*

コラートで日本に遭遇する。銀座、東京、大阪、そして神戸。

公開日: : イサーン遠征編


沈没日記イサーン遠征編2

というわけで、パタヤから6時間かけてコラートに到着。

コラートを訪れるのは、たぶん、6回か7回目くらいかなあ。
前回訪れたのは、たぶん2013年頃。約三年ぶりのコラート滞在となる。

さて、コラートの街はどう変わったのか?

3年前に比べると、わたしのタイでの経験値もかなりアップしているはずだし、タイ語やイサーン語も少しは話せるようになった。タイ料理についても詳しくなってきた。
この状態でイサーンをめぐるのが実に楽しみだった。

コラートは2泊の予定。

korat-siri-hotel

まず1泊のホテル、シリホテルへ移動。
新バスターミナルからはバイタクで50バーツだった。

SPONSOR LINK

コラート市内を散策

チェックインを済ますと、すでに夜7時を過ぎている。
腹も減ったし、周囲を散策がてら、食事へ。

いつもはチャオプラヤーインを利用していて、シリホテルは初めてだ。
チャオプラヤーインよりもかなり西側にあって、このエリアにはまったく足を踏み入れたことがない。

ホテルの目の前の通りは閑散としていて何もなかった。

korat-sirihotel-road

タイ名物の夜行性野良犬をよけながら、中心部目指して、とにかくぶらぶら歩く。

いきなり日本料理店を発見。

korat-japanese-restaurant-2

「うまい」が店名なのか。
メニューをチェックしてみると、カツカレーが150バーツ。微妙な価格設定だ。もちろんスルー。

コラートのうまいクイティアオ屋

もう少し歩くと、ちょっとした屋台群を発見。
クイティアオ屋が繁盛していた。ここはいけそうだ。

korat-noodle-1

屋台のおじさんは日本人の友人がいるそうで、日本語が少し話せた。

バミーナムをオーダー。大盛りで40バーツ。安いねえ。並盛りは35B。

korat-noodle-2

具材は、手羽先と胸肉。あと血の塊(ルアット)も入っている。

なんでもカンボジアスタイルのバミーナムだそうな。
うん、たしかに、一般的なタイのクイティアオのスープとは一味ちがう。
シンガポールで食べたワンタンメンのスープに似ているような気がする。かなりすっきり味で飲みやすい。
手羽先がやたらとうまかった。
これは当たりの1品だった。

「おいしかった」とおじさんに日本語で伝えると、「ありがとう」と日本語で返ってきた。

コラートで日本三昧

コラート中心部目指して歩くと、またまた日本料理屋発見。

今度は、「友達」という店名。

korat-japanese-restaurant-3

次は、「元気」か。

korat-japanese-restaurant-4

この元気では以前にラーメンを食べたことがある。独特のスープだったなあ。

他にも何軒も日本料理屋を発見した。

日本語のカラオケ店もいくつもあり。

さくらんぼ
korat-japanese-karaoke-1

みちづれ
korat-japanese-karaoke-2

そんなに日本人駐在員が多いとも思えないのだが、まあ、親日なのはありがたいことです。

でも、ここはイサーン。
イサーンといえば、イサーン料理。
路上で営業するチムチュム屋に遭遇した。

korat-timutyum

キティまみれの路上チムチュム屋だ。
ここにも日本があるなあ。

さらに日本は続く。

まずはギンザ(銀座)。

korat-ginza

このギンザは昔からよく知っている。コラートで一番有名な日本の地名だろう。
名前のとおり、コラートでは高級なお風呂屋さんである。

続いて、東京。

korat-tokyo-hotel-1

ここは、東京大旅社という老舗ホテルだ。

わかりやすいように翌日撮影した昼間の写真を追加しておく。
korat-tokyo-hotel-2

近くには東京アパートもあったなあ。

最後にシリホテルの近くで、最強の日本を発見した。

korat-osaka-3

この看板には我が目を疑った。
まさか、イサーンの地に、づぼらやがあるなんて!

korat-osaka-1

店名はOSAKA(大阪)だぜ。どうなってるんだ、コラート?

これも昼間の写真を添えておく
korat-osaka-2

思わずオーサカに入ってしまったぜ。
店内はふぐ屋じゃなかった。
お風呂屋さんだった。
でも料金は格安。一人1000バーツなんで、日本でふぐを食べるより安いね。
まあ、水槽に並んでいるのは、ふぐのように丸々としたタイのお姉さまたちだったけどね。

コラート初日は、日本を体感した夜であった。
大人しくホテルに戻り、就寝。

蛇足ながら、クランプラザというショッピングモール内には、こんな看板を発見した。

korat-japanese-restaurant-1

そして、神戸。
前川清の歌声が聞こえてきた。

SPONSOR LINK

関連記事

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

surin-night-life-14

【スリン夜遊び情報】ローカルカラオケとコヨーテクラブで遊んでみた。バービアとMPもあるよ。

イサーン遠征編9 さて、スリン(Surin)の夜遊びである。 昼間のうちに軽く調査はして

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

surin-33

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buri

記事を読む

buriram-bamboo-bar-beer-1

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑