*

コラート夜遊び情報2016年最新版。MP、古式按摩などなど。

公開日: : 夜遊び情報 ,

コラート(ナコンラチャシーマー)の夜遊び状況を2日間に渡って調査してきた。

2012年から13年あたりにかけて、コラートではよく遊んでいた。
その頃までの情報については、すでにいくつか記事を書いている。

さて、コラートの夜遊びの現状はどうなってのだろうか。
2016年の最新情報をお届け。

MP

コラートの代表的な夜遊びといえば、MPだ。
つまり、マッサージパーラー、お風呂屋さんである。

ギンザ(GINZA)

korat-ginza

コラートナンバーワンと言われるMPが、ギンザだ。
チャオプラヤーインから徒歩3分くらい。

巨大なGINZA ENTERTAINMENT COMPLEXとなっている。

korat-mp-6

入り口は正面左側。ま、右側のドアから入っても中で通じているけど。

客席から見て正面のソファー席に5,6人。わりとレベルは高め。料金も高め。2000から2500バーツ前後。
コラート屈指のの高級店ですな。
脇に小さな金魚鉢があるが、誰も座っていなかった。たぶんタイミングによりけりだろう。

ギンザにはカラオケやビリヤード(SNOOKER)場も併設。

バビロン(BABYLON)

旧市街地のコラートホテルの奥にある。
Gダイアリー上では、ベストバビロンという名称になっている。

夜はわかりづらいので、道路沿いの看板を目印に
korat-mp-8

コラートホテル
korat-mp-9
さらに奥まで歩いて行こう。

わかりづらい写真だが、奥左手がMPバビロン
korat-mp-7

以前はそこそこレベルも高くて、出勤嬢も多かった。
久しぶりに入ってみて、びっくり。

なんとソファーに座っているのは、一人だけ。
団体客がごっそり持っていった可能性もあるが、どうにもひどい状況だ。
話を聞くと、料金は1700。
料金は以前よりも下がっているが、レベルダウンも半端ない。

到底遊ぶことなど不可能。
あっさりと退店した。

パレス(PALACE)

korat-mp-4

場所は、ファランが集うパブ「GEROGE&DRAGON」の近く。

看板の店名はタイ語のみだが、マッサージと書いてあるのでわかりやすい。コラート名物の頭文字略称は、PLのようだ。

korat-mp-2

全部で8人くらい。レベルは厳しい。
料金はランクによってわずかに異なるが、おおむね1200バーツといったところ。

オオサカ(OSAKA)

korat-mp-3

シリホテルから徒歩数分。レオソーホテルからは徒歩1分ちょっと。

ずぼらやの看板が目印だ。
korat-osaka-3

今回まわったMPの中では、一番人数が多かった。
20人ほど確認できた。

料金は、1000、1300。サイドにモデルクラスが一人だけいて、1500。
1300のクラスは、何とか選べなくもないかなといったレベル。

店内で飲むコーラは、30バーツと安い。
コンシアのおじさんも陽気で話しやすい。
庶民的でいいよね、ここ。

パザ(PAZA)

チャオプラヤーイン前の大通りを西へずっと進んで右手にある。

このホテル建物の左奥がMPとなる
korat-mp-5

2階が玄関だ。のぼっていこう。

korat-mp-1

訪問時には、5人ほど座っていた。
料金は、1100と1300。

選べません。無理です。

MPまとめ

結論。綺麗どころ狙いならギンザ一択。
人数が多いのはオオサカ。
MPの閉店時間はおおむね深夜0時頃。

あと、新バスターミナル方面にペガサスというMPがあるようだが、遠いため未調査。

日本カラオケ

コラートには、妙に日本カラオケが多い。

特に固まっているエリアはなくて、微妙に点在している。
しいて挙げるなら、古式按摩密集地帯近辺に多い。

さくらんぼ
korat-japanese-karaoke-1
みらい
korat-japanese-karaoke-2
花見月
korat-japanese-karaoke-1
他にもいくつかある。

店や女性によっては連れ出し可能のようだが、詳細不明。
個人的にまったく興味がないので割愛させていただく。地図も無し。

カラオケ&カフェー

いわゆるカラオケやカフェーが、ホテルに併設されている。
チャオプラヤーイン、シリホテル、コラートホテルなどなど。

シリホテル併設のSRカラオケ
korat-siri-hotel-8
チャオプラヤーインに貼ってあるポスター
korat-cafe

ただ、お持ち帰りなどの詳細は不明。

また、以前はコラートホテルの周辺にはいくつかローカルカラオケ屋があったが、今回久しぶりに探してみたものの、見つからなかった。
店頭に若い女性が何人も並んで客待ちしていたのだが。
やはり、地方都市でのローカルカラオケの営業は厳しくなってきているのだろうか。

コヨーテクラブ

コラートにゴーゴーバーは無い。
でも、いくつかコヨーテクラブ、コヨーテパブは存在するようだ。
昔、地元の人に連れられて、1軒だけコヨーテクラブに連れて行ってもらったことがあるが、場所はよく覚えていない。ビールが大瓶100バーツだった。

Gダイアリーには、MPオオサカ横にコヨーテとしてMixの名前が掲載されているが、現地に行っても見当たらなかった。
さらに調べてみると、旧市街地のパブストリートにKoyotyがあるようだ。

Googleストリートビューでの画像がこちら

店名は、SUPER MIXというようだ。確かにCoyotyと書いてあるので、間違いないだろう。
が、詳細は不明。
過去の経験上、フロアーでコヨーテが踊っていて、ビールを飲みながら鑑賞したり、ダンサーを呼んで一緒に飲むことはできるはずだ。ただ、ペイバーの有無は不明。たぶん、交渉次第では可能だが、バーファインはかなり高価なはずだ。

また、コラートには、いわゆるバービアは見当たらない。
MPパレス近くに、ファラン向けのパブが1軒ある。

korat-bike-farang-1

他にもいくつかあるはずだ。

また、ローカル向けのオープンスタイルのパブレストランは多い。
中心部でいうと、チャオプラヤーイン前にも1軒ある。
こういうったところには、ビール給仕係の若い女性が在籍もしくは派遣されており、話し相手になってくれる。まあ、そこから先へはなかなか進めませんがね。

立ちんぼ

立ちんぼというよりは、座りんぼである。
ヤーモーを挟んだ大通りの歩道上に、ぽつんぽつんと女性が座っている。

ヤーモーより北側に多いみたい。

こういった暗がりの軒下に座っている
korat-freelancer-4

西側だけでなくて、東側にもいた。
東側には、見た目は20歳以下と思しき若い女性が何人も固まっていた。
近づいてみると、どうにも挙動がおかしい。目が飛んでいる。
頭のいかれた単なる家出少女なのか、それとも立ちんぼなのか、どうにもはっきりしないが、あまり関わりたくなかったのでスルーした。でも、近くにやりてババアみたいなおばさんがいたところを見ると、たぶん商売人でしょう。

西側の立ちんぼは、別の意味でひどいものだった。
推定年齢40前後のおばさんが、数人座っているだけ。熟女ゾーンとしておきます。
話を聞くきにもなれなかった。
たぶん、ショートで500とか700とかそんなもんでしょう。

どうやら、近くにある中華系旅社へ連れ込んでプレイという形になるようだ。

旅社は、こんな感じの外観。ショート利用の部屋代が180バーツくらい。

korat-freelancer-1

逆にいえば、旅社の近くにいけば、立ちんぼが見つけやすいことになる。

また、ヤーモー西側の通りを北上していくと、ローカルの若者が集っている怪しい一角があった。バイクが何台も止まっている。

遠目に撮影したため、かなりわかりづらいが、道路先左手の横断幕のような灯りが見えるあたり。
korat-freelancer-2

女性が大半で、その衣装は、少々きわどいドレス系。
門番っぽいおじさんもいる。奥にはホテルらしき建物が見えるが、あまりにも暗くてよくわからない。
たぶん、娼館じゃないかなあ。謎の置屋としておきます。
これまたハイテンションな若者が多くて、ちょっと調査する気にはなれなかった。
勇気のある人は突撃してみてほしい。

コラート名物といえば、チャオプラヤーイン前の立ちんぼならぬ、ピックアップ派遣立ちんぼ置屋。
連日絶賛営業中だった。
チャオプラヤーイン前派遣置屋とでもしておこうか。

korat-freelancer-3

チャオプラヤーイン1階にある日本レストラン「姉御」前でスタンバイしているので、すぐにわかる。
姉御閉店前から、すでにイスを出して女性が待機しているほど営業熱心である。道路上のバイクにも何人か座っている。ピックアップトラックは見当たらなかった

交渉は、ポン引きのお兄さんとどうぞ。英語も通じる。
言い値はショート1000バーツ。
肝心のお姉さま方のラインナップは、30歳前後といったところか。若くて26か27くらいかなあ。ヤーモー西側の座りんぼよりはマシだけど、これではなあ。
おそらくプレイはチャオプラヤーインとなるだろうが、他のホテルでも大丈夫のはずだ。ポン引き兄ちゃんが車かバイクで送ってくれるだろう。

古式按摩屋

チャオプラヤーインのある大通りを西へ進んだ道路向かいに、古式按摩の看板を掲げた店が何軒か固まっている。

korat-massage

中に入ると、ひな壇形式になっていて、マッサージ嬢たちが待機。
実質的に、置屋みたいなもんである。もちろん、実物を見て直接指名が可能だ。

いくつか覗いてみると、一人だけ若いマッサージ嬢がいた。
19歳で、まだ働きに来たばかり。

2階にマッサージ用の個室がある。細かい価格は忘れたが2時間で300バーツくらい。
ホテルへの出張サービスなら2時間500バーツとのこと。
(細かい料金は失念。店によって違うかもしれないので要確認。)

もちろん、通常のマッサージ以外に女性からスペシャルなマッサージをリクエストされることになり、別途料金が発生する。
1ブンブン1000から1500といったところだろう。
(数年前に遊んだ時は1500だったが、相場的には1000で充分だと思う。)

マッサージ屋の客引きの兄ちゃんの電話番号を聞いておくと、電話一本でデリバリーしてくれるようになる。料金はそのまま2時間500バーツ。
コラート中心部のホテルなら、バイクで連れてきてくれるそうだ。

閉店時間は、おおむね深夜1時から2時くらいとのことだ。

基本的には熟女が多いが、ごく稀に20歳前後の若いマッサージ嬢が混ざっている。狙い目かも。

コラート夜遊びマップ

以上の情報を元に地図を作成した。
どうぞご活用ください。

ここの掲載した夜遊び店やエリアは、二日間とも、すべて徒歩でまわった。(コヨーテクラブのSUPER MIX以外)
たぶん、これが徒歩での限界でしょう。

MPめぐりをしたいのなら、トゥクトゥクをチャーターすることがおすすめします。
もしくは、レンタルバイクを借りること。
健脚派はすべて徒歩で訪問すべし。

タイの地方都市全般に言えるが、夜は人通りがめっきり少なくなる。
コラート中心部に関しては、治安の危険性はまったく感じなかった。
が、街灯も少なくて、ちょっと心細い雰囲気がある。
あと、それほど多くないが、野犬には要注意。暗がりの中に犬が潜んでいて、いきなり吠えてくることがある。まあ、他の地方都市に比べると、かなりマシだけど。

コラートの夜遊び向けホテル

コラートの夜遊び向けホテルは、一択である。
チャオプラヤーインで決まり。
立地条件を考えると、ここしかない。
徒歩でMPめぐりもできるし、古式按摩置屋も立ちんぼゾーンも徒歩圏内。
ホテルへ戻る直前には、チャオプラヤーイン前派遣置屋が最後の砦として残っている。

チャオプラヤ イン (K.H.Chaophaya Inn)
korat-chaopraya-inn

アゴダ

もしくはシリホテルだ。チャオプラヤーインよりは部屋は綺麗。価格は100バーツほど高くなる。

どうしても綺麗な部屋がいいのなら、新築のレオソーホテル。

この3つから選べば間違いないでしょう。

詳しい宿泊レポートは以下の記事からどうぞ。

コラートのおすすめホテル、シリホテルとチャオプラヤーインホテルを宿泊した上で比較してみた

まとめ

ひさびさのコラートだったが、ローカルカラオケ以外はまったく変化なし。
これまで通りのコラートです。
まあ、正直なところ、コラートに夜遊び目的だけで訪れるのは、あまりおすすめできない。が、イサーン旅行を検討しているなら、入門編として訪れるのはアリでしょう。
コラートで遊ぶなら、MPか古式按摩置屋がいいでしょうね。

多少情報が古いままだが、やはりGダイアリーの最強マップは便利だ。コラートの夜遊び情報として、わたしも大いに参考させてもらいました。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

ドールハウスDOLLHOUSE (1)

クリスマスのウォーキングストリートと、新規オープン店「DOLL HOUSE(ドールハウス)」訪問レポート

12月25日クリスマス本番当日の夜、ウォーキングストリートを訪れてみた。 とはいえ、現場に

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

walking-street-raining

土曜深夜大雨のウォーキングストリート。パレスのGREEN PARTYとスイートハーツのRock’n’Roll。

チャン島旅行記の途中ですが、リアルタイムではパタヤ沈没中につき、いろいろとパタヤネタも盛り込んでいき

記事を読む

クライマックスゴーゴーバー

Climax(クライマックス)、ソイLKメトロの新ゴーゴーバー

パタヤのソイLKメトロに最近オープンしたゴーゴーバー、クライマックスに寄ってみた。 店内への訪

記事を読む

スーパーベイビーSUPERBABY (2)

ひさびさにスーパーペイビーへ入ってみたら、客が一人だった件

SUPER BABYと SUPER GIRL わたしがパタヤで遊びはじめた2008年前後のウォーキ

記事を読む

ウドンターニーバービア (10)

ウドンターニー夜遊び風俗最新情報2016年1月。バービアとバンガロー置屋。おすすめホテルも。

タイ・イサーン地方の主要都市の一つ、ウドンターニーの夜遊びやナイトスポットについてまとめておいた。

記事を読む

インソムニア看板

シルバーウィーク真っ只中、昨晩のウォーキングストリート訪問記

昨日(2015年9月21日)の夜9時ころから12時ころまでウォーキングストリートを訪れてみた。

記事を読む

テーメーカフェ看板

バンコク・テーメーカフェ2016年6月最新訪問レポート。相場と遊び方情報。

バンコクのテーメーカフェ 2016年6月某日、わたしはテーメーカフェの扉を開けた。

記事を読む

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑