*

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト

ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。
長居無用のシンガポール。
ゲイランの雰囲気は味わえた。
もう満足だ。

今はパタヤが恋しい。
無性にパタヤが恋しくなったのだ。
この旅行記ではかなり内容を省略しているけど、実は、タイを出国してからすでに2週間以上経過していた。

インドネアシアとシンガポールをめぐってみて、身に沁みてわかった。

やっぱり、タイがいい。
パタヤが一番だ。

帰ろう。
あの背徳と享楽の海岸へ。

日程的にはまだまだ余裕があった。
当初の計画では、シンガポールからマレー半島を縦断して、タイに戻ろうかとも考えていた。
シンガポールからジョホールバルへ入り、そのまま北上。
タイ南部を通過して、途中、ハジャイやサムイ島などにも寄り道しつつ、バンコク・パタヤを目指すルートだ。

が、やめた。
マレー半島縦断旅行は以前にも経験済みだった。
それに何よりも、パタヤが恋しくてしかたない。
もはや、ビョーキである。

飛行機であっさりとタイへの帰還を決意。
ゲイラン周辺に意外と旅行代理店がなく、ホテルもWi-Fiが接続できなかった。
面倒なので、直接、空港に乗り込むことにした。

チャンギ空港のLCC用ターミナルの窓口でチケットは購入できた。
TIGER AIRWAYSで、178シンガポールドル。約1万2千円だった。
前売りチケットならもっと安く手に入っただろうが、もう気分はタイへ飛んでいた。

あっさりと搭乗開始。

シンガポール空港

一路、スワンナプーム空港へ。

パタヤへ帰還

スワンナプーム空港到着。
すぐさま、エアポートバスでパタヤへまっしぐら。

スクンビット通りにある「WELCOME TO PATTAYA CITY」のアーチ状の看板が目に飛びこんで来る。
何度見ても、この看板にはテンションが上がる。

おお、帰ってきた。

いつものドゥアンナムインにチェックイン。
レセプションのお姉さんが笑顔でお出迎えだ。

ドゥアンナムイン1
さっそく、バービアに繰り出す。
ブッカオのさびれたバービアである。
間違いなくゲイランのタイ人置屋のほうがレベルが高い。
でも、氷入りのグラスにリオビールを注いで、一口飲んだ時の安堵感と爽快感といったら、そりゃあもう無上のものだった。

最高。

やっぱりパタヤが一番かな。
結局、そこに落ち着く。
わかってはいるが、たまには他の国や街を体験してみたくなるのだ。
でも、最後はパタヤが恋しくなってしまう。
その繰り返しである。
夜の旅に終わりはない。

これにて、パタヤ発アジア夜遊び紀行「インドネシア・シンガポール編」終了。

(まとめを挟んでから、パタヤアパート沈没編とタイ・ラオス周遊編に続く。)

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

バービア嬢実家4

イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

パタヤからバスでコラートへ さて、友人K氏の彼女である元バービア嬢の実家へ遊びに行くことになった。

記事を読む

サメット島アオパイビーチ3

サメット島二日目。早くもパタヤへ戻る。バンペー埠頭からパタヤへソンテウとバスで帰る方法。

サメット島二日目の朝 南の島の朝は早い。 7時頃には起床した。 レストランに6人が集合して朝食

記事を読む

laos-flag

ラオス夜遊び旅行まとめ。ルートや費用、ガイドブックなど。

フエサイからスタートした今回のラオス夜遊び旅行。 終点はビエンチャンだった。 簡単にまとめてみた

記事を読む

batam1

さらばバタム島

バタム島2日目 バタム島滞在二日目である。 せっかくここまで来たことだし、もう一泊だけしてみ

記事を読む

ゴーゴー嬢@チャン島

パタヤでアパートさがしwithゴーゴー嬢

ゴーゴー嬢を呼び出す インドネシア・シンガポール旅行からパタヤへ無事帰還。 次のミッションは

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

オピウム博物館

ゴールデン・トライアングルとチェンセーン

翌日はチェンセーンに移動した。 まず、ゴールデン・トライアングルを見学。 この日は、完全に観光モ

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

showgirls

最後のパタヤアパート沈没生活

サメット島から帰ってからも、2ヶ月ほどパタヤのアパート沈没生活を続けた。 もう完全に惰性で過ごして

記事を読む

Nちゃん2

旅のはじまりは、いつものパタヤ

手配した航空券 ついに始まったパタヤ発アジア夜遊び紀行。 出発前夜は、どきどきしてなかなか眠

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    これだけ世界を旅してるpattayan night様が、恋しくなるパタヤの魅力てなんなんでしょうか?
    バンコクでは、駄目なんでしょうか?
    気軽(安価)に遊べる?人間性が良い?

    • pattayan night より:

      やっぱり気楽でだらだらできるところが魅力的ですかね。もちろん安いのも大きな理由ですが。
      バンコクも好きですが、人が多すぎて苦手です。

アドステア

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

→もっと見る

PAGE TOP ↑