*

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト

ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。
長居無用のシンガポール。
ゲイランの雰囲気は味わえた。
もう満足だ。

今はパタヤが恋しい。
無性にパタヤが恋しくなったのだ。
この旅行記ではかなり内容を省略しているけど、実は、タイを出国してからすでに2週間以上経過していた。

インドネアシアとシンガポールをめぐってみて、身に沁みてわかった。

やっぱり、タイがいい。
パタヤが一番だ。

帰ろう。
あの背徳と享楽の海岸へ。

日程的にはまだまだ余裕があった。
当初の計画では、シンガポールからマレー半島を縦断して、タイに戻ろうかとも考えていた。
シンガポールからジョホールバルへ入り、そのまま北上。
タイ南部を通過して、途中、ハジャイやサムイ島などにも寄り道しつつ、バンコク・パタヤを目指すルートだ。

が、やめた。
マレー半島縦断旅行は以前にも経験済みだった。
それに何よりも、パタヤが恋しくてしかたない。
もはや、ビョーキである。

飛行機であっさりとタイへの帰還を決意。
ゲイラン周辺に意外と旅行代理店がなく、ホテルもWi-Fiが接続できなかった。
面倒なので、直接、空港に乗り込むことにした。

チャンギ空港のLCC用ターミナルの窓口でチケットは購入できた。
TIGER AIRWAYSで、178シンガポールドル。約1万2千円だった。
前売りチケットならもっと安く手に入っただろうが、もう気分はタイへ飛んでいた。

あっさりと搭乗開始。

シンガポール空港

一路、スワンナプーム空港へ。

パタヤへ帰還

スワンナプーム空港到着。
すぐさま、エアポートバスでパタヤへまっしぐら。

スクンビット通りにある「WELCOME TO PATTAYA CITY」のアーチ状の看板が目に飛びこんで来る。
何度見ても、この看板にはテンションが上がる。

おお、帰ってきた。

いつものドゥアンナムインにチェックイン。
レセプションのお姉さんが笑顔でお出迎えだ。

ドゥアンナムイン1
さっそく、バービアに繰り出す。
ブッカオのさびれたバービアである。
間違いなくゲイランのタイ人置屋のほうがレベルが高い。
でも、氷入りのグラスにリオビールを注いで、一口飲んだ時の安堵感と爽快感といったら、そりゃあもう無上のものだった。

最高。

やっぱりパタヤが一番かな。
結局、そこに落ち着く。
わかってはいるが、たまには他の国や街を体験してみたくなるのだ。
でも、最後はパタヤが恋しくなってしまう。
その繰り返しである。
夜の旅に終わりはない。

これにて、パタヤ発アジア夜遊び紀行「インドネシア・シンガポール編」終了。

(まとめを挟んでから、パタヤアパート沈没編とタイ・ラオス周遊編に続く。)

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ラオス国際バス

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホ

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

laos-flag

タイ・ラオス周遊夜遊び旅行スタート

パタヤのアパートで数週間生活してから、アジア遠征に出かけることにした。 なかなか重い腰

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

スローボート

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

はじめに 今を遡ること2年半ほど前。 2012年春のこと。 長期で旅に出ることにした。

記事を読む

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

バービア嬢実家1

コラート2日目。今日も元気な60歳のS氏

元バービア嬢の実家へ 翌日は、ピマーイ近くにあるK氏の彼女の実家へ。 タクシー4人乗り。 さら

記事を読む

ビエンチャン・ワンダーランド

ワンダーランド置屋ゲストハウスで遊んでみた。ビエンチャン夜遊び情報(地図付き)。

タイビザ取得とビエンチャン観光 ビエンチャン滞在二日目。 早起きして、タイのツーリストビザ取

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    これだけ世界を旅してるpattayan night様が、恋しくなるパタヤの魅力てなんなんでしょうか?
    バンコクでは、駄目なんでしょうか?
    気軽(安価)に遊べる?人間性が良い?

    • pattayan night より:

      やっぱり気楽でだらだらできるところが魅力的ですかね。もちろん安いのも大きな理由ですが。
      バンコクも好きですが、人が多すぎて苦手です。

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑