっと後回しにしていたが、ようやく訪問してきたので軽くレポート。

地図

夜12時くらいに訪問。

COYOTE bar (1)

客足はまずまず良好。丸テーブルが壁沿いにいくつも並んでいて、ほぼ埋まっている状況だった。

奥に長細い作りとなっている。
壁には、ちょっと物騒な写真やポスターが並ぶ。
コロンビアの麻薬王、パブロ・エスコバル関連のものが多い。オーナーは南米系なのか。
M16ライフルの模型も飾ってあるなあ。

瓶ビール(LEO)が85バーツ。
ソイブッカオにしては、やや高めだが、コヨーテバーと考えれば、こんなもの。

訪問時のボードによれば、ダンサーは5チームで、総勢18名。
前方のドリンクカウンター横の小さなステージで2名、さらに中二階の踊り場で1名ないし2名が踊っている。
15分くらいで交代していく。

店頭で待機中のダンサーが客引きしているので、レベルは外からでも把握できるかな。

まあ、並です、並。
バービアより上で、ゴーゴーの中堅どころが集まっているといった印象。年齢層は20代半ばが中心だろうか。中には、わりとすっきりした顔立ちとスタイルをしたコヨーテ嬢もいる。
衣装は、下着に薄いタンクトップをかぶせたもの。コヨーテ定番ファッションですな。

おっと、ファーレンハイトの衣装を着ているコヨーテがいる。
案の定、元ファーレンハイト勤務だそうな。こらこら、流用するんじゃない。ちなみに、この元ファーレン嬢は、あきらかな2軍。都落ちかね。

ついでにバーファインの額も聞いてみた。
2種類に分かれていて、1000Bと15000B。区別はよくわからんかった。

いくらコヨーテでも、ソイブッカオのオープンバーだよ。高すぎやしないかね。しかも、そこまでレベルが高いわけじゃないし。
チップの額は聞いていないが、LKメトロのゴーゴーバーと同じくらい請求されそうな気がする。ショート1500か2000、ロング3000ってところだろうか。
それだったら、素直にLKメトロのゴーゴーバーへ行ったほうがいい。
まあ、オープンバースタイルで気軽に入れるし、瓶ビールもゴーゴーに比べると安いんで、ソイブッカオ沿いの散策がてら入店するには悪くないかも。
たぶん深夜2時か3時くらいまでの営業。客次第でしょう。

お隣のスクーターズバーは相変わらず盛況ですね。

関連記事:ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

あと、近くのプレイヤーズラウンジが復活している。

Players lounge

ずっと閉店していたが、1週間ほど前から再開している模様。
ビールは安い。60バーツほど。

以前の様子はこちらから。

関連記事:プレイヤーズラウンジ(PLAYERS LOUNGE)訪問レポート。スートゥアオークが1万バーツ。

ソイブッカオ沿いにいろんなタイプの店ができるのはいいことです。
バービア群以外にも、大量のバーが点在している。掘り出し物を探したい人は、ソイブッカオの北から南まですべて歩き通すくらいの覚悟をもって、のぞんでほしい。

 

コロンビア麻薬王で思い出すのは、この本。コロンビアでエメラルド王として畏怖される日本人の物語だ。
昭和の文士崩れっぽい文体は好き嫌いが分かれるところだし、そもそもどこまで事実なのか怪しいところだが、冒険活劇小説として読めば、すごくおもしろい。

同じ著者なら、こちらもおすすめ。タイトルどおり、かなりグロイ内容だけど、グロさを感じさせない力量は見事。タイもたっぷり出てきますぜ。海外アングラ好きなら必読書です。

南米を舞台にして日本人が活躍する話といえば、「傷追い人」も好き。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ピカソ

サードロードのローカルパブやラウンジを攻略せよ指令

新しく日本からパタヤへ遊びに来る友人とメールでやりとり。 なんでも、サードロード方面のパブやラウン

記事を読む

bachelor-1

すでにクリスマスモード、ソイLKメトロのゴーゴーバー6店舗訪問レポート

ソイLKメトロ内にあるゴーゴーバーを数えてみた。 シュガーシュガー、タッチ、キッス、パラダイス、デ

記事を読む

クイーンズパークプラザバービア群 (3)

クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

パタヤと違って、バンコクのスクンビット近辺には大きなバービア群が少なくなった。 ナナプラザの中庭に

記事を読む

Patpong special body massage venue (1)

バンコク・パッポン周辺の怪しい客引きの怪しいマッサージ屋へ付いて行ってみた

タニヤからパッポンにかけて歩いていると、次々と怪しい客引きに声をかけられる。 タニヤ内は少ないが、

記事を読む

J Club (4)

日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完成していても、実際にオープンす

記事を読む

インフィニティ (1)

スーパーベイビー閉店。ハッピーとインフィニティ訪問レポート。

昨晩2016年2月3日夜10時過ぎにウォーキングストリートを訪れた。 通り全体の客足はやや少なめ。

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェ2017年最新訪問レポート

バンコク屈指の出会いの場として名を馳せるテーメーカフェの現状レポート。 訪れたのは日曜

記事を読む

パイレーツ(Pirates) (1)

パイレーツ(Pirates)。ボンコットにある新規オープンのショートタイムバー、ジェントルマンズクラブ。

ソイボンコットにあるクラブ4と007のレポートは以前にお送りした。 ショートタイムバーと呼べばいい

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

約2ヶ月ほどまえにオープンした、エキサイトクラブ。 場所はソイエキサイトのブッカオ寄り。

記事を読む

アメジストのクリスマスツリー

ソイLKメトロ周辺新規オープン店情報。2015年12月クリスマスイブ。

本日はクリスマスイブ。 ゴーゴーバーやお店の飾り付けもすっかりクリスマスモード。

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑