*

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト

ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。
長居無用のシンガポール。
ゲイランの雰囲気は味わえた。
もう満足だ。

今はパタヤが恋しい。
無性にパタヤが恋しくなったのだ。
この旅行記ではかなり内容を省略しているけど、実は、タイを出国してからすでに2週間以上経過していた。

インドネアシアとシンガポールをめぐってみて、身に沁みてわかった。

やっぱり、タイがいい。
パタヤが一番だ。

帰ろう。
あの背徳と享楽の海岸へ。

日程的にはまだまだ余裕があった。
当初の計画では、シンガポールからマレー半島を縦断して、タイに戻ろうかとも考えていた。
シンガポールからジョホールバルへ入り、そのまま北上。
タイ南部を通過して、途中、ハジャイやサムイ島などにも寄り道しつつ、バンコク・パタヤを目指すルートだ。

が、やめた。
マレー半島縦断旅行は以前にも経験済みだった。
それに何よりも、パタヤが恋しくてしかたない。
もはや、ビョーキである。

飛行機であっさりとタイへの帰還を決意。
ゲイラン周辺に意外と旅行代理店がなく、ホテルもWi-Fiが接続できなかった。
面倒なので、直接、空港に乗り込むことにした。

チャンギ空港のLCC用ターミナルの窓口でチケットは購入できた。
TIGER AIRWAYSで、178シンガポールドル。約1万2千円だった。
前売りチケットならもっと安く手に入っただろうが、もう気分はタイへ飛んでいた。

あっさりと搭乗開始。

シンガポール空港

一路、スワンナプーム空港へ。

パタヤへ帰還

スワンナプーム空港到着。
すぐさま、エアポートバスでパタヤへまっしぐら。

スクンビット通りにある「WELCOME TO PATTAYA CITY」のアーチ状の看板が目に飛びこんで来る。
何度見ても、この看板にはテンションが上がる。

おお、帰ってきた。

いつものドゥアンナムインにチェックイン。
レセプションのお姉さんが笑顔でお出迎えだ。

ドゥアンナムイン1
さっそく、バービアに繰り出す。
ブッカオのさびれたバービアである。
間違いなくゲイランのタイ人置屋のほうがレベルが高い。
でも、氷入りのグラスにリオビールを注いで、一口飲んだ時の安堵感と爽快感といったら、そりゃあもう無上のものだった。

最高。

やっぱりパタヤが一番かな。
結局、そこに落ち着く。
わかってはいるが、たまには他の国や街を体験してみたくなるのだ。
でも、最後はパタヤが恋しくなってしまう。
その繰り返しである。
夜の旅に終わりはない。

これにて、パタヤ発アジア夜遊び紀行「インドネシア・シンガポール編」終了。

(まとめを挟んでから、パタヤアパート沈没編とタイ・ラオス周遊編に続く。)

 

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

chiangrai-tower

チェンライへ。チェンライの夜遊びスポット、リトルパッポン。

チェンマイには、たった一泊しかしなかった。 もっとゆっくりしていけばいいものを、なんか、もう満足し

記事を読む

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

vientian1

ビエンチャンへ

バンビエンからビエンチャンへ バンビエンの幻の美少女をあきらめて、一路ビエンチャンを目指す。 ま

記事を読む

MP嬢オイ2

コラートのMP嬢がパタヤにやって来た

コラートからパタヤへ戻る MP嬢オイちゃんとの肉欲まみれの2泊3日を終え、コラートからパタヤへ

記事を読む

スローボート

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

はじめに 今を遡ること2年半ほど前。 2012年春のこと。 長期で旅に出ることにした。

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

サメット島旅行代理店

サメット島へ一緒に行くタイガールを探せ

サメット島行きの準備 コラートからパタヤへ戻る。 もちろん、K氏は彼女連れ。 S氏とわたしは一

記事を読む

chiangmaigirl

チェンマイの夜遊びスポット。チェンマイのゴーゴーバーは寂れていた。

さくっとチェンマイ観光を終えて、ホテルで一休み。 日が暮れはじめた。 夜遊び開始である。

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    これだけ世界を旅してるpattayan night様が、恋しくなるパタヤの魅力てなんなんでしょうか?
    バンコクでは、駄目なんでしょうか?
    気軽(安価)に遊べる?人間性が良い?

    • pattayan night より:

      やっぱり気楽でだらだらできるところが魅力的ですかね。もちろん安いのも大きな理由ですが。
      バンコクも好きですが、人が多すぎて苦手です。

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑