*

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, 屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)


以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。
唐揚げ好きにはおすすめの屋台だ。

その記事の中でも軽く触れておいたが、今回紹介するのは、ブッカオ常設市場内にある唐揚げ屋さん。

一部30バーツもあるが、ほぼ全品10バーツの唐揚げが並ぶ。
味もいろいろあって、おもしろい。

(追記)
その後、この屋台はなくなった。

SPONSOR LINK



10バーツ唐揚げ屋

場所
ソイブッカオ北側のブッカオ市場内にある。

地図

ブッカオには二つの市場があるが、ここは、北側にある毎日開催の常設市場のほうだ。
南にあるのが、火曜日と金曜日限定の通称「ブッカオ火・金市場」となる。

ソイブッカオの火金市場。安い衣料とローカル気分を求めるならここへ。

ソイブッカオから常設市場に入って、右側手前に10バーツ唐揚げ屋がある。

外観
ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (5)

看板からすると、ひょっとしてチェーン店かもしれない。

品揃え
ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (6)

お店イチオシなのは、やはり左端の10バーツ唐揚げだろうか。
ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)
山盛りで陳列してある。
これは骨付き。2つ購入。

その右横にある大きな唐揚げが30バーツ。これも骨付き。

中央のトレイに並んでいるのが、3種類のスパイシーチキン。これらもすべて一個10バーツ。骨付き。
アルファベット表記してある。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (1)

左端から、WING ZABB、WING BBQ、PAPRICAとなっている。

はっきり言って違いがよくわからない。
ZABBは、イサーン語のセーブ(おいしい)のことだろう。
パプリカって辛かったっけ?

まあ、食べてみればわかる。
わたしは、この3つはすべて購入してみた。

一番右端に積まれているのが、骨なしの唐揚げ。1個10バーツ。一つ購入。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (7)

というわけで、今回は合計6個購入した。
全部で60バーツ。

なお、この屋台にカオニャオは置いていないと言われた。
市場内でいくらでもカオニャオは売っているので、欲しい人は別の屋台で買いましょう。

実食

部屋にお持ち帰り。

こんな感じとなった。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (3)

これだけあっても、60バーツ。うーん、安い。
やはり目立つのは3種類のスパイシーチキンだ。

一番辛そうな色をしているのが、パプリカだろうか。
でも、唐辛子パウダーが表面に浮かんでいるのは、別のものだな。今となっては、どれがどれだかわからない。

とにかく食べてみた。

おお、それぞれ確かに辛さの度合いと風味が違うぞ。

たぶん、パプリカが一番しっかりした辛さ。
唐辛子パウダーが浮かんでいるやつは、日本の唐辛子せんべいの風味に似ている。
前回紹介した10バーツ唐揚げのスパイシーチキンと似たような感じだ。
もう一つはその中間くらいの味。

おそらくパプリカだと思うが、これが一番おいしい。がっつり辛い。
10バーツだけあって、肉の量はさほど多くないが、きちんと鶏肉を味わえる。
衣のさくさく感と鶏肉と辛味が混ざり合い、これまたクセになりそうな味だ。

まったく申し訳ないが、どれがどれかははっきりと説明できないんで、実際に購入して試してほしい。

定番の骨付きノーマル唐揚げは、至って普通の味。
さくさくした衣はおいしいが、衣自体の味は薄い。タイの唐揚げ屋台は、香辛料をきかせているところが多いが、ここはシンプルな味付け。

付属のケチャップとチリソースをつけて食べたほうがいいかな。

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (4)

骨なしの唐揚げも同様。
骨がないぶん、とても食べやすいけど、身がちょっとぱさぱさしている印象。
チリソースよりも塩コショウとかマヨネーズがあればいいかも。

共通して言えるのは、油分があまりしつこくないってこと。
4つほど一気に食べてみたが、胸焼けはしなかった。まあ、一個一個の量が少ないせいもあるけど。

いろんな味の唐揚げを食べてみたい人には、おすすめの屋台です。
特に3種類のスパイシーものは是非とも食べ比べしてみてほしい。
さらに言えば、市場内にある通常の唐揚げ屋台と食べ比べするのも楽しい。

なお、今回は注文していないが、この屋台では唐揚げをサラダ仕立てにすることも可能。
「ヤムセーブ」もしくは「ヤムガイセーブ」という料理名だ。
ラーブというイサーン料理によく似た味付けで、たまねぎや香草と唐辛子、ナンプラーなどを和えて作る。
値段は、使用する唐揚げによって値段が変わるようで、35、45、55バーツ。
こちらも合わせてどうぞ。

(追記)
その後、ヤムセーブを食べてみた。

ヤムガイ

残念ながら、味のほうは今ひとつ。
ヤムセーブなら、ソイレンキー入り口屋台のほうがおすすめ。

関連記事:カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

これまた残念ながら、この屋台はなくなっている。
でも、ブッカオ常設市場内には、10バーツから食べられる唐揚げ屋台がいくつかあるんで、行ってみる価値あり。

SPONSOR LINK

関連記事

Vietnamese pork noodle soup (3)

パタヤタイのクイジャップユアンは40バーツで豚骨、手羽先、うずら卵入り

またしても、クイジャップユアンを取り上げる。 クイジャップユアンとは、うどんのような米麺を使っ

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

Market cafe soi new plaza マーケットカフェグリル (4)

ソイニュープラザのザ・洋食屋でミックスグリルとブレックファースト

ファランの町、パタヤは洋食天国だ。 いたるところに洋食を扱うレストランがある。 洋食を全面に

記事を読む

Schnitzel soi newplaza (3)

ソイニュープラザのヴィーナーシュニッツェル屋台は80バーツ。ミートボールもあるよ。(閉店)

ソイニュープラザを通りかかると、見慣れぬ固定屋台を発見した。 こ、これは!? ヴ

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

Third road bukkake rice venue (4)

カイトゥン(タイの茶碗蒸し)とぶっかけ飯@元土鍋ジョーク屋

以前、土鍋で食べるトムヤム味のジョーク屋と紹介したジョークプットモー。 サードロー

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

タイの焼き芋1

タイの焼き芋は紫イモでうまし。タイと日本とじゃがいもと。

屋台の焼き芋 いもの収穫時期なのかどうかは知らないけれど、9月から10月にかけて焼き芋屋台をよ

記事を読む

カオチー屋台 (3)

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。 バゲットをサ

記事を読む

アドステア

アドステア

パタヤカンの新しいカオマンガイ屋 (1)
パタヤカンの新しいカオマンガイ屋。バミーナムもおいしい。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに新しい食堂ができていた。

ライトハウス Lighthouse
新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。 昨晩のウォーキングストリート

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑