*

プレイヤーズラウンジ(PLAYERS LOUNGE)訪問レポート。スートゥアオークが1万バーツ。

公開日: : 夜遊び情報

PLAYERS LOUNGE

ソイブッカオを歩いていると目に入ってくる看板がある。ヤシの木が特徴。
プレイヤーズラウンジだ。

プレイヤーズラウンジ

元々は、ブーズラウンジのブッカオ店があった場所。
ほぼ看板だけを変えての営業となっている。
さらにその昔はネットカフェだった。まだノートパソコンを持って旅行していない頃のわたしは、ここのネットカフェに入り浸っていたっけ。

地図

(グーグルマップに登録されている場所は間違っている。こちらが正解。)

ずっと気になっていたが、入らずじまいのプレイヤーズラウンジ。
たまたま、夜9時頃に入ってみた。

プレイヤーズラウンジ (2)

テラス席と室内席がある。

室内は広々としていて、エアコンも効いており、実に快適。テーブルがたくさんあって、座れないことはまずないだろう。
モニターからは、ストーンズやAC/DCなどのド定番洋楽が流れている。好きな人にはたまらない。

ビリヤード台もあって、料金は無料。FREE POOLってやつ。
ボードに名前を書いて、順番にプレイしていく方式だ。
順番によっては、見ず知らずのファラン客とビリヤードすることになる。慣れない人はきついかもしれないが、慣れてしまえばどうということはない。
また、毎週土曜日はキラープールゲームを開催していて、ゲーム中はフリーフードとなる模様。
キラーとは、大人数でプレイするビリヤードルールで、どれでもいいんで球をドロップさせないと減点となり、持ち点がなくなったら死亡というゲーム。
興味がある人は、参加してみては。

LEOビールは55バーツと安い設定。

エアコンの効いた室内で飲めるのは魅力でしょう。
ただし、室内は禁煙となっている。
喫煙は外のテラス席で。

プレイヤーズラウンジ (1)

フードメニューもあり。

 

在籍嬢は少ない。
全部10人近く在籍しているようだが、わたしが訪れた時の出勤人数は4人ほど。
年齢層は高めで、やはりファラン向けのラインナップ。

話によると、少し前まではもうちょっと人数が多かったが、連続してファランにスートゥアオークされたそうだ。
スートゥアオークとは、いわゆる永久ペイバー、身請けのことだ。一度払ってしまえば、それ以降はペイバー代は不要となる。
ファランが長期で囲うためにスートゥアオークしてしまったのだろう。
なお、プレイヤーズラウンジのスートゥアオーク代は、1万バーツ。
バービアでは、1万から2万バーツが一般的。1万バーツは安いほうかな。

連れ出し料金関連

レディドリンク:130バーツ

バーファイン:500バーツ

各種チップは、相手次第。特に決まっていないようだ。
たまたま相手をしてくれた女性は、ちょうどショート帰りで、ファランから1500バーツもらったと言っていた。
おそらく1000バーツでもいけるはずだ。

上階はホテルになっていて、一泊500バーツ。

プレイヤーズラウンジ (3)

名称は、WINNER INN。
これは昔から変わっていない。以前はネットカフェの奥がホテル入り口だった。

やり部屋としても使えるようだが、詳細不明。
店としてのやり部屋はないみたい。

この店は、カテゴリー分けが少々難しい。
いわゆるジェントルマンズクラブでもショートタイムバーでもないし、でもやっぱりバービアが正解だろう。

正確な営業時間は不明だが、昼間から営業しているのは確か。たぶん午後2時開店かな。閉店は深夜。

昼間からエアコンの効いた室内でビールを飲めるのが利点でしょうかねえ。
お相手探しは期待しないでください。
新人が入ってきたらチャンスですね。
1万バーツでスートゥアオークしちゃいましょう。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

pattaya-20161017-4

パタヤは復活。はたして夜遊びは是か非か?

週明けのパタヤの様子である。 昼間はもうほぼ通常のパタヤと変わらない。 わずかに黒い服を着た

記事を読む

taboo-2

昨晩のウォーキングストリート。バカラのオープニングは見逃して、タブーとヘブアボブを訪問。

昨日9月17日、珍しく早い時間帯にウォーキングストリートを訪れてみた。 さすが週末の土曜日。 観

記事を読む

ディスティニー

昨晩のソイLKメトロのデスティニーと、バービア情報。

シルバーウィーク特別企画、昨晩の実況速報シリーズ。 昨晩(9月23日)のソイLKメトロの状況。

記事を読む

ウォーキング夜景 1

【最新改訂版】2016年パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2015年4月にアップした記事の最新改訂版となります。 ベースとなる記事はそのままに、値上がり

記事を読む

インフィニティ (1)

スーパーベイビー閉店。ハッピーとインフィニティ訪問レポート。

昨晩2016年2月3日夜10時過ぎにウォーキングストリートを訪れた。 通り全体の客足はやや少なめ。

記事を読む

クラブ4と007

クラブ4と007訪問レポート。場所、行き方、遊び方など。

CLUB4(クラブフォー)は、以前からパタヤリピーターや長期滞在者の間では、密かに有名な遊び

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

明日は禁酒日(ヴィサカブーチャ)。お相手探しはお早めに。

明日5月20日は、タイの祝日。 ヴィサカブーチャ (仏誕節)と呼ばれる仏教の祝日であり、禁酒日とな

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者さんレポート】シルバーウィークのバービア遊び

読者MKさんからコメント欄でシルバーウィークのパタヤレポートを頂きました。 こちらで、記事としてア

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

パタヤラブサインボード

パタヤ週末短期旅行の夜遊びモデルコースを考える

今日から3連休。 連休にからめてタイ旅行する人も多いんじゃないでしょうか。 わたしも、今では

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑