*

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

公開日: : グルメレポート


ナナバーガー。
熱心なバンコクリピーターには説明不要。
ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

そんなナナバーガーをあえて取り上げる。

SPONSOR LINK

ナナバーガー(NANA BURGER)

わたしも、タイ夜遊び旅行初心者だった頃は、何度かナナバーガーを食べたものだ。
が、おそらくはここ5年以上ナナバーガーを食べていない。
味なんか、すっかり忘れている。

nana-burger-bangkok-4

屋台の形状は変われども、ナナプラザ前で絶賛営業中。

メニュー
nana-burger-bangkok-1

通常のハンバーガーが100バーツ。
昔の値段は忘れたが、たぶんそれなりに値上げしているはず。

ベーコン、チーズ、卵のトッピングが各10バーツ。
今回は、エッグバーガー110バーツをオーダー。

すごく丁寧に調理していく。時間がかかる。
バンズがぱりぱりになるまでじっくりと焼いている。
卵を焼く型はハートの形だ。

他に先客がいたせいもあり、完成まで10分ほどかかった。

熱々のエッグバーガーの出来上がり

nana-burger-bangkok-2

ケチャップとチリソースがかけてある。

下側のバンズが歯ごたえがあっていいね。卵とハンバーガーとの相性もいい。
うーん、普通においしいや。
やけどに注意しながら、がつがつ食べる。

nana-burger-bangkok-3

屋台脇には、ティッシュとソース類が置いてある。
自分で好きに味付けしてもかまわない。

ボリュームもそこそこ。
ナナプラザで夜遊びするなら、軽い腹ごなしにちょうどいい分量かも。

まあ、エッグバーガーだけで110バーツもするんで、頻繁に食べたいものではないけれど、たまには食べたくなるお味です。
バンコク初心者の人は、とりあえずの記念としてナナバーガーをどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

big-bowl-noodle-11

特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

ふらふらとブッカオとサードロードの間を走っていると、見慣れぬクイティアオ屋ができていた。

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

fryay-hamburgerchips-1

値上げしたマクドナルドよりも、FRYDAYのハンバーガーを食べよう

タイのマクドナルドは、毎年のように値上げを繰り返している。 また、店舗によって価格設定が違う。

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

FRYDAY breakfast (6)

FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフィッシュアンドチップスの名店で

記事を読む

アドステア

アドステア

PAGE TOP ↑