*

思い出深いゴーゴー嬢と数年ぶりに再会した話

沈没日記14

ウォーキングストリートをぶらぶらしていると、とあるゴーゴーバー前で呼び込み嬢に声をかけられた。
綺麗な顔立ちをしている。
はっきり言って、好みだ。

ん?

どこか見覚えがあるなあ。
が、すぐに思い出せない。
先方のほうがよく覚えていた。

昔わたしの部屋によく泊まりに来ていたゴーゴー嬢だった。

うわあひさしぶりだなあ。

こうして顔を合わせるのは、たぶん3年か4年ぶり。

再会を祝して、店内で一緒に飲む。

 

元々は、今はなきソイLKメトロのゴーゴーバーで知り合った。
一度ペイバーしてからは、仕事終わりや休みの日に、わたしの部屋に泊まりに来るようになった。

2012年、わたしが初めてパタヤでアパートを借りて暮らし始めた頃の話だ。

思えば、この頃に長期滞在の遊び方を覚えたような気がする。

2012年のウォーキングストリート
walging street 2012

2012年は空前の円高で、1万円=4000Bに届こうかという時代。
LKメトロのバーファインもチップもそれほど高くなく、かなり好き勝手に遊べた。
最初にさくっとペイバーして、さくっと仲良くなり、部屋へ来てもらうパターンが確立していった。
彼女のほかに何人もそんな女性がいたなあ。
バッティングしそうになって冷や汗をかいたこともある。

その後、彼女とはしだいに疎遠となっていった。

最後に会ったのは、たぶん2013年のこと。
もう3年、いや4年近く経過している。

そして、今、ウォーキングストリートでひさしぶりに再会。

現在のウォーキングストリート
walking-street-201612

彼女自身、2年ぶりにパタヤに戻ってきたという。
韓国人との間に子どもができで、ずっとイサーンの実家にいたそうだ。
子どもの写真を見せてもらったが、たしかにそれっぽい顔をしている。
が、その韓国人は、本国へ帰ってしまい、もうタイには戻ってこないという。

彼女はシングルマザーとなり、またこうしてパタヤへ出稼ぎにやって来た。

まあ、ありがちな話で、別に相手の国籍はあまり関係ない。
タイ人、韓国人、日本人、ファラン、どこの国にも、そういう男はいる。

出会いから4年以上。彼女は、現在24歳になったそうだ。
以前よりも綺麗になったような気がする。大人の色香がにじみ出ている。それに、鼻にシリコンを注入していて、顔立ちがすっきりした。どうりですぐに彼女だと気づかなかったわけだ。うん、綺麗になった。女は変わる。
そのかわり、タトゥーは増え、腹は少々ぶよぶよになっているが。
他人のことは言えない。わたしの腹も4,5年前に比べると、確実に出ている。

一瞬、また相手をしてもらおうかとも思った。
でも、もうあの頃のようには戻れないし、いろいろと料金も高くなった。
別に深い恋愛関係にあったわけではない。金銭ありきの関係だった。
それでも、わたしのパタヤ沈没史においては、最も印象深い女性の一人だ。

思い出は思い出として残しておくのがいい。
今さら、新しい思い出づくりはごめんだ。子作り行為は好きだが、むやみやたらに子どもは残したくない。

レディドリンクを飲み干した彼女は、むこうに客を待てしているから行ってもいいかと聞いてきた。
彼女の指し示した先には、韓国人らしき若い客が座っている。いつの間にか入店していたようだ。
わたしが行っていいよと答えると、彼女は新しい客の元へ颯爽と歩いていった。

これからも、お互いパタヤに生息していれば、どこかで再会することがあるだろう。
その日まで、お元気で。
子どものためにしっかりと稼いでほしい。
もう望まない妊娠はするんじゃないよ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Pattaya to Bangkok Asoke (9)

パタヤからバンコクへの道のりは、いつもどおり。ソンテウ、バス、BTS乗り継ぎ。

沈没日記28 パタヤ2ヶ月沈没生活が終了。あとは、バンコク経由で日本へ帰国するだけ。 ド

記事を読む

bar-lady

田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブン

沈没日記10 (沈没日記918歳バービア嬢とムーガタからのブンブン再戦からの続きです。)

記事を読む

sukiya-pattaya-11

ついにオープン。パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。セントラルマリーナ。

ノースパタヤのセントラルマリーナ(Central Marina)に、ようやくすき家がオープンした

記事を読む

Mango sticky rice 70 baht (1)

マイミータンのコヨーテ嬢が突然部屋にやって来てブンブン

沈没日記24 夜8時頃、ひさびさに20歳のコヨーテモデル嬢から連絡が入った。 いまだに新しい

記事を読む

yum mama talay (4)

パタヤラストナイトはダブルヘッダーですっぽかしを食らう

沈没日記27 2016年11月下旬からスタートしたパタヤ沈没生活もいよいよラストナイトを迎える

記事を読む

Bangkok to Japan (4)

パタヤ沈没生活2ヶ月終了。日本帰国へ。

沈没日記31 パタヤ沈没生活&バンコク滞在少々を終えて、いよいよ帰国の日。 タイ滞在2ヶ

記事を読む

massage room in soi chaiyapoom (3)

ソイチャイヤプーンで若々しいマッサージ嬢からスペシャルなお誘い

沈没日記23 パタヤのスペシャルマッサージ屋 パタヤには、無数のマッサージ屋がある。 健全なタ

記事を読む

buakhao-market-food

食費1日100バーツで過ごしつつ、ロング1000バーツ提示を断る。これぞキーニャオスタイル。

沈没日記7 (沈没日記6からの続き) 怒涛の三連戦を終えた。 元ゴーゴー嬢を見送ってか

記事を読む

スクリーンショット_013017_041442_PM

復活のカラオケ嬢とブンブン。やっぱりヒューカーオは健在だった。

沈没日記22 バービア嬢と心ならずもショート遊びとなった翌日のこと。 一年以上の付き合い

記事を読む

Dolls (1)

沈没ファランたちと過ごすバービアの夜

沈没日記17 年末年始のパーティラッシュが一段落して、平常運転に戻ったパタヤ。 だらだらとし

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

→もっと見る

PAGE TOP ↑