*

ウドンターニー夜遊びの現状。バービアめぐりで決まり。

イサーン遠征編後半3

さて、ウドンタニーの夜遊び開始である。

前回ウドンを訪れたのは、2016年1月のこと。
あれから半年以上経過したが、どう変わったのだろうか。
(注。これは国王崩御直前の10月のことです。)

ウドンターニーの夜遊び

ウドンの夜遊びについては、以前にまとめておいた。

関連記事:ウドンターニー夜遊び風俗最新情報2016年。バービアとバンガロー置屋。おすすめホテルも。
(最新版に更新予定)

ウドンタニー夜遊びマップ

結論から言えば、現状に変化なし。
ウドン名物の激安置屋壊滅の今、ウドンで遊ぶならバービアめぐりをするしかない。

かろうじて、MPがあるようだが、イサーンのMPのラインナップは、別の意味で壊滅状態。
あとは、普通の古式マッサージ屋で交渉するくらい。

もしくは、ソイサンパンタミットで客待ちしているサムロー(トゥクトゥク)のおやじに頼んで、バンガロー置屋に連れて行ってもらう。ホテルへの派遣の可能だ。
ショート価格が1200バーツ。
アットホームアットウドンホテル前のサムローおやじは営業熱心である。
イサーンカラオケへの勧誘もある。あまり期待はできないが。

最終兵器は、ソイサンパン入り口の中華旅社前にたむろしている熟女立ちんぼ。
これをピックアップできる人は、タイどころか世界中どこでも遊べます。胸を張りましょう。わたしはゼッタイ無理です。

ウドンターニーのバービアめぐり

そんなわけで、わたしは無難にバービアめぐり。
元々、置屋もMPもそれほど好きじゃないし、タイの夜遊びの王道はバービアだと思っているんで、これで良し。

NUTTY PARK

udonthani-beer-bar-2

ホテル(CV25ゲストハウス)の隣にあるNUTTY PARKからスタート。

うーむ、さらにレベルダウンかなあ。あまり声もかからない。
以前は女子大生アルバイトバービア嬢がひょっこり働いていたりしたが、影も形もない。

奥まで入っていき右に曲がると、ファランの巣窟となっている。ここはずっとこんな感じ。雰囲気ちょっと悪い。
さらに進んで駐車場を抜けると、カウンターだけにバーが数軒。ここにもたまにアタリが紛れ込んでいるが、この日はさっぱり。

NUTTYはダメですな。

ソイサンパンタミットのバービア

ウドンターニーサンパンタミット通り標識
ついで、ソイサンパンタミット(SUMPANTAMIT)へ。
通り沿いにもバービアが点在している。とりあえずチェック。

少し進んで右手の脇道に小さなバービア群がある。
ソイサンパン脇道バービア群とでも呼ぼうか。まあ、せいぜい5.6軒くらいだが。

昼間の様子
ウドンターニーバービア (12)

一軒のバービアに入ってみる。バービア嬢は全部で7.8人。意外と多い。
表のテーブル席にすわると、手の空いているバービア嬢が3人相席してくれた。
おばさんバービア嬢はとりあえず除外。
19歳は、エキゾチックな顔立ち。英語が通じる。たぶん、ファラン向け要員かなあ。わりとレベル高め。
23歳は、バービア出勤初日の新人嬢だ。熟女バービア嬢いわく、この23歳は夜の店で働くのは初めてとか。ほんとかね。英語はまったくダメだから、ファランの相手ができない。あなたが相手してあげてと頼まれた。
タイ語でお話してみたが、本当に慣れていないのか、とにかく無口。
スレ臭はゼロ。
スレンダーな体型。
でも、顔はとても幸が薄そうで、あまり夜のお相手をしたい雰囲気ではない。
どマグロ確定でしょう。

熟女バービア嬢にビリヤード勝負を挑まれるが、辛くも勝利。
特に誰に奢ることなくビール2本でチェックビン。

 

次いで、ソイサンパン沿いにある、わりと大きめのバービアに入ってみる。
手前がカウンターとテーブル席。さらに奥に進むと、ビリヤード台やソファー席がある。

udonthani-beer-bar-3

一人のバービア嬢が怪しい日本語を使う。たしか23歳くらいだったかなあ。
なんでも日本人好きで日本語を勉強中とか。いやいや、ウドンで働いてないで、バンコクかパタヤにでも行きなさいとアドバイス。

udonthani-beer-bar-4

レディドリンクを賭けて、ビリヤード勝負を挑まれた。
余裕で2連勝。
さらに別のバービア嬢がやって来た。このバービア嬢も変な日本語を使っている。またもビリヤード勝負を挑まれ、これまた勝利。
ふふ、パタヤで鍛えているわたしに勝てるかよ。
最初のバービア嬢がペイバーしろとうるさかったが、スルー。だって、ぶよぶよに太っているんだもの。無理っす。

DAY&NIGHTバービア群

udonthani-beer-bar-10

ソイサンパイ沿いのバービアを端から端まで一通りチェックし終えて、最期にDAY&NIGHTバービア群へ。
これがウドンバービアめぐりの鉄板コースだ。
というか、これしかルートがない。

でも、コラート、ブリラム、スリンにまともにバービアがないことを思えば、これだけバービアが並んでいるだけでも良しとすべし。

昼間の様子
udonthani-beer-bar-6

これまた相変わらずのデイ&ナイトだ。
客は少ない。
軽く2往復。
選べそうなのは二人だけ。

その二人から客引きを受けたので一緒に飲むことにした。

19歳と21歳のコンビだ。
どちらも地元ウドン出身で、子どもなし。

19歳はタトゥーばりばりだが、スレンダーで美人顔。
udonthani-beer-bar-7

21歳はちょっとプンプイだが、かわいらしい顔立ちをしている。胸がでかい。
udonthani-beer-bar-8

どちらも甲乙つけがたい。

わたしにはしては珍しく、レディドリンクをそれぞれ進呈した。

だって、ウドンのバービアでは、どうみても、この19歳と21歳コンビの外見が一番マシだもの。
この二人なら、パタヤのバービアで売れっ子になれるだろう。ゴーゴーでも通用しそうだ。

もう一人バービア嬢がいたが、かなりのおばさんなのでドリンク進呈は固辞。
すると、おばさんは、バーの奥の鏡の前で、突然踊り始めた。

udonthani-beer-bar-9

その熱烈かつ珍妙なダンスを眺めながら、19歳と21歳コンビと楽しく飲む。

さりげなくペイバーの話をふってみるが、二人ともどうにも感触が鈍い。
たぶん、相手を見定めているか、もしくはブンブン付きのペイバーはそもそもNGかのどちらかだろう。

まあ、いい。今日は誰もペイバーするつもりはなかった。
イサーン遠征はまた始まったばかり。

明日ペイバーするから一緒に寝ようと冗談めいて告げてから、バイバイ。
本日の飲み代トータルで500バーツくらい。

 

いやあ、ウドンタニーはいいね。
この寂れた感じがたまらない。
まあ、バービアで飲むこと自体はパタヤと変わらないし、お相手のバービア嬢も結局はイサーン人なわけで、これまた変わらない。
でも、地元で緊張感なく弛緩しきったウドン嬢たちと、だらだら飲むのが楽しい。
本気でお相手探しは厳しいが、楽しく飲むならウドンタニーのバービアはありです。
よほどの新人じゃないかぎり、英語が通じます。ファランの多くは英語だけ会話している。が、パタヤに比べると、タイ語を勉強しているファラン率はちょっと高めの印象。
タイ語、さらにはイサーン語を使ってあげると、ちょっと喜んでもらえるかな。まあ、これはパタヤのバービアの同じこと。
言語はなんでもいい。だらだら楽しく飲みましょう。


関連記事

khonkaen-to-pattaya-changtour-bus-18

コンケーンからパタヤへ帰還。チャンツアーのVIPバスで10時間50分の長旅。

イサーン遠征編後半11 ほとんど何もしなかったコンケーン滞在二日間だった。 当初の予定で

記事を読む

udonthani-to-nongkhai-1

ウドンターニーからノンカーイへ行くにはロットゥがおすすめ。50バーツ。

イサーン遠征編後半5 ウドンタニーをあとにして、ノンカイへ向かうことにする。 隣の県とな

記事を読む

udonthani-noodle-ramen-5

ウドンターニー初日はラーメン三昧。ホテルはCV25ゲストハウス。

イサーン遠征編後半2 そんなわけで、第二次イサーン遠征スタートである。 まずは、パタヤか

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-7

ノンカーイ、メコン川沿いのゲストハウス滞在と街歩き。

イサーン遠征編後半6 ウドンタニーからノンカーイに到着した。 アルファベット

記事を読む

khonkaen-bus-termial-1

ノンカーイからコンケーンへの行き方。コンケーンのバスターミナルは3つあって、ややこしい。

イサーン遠征編後半9 ノンカーイには2泊した。 もう充分でしょう。 次はコンケーン

記事を読む

utapao-to-udon-airasia-3

パタヤ・ウタパオ空港からウドンターニーまでエアアジアで移動してみた。シティトランスファー利用。

イサーン遠征編後半1 エアアジアの国内線で、パタヤ・ウタパオ空港からウドンタニーまで移動し

記事を読む

nongkhai-soi-nitapat-beer-bar-17

【ノンカーイ夜遊び情報】ノンカーイのバービアでペイバー。10年前の価格でやってます。

イサーン遠征編後半7 ノンカーイ夜遊び開始。 事前情報は、Gダイアリーの最強マップと、ネット

記事を読む

udonthani-beer-bar-1

地元ウドンタニーのバービア嬢をペイバー。アパートも訪問してみたよ。

イサーン遠征編後半4 ウドンターニー滞在2日目。 CV25ゲストハウスのコテージはおもしろい

記事を読む

nongkhai-pork-satey-1

ノンカーイのグルメ。カオピヤックと日本式焼き鳥とサテ。

イサーン遠征編後半8 ノンカーイ滞在2日目は、朝のメコン川沿い散歩からスタート。

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑