*

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト

ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。
長居無用のシンガポール。
ゲイランの雰囲気は味わえた。
もう満足だ。

今はパタヤが恋しい。
無性にパタヤが恋しくなったのだ。
この旅行記ではかなり内容を省略しているけど、実は、タイを出国してからすでに2週間以上経過していた。

インドネアシアとシンガポールをめぐってみて、身に沁みてわかった。

やっぱり、タイがいい。
パタヤが一番だ。

帰ろう。
あの背徳と享楽の海岸へ。

日程的にはまだまだ余裕があった。
当初の計画では、シンガポールからマレー半島を縦断して、タイに戻ろうかとも考えていた。
シンガポールからジョホールバルへ入り、そのまま北上。
タイ南部を通過して、途中、ハジャイやサムイ島などにも寄り道しつつ、バンコク・パタヤを目指すルートだ。

が、やめた。
マレー半島縦断旅行は以前にも経験済みだった。
それに何よりも、パタヤが恋しくてしかたない。
もはや、ビョーキである。

飛行機であっさりとタイへの帰還を決意。
ゲイラン周辺に意外と旅行代理店がなく、ホテルもWi-Fiが接続できなかった。
面倒なので、直接、空港に乗り込むことにした。

チャンギ空港のLCC用ターミナルの窓口でチケットは購入できた。
TIGER AIRWAYSで、178シンガポールドル。約1万2千円だった。
前売りチケットならもっと安く手に入っただろうが、もう気分はタイへ飛んでいた。

あっさりと搭乗開始。

シンガポール空港

一路、スワンナプーム空港へ。

パタヤへ帰還

スワンナプーム空港到着。
すぐさま、エアポートバスでパタヤへまっしぐら。

スクンビット通りにある「WELCOME TO PATTAYA CITY」のアーチ状の看板が目に飛びこんで来る。
何度見ても、この看板にはテンションが上がる。

おお、帰ってきた。

いつものドゥアンナムインにチェックイン。
レセプションのお姉さんが笑顔でお出迎えだ。

ドゥアンナムイン1
さっそく、バービアに繰り出す。
ブッカオのさびれたバービアである。
間違いなくゲイランのタイ人置屋のほうがレベルが高い。
でも、氷入りのグラスにリオビールを注いで、一口飲んだ時の安堵感と爽快感といったら、そりゃあもう無上のものだった。

最高。

やっぱりパタヤが一番かな。
結局、そこに落ち着く。
わかってはいるが、たまには他の国や街を体験してみたくなるのだ。
でも、最後はパタヤが恋しくなってしまう。
その繰り返しである。
夜の旅に終わりはない。

これにて、パタヤ発アジア夜遊び紀行「インドネシア・シンガポール編」終了。

(まとめを挟んでから、パタヤアパート沈没編とタイ・ラオス周遊編に続く。)

 


関連記事

サメット島アオパイビーチ

パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

パタヤからバンペー埠頭へ ちょっとした波乱があったものの、無事にサメット島行きの朝を迎えた。 忙

記事を読む

オピウム博物館

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。 まず、ゴールデン・トライアングルを見学。 この日は、完全に観光モ

記事を読む

myanmar-flag

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやってい

記事を読む

MP嬢 (1)

コラートふたたび。怪しいマッサージ屋はやはりブンブン付きだった。

いよいよ、タイ・ラオス周遊旅行も終わりが近づいてきた。 この旅最後の滞在地はイサーンの中心都市

記事を読む

ビエンチャン・ワンダーランド

ワンダーランド置屋ゲストハウスで遊んでみた。ビエンチャン夜遊び情報(地図付き)。

タイビザ取得とビエンチャン観光 ビエンチャン滞在二日目。 早起きして、タイのツーリストビザ取

記事を読む

ウドンタニータンブン1

ウドンターニー郊外の寺でバービア姉さんとタンブン

混乱の一夜が明けた。 隣に寝ているバービア姉さんは、きっちり朝6時に起床した。 わたしも起こされ

記事を読む

singapore1

シンガポールの風俗地区ゲイランに宿泊

バタム島からシンガポールへ バタム島を離れ、フェリーはシンガポール港へ到着。 近い。ほん

記事を読む

スローボート

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

はじめに 今を遡ること2年半ほど前。 2012年春のこと。 長期で旅に出ることにした。

記事を読む

MP嬢 (1)

コラート2日目。MPバビロンで入浴

コラート滞在も2日目となった。 それにしても、昼間にすることがない、この町は。 クランプラザ

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    これだけ世界を旅してるpattayan night様が、恋しくなるパタヤの魅力てなんなんでしょうか?
    バンコクでは、駄目なんでしょうか?
    気軽(安価)に遊べる?人間性が良い?

    • pattayan night より:

      やっぱり気楽でだらだらできるところが魅力的ですかね。もちろん安いのも大きな理由ですが。
      バンコクも好きですが、人が多すぎて苦手です。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑