*

コンケーンの夜遊び情報とホテル(地図あり)

khonkean-lady

前回の続き。

コンケーン夜遊び情報

ホテルに戻り、一休みしてから、夜遊びスポットの捜索開始。

軽くネットで調べておいた。
プルマンホテル周辺にバービア群置屋があるらしい。

プルマンホテルは、巨大なのでとにかく目立つ。
すぐにわかった。
この一帯は、完全に外国人向けのエリア。特にファラン向けだ。
英語の看板のバーやレストランが多い。

バービアも簡単に見つかる。
バービアは、せいぜい10軒弱といったところ。

声はかけられたけれど、正直、選べるレベルじゃなかった。

ついで、置屋探しへ。
プルマンホテル脇の路地を南下。
Na Mueang(ナ・ムアン)通りソイ25を鉄道駅方面へ向かう。
そこが置屋通りだ。

わたしが訪れたのは、ちょうど日が暮れ始める時間帯。
通りを歩いていると、小さな店の前でたむろしているお姉さんたちから声がかけられる。
ちょっと年齢層は高めかな。でも、中には若い子もいたような。
が、バービア同様、レベル的にはちょっときつい。

確認できた置屋はせいぜい数軒程度だった。
女性が店の前でスタンバイしていないところもあると思うので、もうちょっと数は多いかも。

最近は、タイの地方都市までグーグル・ストリート・マップが公開されている。
このナ・ムアンのソイ25も、ばっちり見ることが出来る。
ただ、店前で待機するお姉さんの姿は映っていない。置屋っぽい店構えはいくつか確認できるけど。
グーグルの撮影が2014年。
ひょっとして、すでに潰れている可能性もある。

置屋通りから鉄道駅方面にかけて、大きなパブがいくつかあった。
この時は、まだ宵の口。どこも開いていなかった。
あとで調べてみると、コヨーテが踊るコヨーテパブもあるようだ。
連れ出しの有無は不明。たぶん、高い。
金持ちタイ人向けかな。

置屋通りを往復して、もう一度ラインナップをながめる。
いやあ、無理だわ。

プルマンホテル周辺のバービアももう一度チェック。
やっぱり、無理だわ。

気持ちはすでに、コラートのオイちゃんに向かってしまっていた。
都落ちとはいえ、元バンコクの高級MP嬢だ。
顔もテクも一級品。
そんな子が明日部屋に来るというのだ。
わざわざコンケーンの置屋で遊ぶこともなかろう。
予算も体力も限られている。

よし、今日は大人しく寝よう。

これにて、コンケーンの夜遊び終了。

我ながら、あっさりしてるなあと、今になって少し後悔。
もうちょっと遊んでおけばよかった。

簡単なコンケーン夜遊び地図

(注。この情報は2012年当時のものです。最新の事情については各自お調べください。)

(追記)
2016年に再調査してきた。カラオケ置屋は壊滅済み。MP情報を追加した。
関連記事:コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

photo credit: jEdC via photopin cc

コンケーン夜遊びホテル情報

コンケーン中心部のホテルを紹介。
この辺りにホテルを取れば、昼間も夜遊びも万全でしょう。

プルマン コンケーン ラジャ オーキッド ホテル(Pullman Khon Kaen Raja Orchid Hotel)
pullman-khonkean
コンケーンのホテルといえば、プルマンを置いて他に無し。
プルマンは以前はソフィテルと呼ばれていた。
コンケーン随一の有名ホテルであり、ランドマークでもある。
周囲には、外国人向けのバーやレストランが並ぶ。
それなりに値段は高い。2000バーツ以上。
バービアと置屋は余裕の徒歩圏内。

agodaでチェック Expediaでチェック Hotels.comでチェック

コサ ホテル (Kosa Hotel)
khonkean-cosahotel
プルマンと並んで有名なホテル。中国名「許三大酒店」。
目の前がショッピングモールで便利。
プルマンのやや東側に位置。バービア群は近い。
プルマンよりは安くて、1200バーツくらいから。
ホテル内にMP併設。

agodaでチェック Hotels.comでチェック

チャダ ヴェランダ ホテル (Chada Veranda Hotel)
khonkaen-chada-veranda-hotel-5
2016年に宿泊。1泊600から700バーツほどとお手頃価格。部屋は広くて清潔。
ホテル裏手がバービア群となっている。
コンケーン一押しのホテル。

agodaでチェック
エクスペディアでチェック
ホテルズドットコムでチェック
じゃらんでチェック

サワディー ホテル (Sawasdee Hotel)
khonkean-sawdeehotel
実際にわたしが泊まったホテル。
2012年当時、ウォークインで400バーツだった。現在、ネット予約で500バーツほど。
テレビ、エアコン、ダブルベッドといういたって普通の部屋。決して綺麗ではないけれど、泊まるだけなら問題なし。
すぐ近くにローカル市場があり、見ているだけで楽しい。
プルマン周辺の夜遊びスポットまでは歩いて10分くらい。

agodaでチェック


関連記事

singapore1

シンガポールの風俗地区ゲイランに宿泊

バタム島からシンガポールへ バタム島を離れ、フェリーはシンガポール港へ到着。 近い。ほん

記事を読む

flag-155928_640

インドネシア編スタート。ジャカルタの夜遊びスポットを捜索するも…

ジャカルタ到着 スワンナプーム空港からタイ航空でジャカルタまでフライト。 同じ東南アジアだか

記事を読む

DAY&NIGHT1

タンブンのあとは、連れ出し置屋でブンブンinウドンタニー

(「ウドンタニーでタンブン」からの続き) タンブンの次は、もちろんブンブンである。 仏様への

記事を読む

チェンコン・フエサイ国境1

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウ

記事を読む

コインランドリー

パタヤアパート生活の実態。何もしない典型的な一日を紹介。

だらけきったパタヤでのアパート生活。 その実態を少し紹介してみよう。 起床。朝飯。洗濯。昼飯

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

サメット島旅行代理店

サメット島へ一緒に行くタイガールを探せ

サメット島行きの準備 コラートからパタヤへ戻る。 もちろん、K氏は彼女連れ。 S氏とわたしは一

記事を読む

スローボート

パタヤ発アジア夜遊び紀行のはじまり

はじめに 今を遡ること2年半ほど前。 2012年春のこと。 長期で旅に出ることにした。

記事を読む

showgirls

最後のパタヤアパート沈没生活

サメット島から帰ってからも、2ヶ月ほどパタヤのアパート沈没生活を続けた。 もう完全に惰性で過ごして

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑