*

ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

公開日: : 夜遊び情報

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(キャメルトゥー)を初訪問してきた。

ソイコーパイと聞いてもピンと来ない人も多いでしょうね。
パタヤタイとジョムティエンの間くらい。テパシットの隣です。
地図は後ほど。

なお、Toeは、つま先のこと。カタカナ英語では、トーのほうが通りがいいかも。サッカーのトーキックのトーね。
キャメルトゥーで、らくだのつま先(蹄)という意味になり、これは英語のスラングで、女性の下半身の食い込みのシルエットを意味するそうな。

キャメルトゥー玄関
camel toe pattaya (1)

住宅街の中に突然、娼館が現れます。これぞパタヤ。
まあ、外見からは中身が想像できないし、けばけばしいネオンサインもないんで、特に問題ないんでしょう。

中庭にテーブルが置いてあって、女性陣が食事している。

その脇を抜けて店内へ。

ジェントルマンラウンジの店内照明は暗いことが多い。
特に炎天下の昼間に訪問した場合、最初は目がくらんで、中の様子がよく見えない。

とりあえず空いている席へ。

思ったよりも広い店内だ。
入って左手に四角いソファーエリア。右手は、在籍嬢たちのたまり場となっている。
一番奥にバーカウンターがあって、間にテーブル席がいくつも並ぶ。
キンナリーよりは狭いとはいえ、かなりのスペースがある。

コーラ50バーツ。
ビールは不明だが、せいぜい70か80バーツくらいでしょう。
飲み代は安い。

モニターでは、80年代チックな洋楽のプロモーションビデオが延々流れている。
デビッド・ボウイの「レッツ・ダンス」が時代を感じさせる。いや、かっこいいけど、デビッド・ボウイは。

客のほとんどは、むろんファラン。

訪問したのは、木曜日の午後2時半頃。
すでにファラン客が7,8人飲んでいた。昼間から元気だなあ、ファランは。

わたしが暇そうに飲んでいると、一人の女性が話相手になってくれた。

開店時間は、午後1時。閉店時間は、夜9時とか10時とかだいたいそのあたりとのこと。客足次第らしい。

「ミー プーイン ギー コン(女は何人いるの?)」と質問してみると、だいたい20人という答え。
まだ全員は出勤してきていないそうだ。
待機中、食事中、接客中をすべて合わせても、出勤しているのは15人といったところだろうか。
レベルは正直厳しい。年齢層は高め。
わたしに付いてくれたのは、34歳。かなり老けて見える。でも、田舎からパタヤで出てきて、まだ5日とか言っていた。
待機中のフロアーには5人ほどいたが、かなりのビッチ感を醸し出している女性が数人、20代後半と思しき普通のルックス嬢が数人といったところ。

が、ファランが付けている女性の中には、若そうなのも見かける。

これから出勤してくるであろう残り数人が気になるところだ。

が、この訪問時のラインナップには、正直、まったく食指が動かなかった。

よって部屋代やチップなどの詳細は不明。
わたしに付いてくれた34歳にさりげなく話を聞いてみたが、働き出したばかりでシステムもよくわかっていない様子。
チップは1500欲しいと言っていたような。ちょっと高くないかね。
ジェントルマンラウンジの相場は、ペイバーという名の部屋代が300か350。ショート代のチップが1000。
ひょっとしてキャメルトゥーは少し高い価格設定になっているのかもしれない。

要再調査だな、と感じつつ、あっさりと退店することにした。
次回は夕方あたりの時間帯で訪問してみよう。

(追記)
読者の方のTwitter経由での情報では、部屋代250B、ショートチップ1000Bだそうです。
新人嬢は、外への連れ出しの場合と勘違いしていたのかもしれません。

地図と行き方

地図

場所は、ソイコーパイ10。
住宅街の中にある。

バイクや車がないと訪問はかなり厳しい。

パタヤ中心部から行くなら、サードロードからテパシットソイ8へ通じる道をひたすら直進。

大きく右へ右折するコーナーを曲がらずに、そのまま狭い道へ入っていく。

この交差点をまっすぐ進む。標識は、「REGIONAL LAND 3」となっている。
camel toe pattaya (3)

あとは道なりに進めば、右手に見えてくる。

camel toe pattaya (2)

どうしてもソンテウで行くなら、ウォーキングストリート近くからジョムティエン行きのソンテウに乗車。
テパシット通りとの交差点で下車。
テパシット通りにも、乗り合いソンテウは走っており、乗り換え可能。
テパシットソイ8を越えたあたりで下車して、あとは徒歩5分くらい。でも、地理がわかっていないと迷いそうだが。

有名なキンナリープレイスへソンテウと徒歩で訪れるよりは楽だと思うけど、わざわざそこまで苦労して訪れるほどではないような気もする。
ゴーゴーやバービアでの遊びに少々飽きてきて、日中の暇つぶしがてら、軽く冒険してみたい人向けかなあ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Gold (3)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は、アメジスト(Amethyst

記事を読む

Thepprasit soi8

テパシット・ソイ8のローカル置屋の現状レポート2017年5月

昨晩の夜8時過ぎ、テパシットソイ8のローカル置屋をのぞいてきた。 過去レポートはこちら。 ⇒

記事を読む

パンドラPandors (2)

【新規オープンレポート】ソイLKメトロの新コヨーテバー、パンドラ Pandors’s

ソイLKメトロに、いつの間にかオープンしていたコヨーテバーがある。おそらく今週になってからの

記事を読む

champaign-cyotes-2

オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコヨーテクラブがオープンしている

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

ソイチャイヤプーンマッサージ屋シャワー

ソイチャイヤプーン、スペシャルマッサージ攻防戦

腰が痛いのである。 いや、決して、腰を振りすぎているわけではない。 たぶん、宿のベッドが固い

記事を読む

シルバーウィークのバチェラー (2)

昨晩のソイLKメトロ、バチェラーの様子。LKメトロの相場。

昨日9月22日、夜8時頃から大雨が降り出したが、9時半には止んでいた。 道路の一部で水たまりが

記事を読む

クラブオー (1)

ノースパタヤの気になるラウンジ、CLUB O(クラブオー)

先日、夜のノースパタヤ通りを走っていると、店頭で着飾った女性たちがずらりと並んでいる店があった。

記事を読む

ソイニュープラザバービア群

盆休みのパタヤ・各バービアの現状レポート。日本人が一人でバービアで飲むのは珍しいのか?

お盆休み真っ盛り、日本からの観光客が多く押し寄せていますね、パタヤも。 バーで働くタイ人たちも、日

記事を読む

ウドンターニーバービア (10)

ウドンターニー夜遊び風俗最新情報2016年1月。バービアとバンガロー置屋。おすすめホテルも。

タイ・イサーン地方の主要都市の一つ、ウドンターニーの夜遊びやナイトスポットについてまとめておいた。

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑