パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

バービア・ソイ6 夜遊び情報

プレイヤーズラウンジ(PLAYERS LOUNGE)訪問レポート。スートゥアオークが1万バーツ。

投稿日:2016年6月15日 更新日:

PLAYERS LOUNGE

ソイブッカオを歩いていると目に入ってくる看板がある。ヤシの木が特徴。
プレイヤーズラウンジだ。

プレイヤーズラウンジ

元々は、ブーズラウンジのブッカオ店があった場所。
ほぼ看板だけを変えての営業となっている。
さらにその昔はネットカフェだった。まだノートパソコンを持って旅行していない頃のわたしは、ここのネットカフェに入り浸っていたっけ。

地図

(グーグルマップに登録されている場所は間違っている。こちらが正解。)

ずっと気になっていたが、入らずじまいのプレイヤーズラウンジ。
たまたま、夜9時頃に入ってみた。

プレイヤーズラウンジ (2)

テラス席と室内席がある。

室内は広々としていて、エアコンも効いており、実に快適。テーブルがたくさんあって、座れないことはまずないだろう。
モニターからは、ストーンズやAC/DCなどのド定番洋楽が流れている。好きな人にはたまらない。

ビリヤード台もあって、料金は無料。FREE POOLってやつ。
ボードに名前を書いて、順番にプレイしていく方式だ。
順番によっては、見ず知らずのファラン客とビリヤードすることになる。慣れない人はきついかもしれないが、慣れてしまえばどうということはない。
また、毎週土曜日はキラープールゲームを開催していて、ゲーム中はフリーフードとなる模様。
キラーとは、大人数でプレイするビリヤードルールで、どれでもいいんで球をドロップさせないと減点となり、持ち点がなくなったら死亡というゲーム。
興味がある人は、参加してみては。

LEOビールは55バーツと安い設定。

エアコンの効いた室内で飲めるのは魅力でしょう。
ただし、室内は禁煙となっている。
喫煙は外のテラス席で。

プレイヤーズラウンジ (1)

フードメニューもあり。

 

在籍嬢は少ない。
全部10人近く在籍しているようだが、わたしが訪れた時の出勤人数は4人ほど。
年齢層は高めで、やはりファラン向けのラインナップ。

話によると、少し前まではもうちょっと人数が多かったが、連続してファランにスートゥアオークされたそうだ。
スートゥアオークとは、いわゆる永久ペイバー、身請けのことだ。一度払ってしまえば、それ以降はペイバー代は不要となる。
ファランが長期で囲うためにスートゥアオークしてしまったのだろう。
なお、プレイヤーズラウンジのスートゥアオーク代は、1万バーツ。
バービアでは、1万から2万バーツが一般的。1万バーツは安いほうかな。

連れ出し料金関連

レディドリンク:130バーツ

バーファイン:500バーツ

各種チップは、相手次第。特に決まっていないようだ。
たまたま相手をしてくれた女性は、ちょうどショート帰りで、ファランから1500バーツもらったと言っていた。
おそらく1000バーツでもいけるはずだ。

上階はホテルになっていて、一泊500バーツ。

プレイヤーズラウンジ (3)

名称は、WINNER INN。
これは昔から変わっていない。以前はネットカフェの奥がホテル入り口だった。

やり部屋としても使えるようだが、詳細不明。
店としてのやり部屋はないみたい。

この店は、カテゴリー分けが少々難しい。
いわゆるジェントルマンズクラブでもショートタイムバーでもないし、でもやっぱりバービアが正解だろう。

正確な営業時間は不明だが、昼間から営業しているのは確か。たぶん午後2時開店かな。閉店は深夜。

昼間からエアコンの効いた室内でビールを飲めるのが利点でしょうかねえ。
お相手探しは期待しないでください。
新人が入ってきたらチャンスですね。
1万バーツでスートゥアオークしちゃいましょう。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-バービア・ソイ6, 夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.