*

20歳コヨーテ嬢をふたたびペイバー

沈没日記13

サービス、ルックス、若さと三拍子そろった20歳のゴーゴー嬢。
10日雇用コヨーテとしてい働いている。
最初の出会いから2週間ほどかけて、チップ1000バーツを受け入れてくれた。

関連記事:数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。

その後、彼女の働くゴーゴーへ2日連続顔を出してみたものの、姿が見えない。
携帯電話が壊れたとかで電話番号も知らない。

3度目の正直で、ようやく再会。
酒の飲み過ぎによる体調不良で2日間ほど休んでいたという。

と、これはクリスマス頃の話だ。
なんと、この時期のモデルクラスの10日派遣コヨーテは、欠勤すると罰金が2500バーツだというではないか。
まじかよ。
それなのに2日も休んで、罰金5000バーツ。
本気でカネを稼ぐつもりがあるのか。

まあその分、まともに10日出勤してドリンクノルマも達成すると、給料は15,000バーツらしいけど。クリスマスと年末年始は給料が高いそうだ。
たしかに、このルックスなんで営業熱心にドリンクゲットしていけばノルマ達成は不可能ではないだろうが、2日も休んでしまったら、元も子もなかろうに。

深夜遅くなると、バーファインは安くなるとのこと。
ドリンクノルマも稼ぎたいだろうし、1時半に迎えに来る約束をして一度撤退。

てきとうにウォーキングストリートを徘徊後、再度訪問して、さくっとバーファインを支払う。
そのままお持ち帰り。

koyoty-lady-3

2度目のブンブンとなるが、前回同様手抜き一切なし。
がちがちの濃厚サービスだ。

やっぱ、ええなあ、この娘。
大当たり嬢だ。

ショート代のチップは初回に約束した額の1000バーツのまま。帰りのタクシー代を少々上乗せした程度。
何度もペイバーすることを思えば、最初の交渉は肝心かも。どうしてもその額を引きずりがちなんで。
バーファインと合わせてショートで2000バーツ。
わたしとしては、かなり奮発しているほうだ。
ゴーゴーバーで普通にペイバーを続けて行うなんて、本当に珍しい。
それほどまでに三拍子揃った優良嬢だ。

いくら相場より安く遊べるからといっても、毎回毎回ショートで2000B払っていては、財布が持たないし、一発あたりの単価もコスト高となってくる。

仕事終わりに部屋へ泊まりに来てもらうパターンへ持ち込みたいのだが、家庭の事情やら何やらでロングは不可という。
あまり色恋営業をするタイプではないようだ。

どこかに太客がいてもおかしくないな。
いや、このルックスとサービスだし、太客がいて当然だ。
それだけに目先のカネには困っていないのかもしれない。

バーファインの回数ノルマは聞いていないけど、10日のうち2回といった最低ノルマがありそう。
その回数を稼ぐも含めて、安いチップを許容してくれている可能性もある。

もう一度電話番号を聞いてみるも、相変わらず携帯電話は壊れたままだという。
直す気がないのか、そもそも番号を知られたくないだけなのか。
まあ後者だろうけど、気にしないことにする。

週に1回くらいのさっぱりとした関係を維持するのがいいのかなあ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

beer bar party food

24歳新人バービア嬢をロングでペイバーするも…

沈没日記19 21歳バービア嬢をイケメン若ファランにさらわれた翌日。 今日こそは誰かをペイバ

記事を読む

p1170958

沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記の第1回目とする。 今回

記事を読む

walging street 2012

思い出深いゴーゴー嬢と数年ぶりに再会した話

沈没日記14 ウォーキングストリートをぶらぶらしていると、とあるゴーゴーバー前で呼び込み嬢に声

記事を読む

pattaya-hotel

パタヤ沈没の歴史がまた始まる。初戦は22歳新人バービア嬢。

沈没日記3 いつものパタヤ沈没生活のはじまりであった。 昼はローカルなタイ飯で腹

記事を読む

Patpong (1)

10年ぶりにパッポンのゴーゴーバーで遊ぶ。ピンクパンサーとエレクリックブルー。

沈没日記29 わたしのタイ旅行歴は約20年。最初のうちは健全なバックパッカー個人旅行者だった。

記事を読む

beer-bar-new-year-party-5

ハッピーニューイヤー。パタヤ年越しの模様。

沈没日記年越し特別編 あけましておめでとうございます。 パタヤの大晦日から新年にかけ

記事を読む

lk-metro-christmas-1

クリスマスの夜のパタヤ

パタヤ沈没日記クリスマス編 さて、12月25日。クリスマスの夜。 あちこち見て回りたいと

記事を読む

walking-street-201612

数年ぶりにウォーキングストリートのゴーゴーバーでペイバー敢行。ショート1000B。

沈没日記11 (沈没日記10田舎へ帰る元ゴーゴー嬢とお別れのブンブンからの続き) 12月

記事を読む

massage room in soi chaiyapoom (3)

ソイチャイヤプーンで若々しいマッサージ嬢からスペシャルなお誘い

沈没日記23 パタヤのスペシャルマッサージ屋 パタヤには、無数のマッサージ屋がある。 健全なタ

記事を読む

Pattaya to Bangkok Asoke (9)

パタヤからバンコクへの道のりは、いつもどおり。ソンテウ、バス、BTS乗り継ぎ。

沈没日記28 パタヤ2ヶ月沈没生活が終了。あとは、バンコク経由で日本へ帰国するだけ。 ド

記事を読む

アドステア

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑