*

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

公開日: : パタヤ沈没日記2016年8月~

パタヤ沈没日記23

24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。
次なるお相手探しもしつつ、ひたすら飲んで食うだけの3日間。

ブッカオ常設市場でぶっかけ飯

buakhao-market-3

パタヤ沈没生活の友といえば、ブッカオ常設市場のぶっかけ飯でしょう。
昼飯に困った時は、ついつい足を向けてしまう。

わたしの好物は、イカと野菜の炒め物をぶっかけ飯にして、さらに屋台の唐揚げを足したセット。
ぶっかけ飯30バーツ、10バーツ唐揚げ3個。
合計60バーツで腹いっぱいだ。

buakhao-market-2

この10バーツ唐揚げ屋台は、以前紹介した。

buakhao-market-1

関連記事:ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

見た目が変わったけれど、ヤムセーブも置いてあるから、たぶん同じ屋台かなあ。
スパイシー系の唐揚げの種類が減っているような気もする。
10バーツの骨付き唐揚げは、そのまま食べると味気が少ないが、ぶっかけ飯と一緒に食べるとちょうどいい。

サードロードで鯖定食

サードロードにある、どローカルな日本料理屋、JUMBO SUSHI。

jumbo-sushi-8

関連記事:JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

2度目の訪問となる。
なんだか急に魚が食べたくなったのだ。

で、鯖の照り焼き定食。

jambo-sushi-saba-teriyaki-1

照り焼きといっても、ほとんどタダの塩焼き。
でも、照り焼きソースを別途かけることができる。
いや、醤油のほうがいいや。

jambo-sushi-saba-teriyaki-2

鯖は、まあ、鯖ですな。多少は脂が乗っている。
でも、ハラワタの処理がいい加減で、ちょっと食べにくかった。
ご飯は日本米で、味噌汁付き。これで60バーツなら文句は言えません。

と、こんな感じの一食60バーツ生活をおくる平和で怠惰な日々です。

ペイバーを連続で逃す

次のお相手候補は、これと言って決め手がなかった。

以前知り合った21歳のスレンダー系バービア嬢は、翌日のペイバーを約束したものの、明くる日に訪れてみると、すでにペイバー済みだった。
まあ、口約束より、確実な現金ペイバーが優先される世界。気にしてもしかたない。

別の21歳バービア嬢ともお近づきに。
子ども無し、顔立ちは整っているけど、ちょっと化粧がヘタなのがもったいない。
ためしにペイバーを打診してみると、ディスコに行くから今日はダメと断られた。
まあ、子どもがいない21歳なんて、子どもみたいなものだ。
遊ぶカネがあったら、仕事よりも遊び優先となってしまう。これも気にしてもしかたない。

フィンランド人と噛みタバコ

バービア嬢とはうまくいかないが、バービアで一緒になったフィンランド人の客と仲良くなった。
別のバービアで知り合って、次に移動したバービアにも、そのフィンランド人が偶然やって来た。

おお、また会ったねと、隣に座る。

わたしが知っているフィンランド人の名前を上げていく。
ミカ・ハッキネン、キミ・ライコネン、ミカ・サロとF1ドライバーくらいしか知らんけど。あと、スキージャンプのニッカンネンか。
そのフィンランド人は、ミカ・サロの名前に食いていていた。
ミカ・サロの奥さんは日本人で、フィンランド国内でも有名らしい。ノリコノリコと言っていた。

パタヤの場末なバービアで、日本とフィンランドの繋がりを知らされるとはね。

フィンランド人から、変なタバコをもらった。
GENERAL MACKMYRAという銘柄。

chewing-tobacco

おお、これが噛みタバコか。実物は初めて見たような気がする。
上唇と歯の間に挟めばいいそうだ。

実際に試させてもらう。
唇の裏にしっかりと押し込む。あとは溶けてくるのを待つだけ。
じわじわとニコチンが滲み出てくる。

うーん、まずい。変な味がする。

なるほど、アメリカやヨーロッパでは噛みタバコを嗜む人が少なくないようだけど、この味では日本人には合わないな。食感というか、唇の裏に挟まっている感覚も好きになれない。
あと、ビールとも合わない。
ウィスキーとか、もっと風味のきつい酒と一緒のほうが良さそう。

すぐに吐き出すのは彼に悪いんで、しばらくそのまま口の中にしまっておいた。

パタヤのバービアでは、簡単に国際交流ができるのがいいね。

 

結局、ペイバー相手には恵まれなかった。
まあ、それほど本気でお相手を求めているわけではない。
バービアでファランやイサーン娘相手にだらだら過ごすのが楽しいんですよ。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

surin-33

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buri

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

アドステア

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑