*

パタヤは復活。はたして夜遊びは是か非か?

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 パタヤ夜遊び情報全般, 夜遊び情報

週明けのパタヤの様子である。

昼間はもうほぼ通常のパタヤと変わらない。
わずかに黒い服を着た人が目立つが、タイ人のあいだでも普段着の人が多い。
ただし、やはり派手な色を着た人は見当たらない。外国人であっても、抑えめのファッションをしておくのが良さそうだ。

コンビニののアルコール販売停止は17日いっぱいで終了。
レストランでは今まで通りアルコール類提供あり。

夜のパタヤ

pattaya-20161017-3

サードロードにあるローカル向けパブは、ネオンサイン入りで営業している。やや薄暗く見えるが、この付近のパブは、いつもこれくらいの照明だ。
スピーカーで爆音を鳴らしたり、生バンドの演奏は取りやめているが、テレビを大きめの音でつけていて、そこそこうるさい。

ソイLKメトロは、全店営業。
昨日までは営業を見合わせていたゴーゴーバーもすべて営業している。
ただ、店頭のサインはかなり控えめ。それでも昨日までに比べれば、格段に明るいLKメトロとなっている。
閉店時間はおおむね2時。
深夜2時半に通りかかると、すべてクローズしていた。この時間でも一部バービアは営業していた。

ウォーキングストリートも似たような状況。
午後11時頃に訪れてみたが、ざっと確認したところ、ゴーゴーバーは全店オープン。
ネオンサインの完全復活とはいかないが、それでもかなり明るくなってきた。

pattaya-20161017-4

pattaya-20161017-1walkingstreet

バーによっては、普段通りのネオンサインをつけていた。
センセーションズやエアポートクラブなどはネオンサイン無しで営業。

閉店時間は、店によりけり。
バカラで話を聞くと、閉店は2時から3時のあいだとのこと。はっきり決まっていないようだ。
シュガーベイビーでも同様。通常3時半閉店のところ、2時から3時のあいだで閉めると言っていた。
おそらく、このあたりの時間帯が目処なのだろう。

店内の照明と音楽は、ほぼ復活している。
シュガーベイビーのダンサー露出度は、完全復活といっていい。
むしろ、ここまでやっていいのか心配になるほど。
場内の盛り上がりも、ほぼ普段通りではなかろうか。

ウォーキングストリートの生バンド系バーは、さすがに厳しい。営業していても、生バンド演奏は無し。
バンドマンやシンガーたちは仕事がなくなって大変そうだ。フィリピン人が多いのだが、彼らの生活が少々心配になる。

ウォーキングストリート内のバービアもネオンサインは復活しているものの、音楽はかなり控えめだ。
とはいえ、ニューサイモンバービアは普段通りに盛り上がっていた。

ソイ7とソイ8は、暗めの照明でほぼ全店営業。

pattaya-20161017-2

ウォーキングストリートに比べると、かなり寂しい。

セカンドロードを渡ると、ネオンサインはかなり復活している。
やはり、音楽は無し。
閉店時間は2時から、客次第でぼちぼち閉めていくパターン。これは以前と変わらない。

ゴーゴーもバービアも、店内の騒ぎ方は、もはや通常営業に戻ったと考えていい。特に室内型のゴーゴーは騒いでも平気な雰囲気となっている。
閉店時間が変則的なだけで、あとは以前のゴーゴーと変わらない。

夜遊びは是か非か?

パタヤはほぼ復活したと考えていい。

これでいいのか悪いのか、決めたのはタイ人だ。

旅行者だろうが在住だろうが駐在員だろうが関係ない。タイ人が営業すると言っているんだから、それに従うまでの話。
日本人だからこんな時に夜遊びをするのは不謹慎だ自粛すべきだ、という考え方はナンセンスだと思う。
普段から遊ばせてもらっているタイ人に対して失礼だろう。
これまで通り遊べばいいのだ。そして多少なりともカネを落としてあげて、彼らの生活に寄与してあげるのがいいと思う。
むろん、歓迎していないタイ人もいるだろう。オープンな場では、礼節を欠かぬようにする。これは普段でも当たり前のこと。
あとは、各自の判断で遊ぶか遊ばないかを決めればいい。

あまり萎縮せず、それでいて節度を持って、遊びましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

Lady love

GW終盤のパタヤ・ソイLKメトロのゴーゴーバー訪問レポート

昨晩12時頃、ソイLKメトロを訪問してきた。 カレンダー上のゴールデンウィークは終盤戦

記事を読む

お盆休みのバチェラー

【昨晩のLKメトロ】バチェラーとディスティニーとタッチ

いよいよお盆休みとなり日本からの旅行者が俄然増えてきたパタヤ・ソイLKメトロ、昨晩の様子。 訪

記事を読む

champaign-cyotes-2

オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコヨーテクラブがオープンしている

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

Walking street 20170211 (4)

禁酒日当日夜のパタヤ。LKはダメで、ウォーキングストリートはほぼ全開。

2月11日、禁酒日夜のパタヤの様子をレポート。 普段は昼間から営業しているバービアの大半は休業

記事を読む

walking-street-201612

2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王崩御から30日の娯楽自粛期間は

記事を読む

soi15 kaho man gai

【昨晩のパタヤWS】Dクラブ再訪と新装オーバーマインドとソイ15カオマンガイ屋の復活

フィリピンネタばかりが続くんで、たまには最新のパタヤレポートでも。 昨晩4月9日夜のウォーキン

記事を読む

Walking street 2017GW (2)

ゴールデンウィーク真っ只中の深夜ウォーキングストリートは狩場のあとか?

GW真っ最中ですね。 パタヤは今日もいい天気です。GW前は雨が多かったけれど、ここ数日

記事を読む

クイーンズパークプラザバービア群 (3)

クイーンズパークプラザは、バンコク・スクンビットソイ22のバービア群。料金と遊び方。

パタヤと違って、バンコクのスクンビット近辺には大きなバービア群が少なくなった。 ナナプラザの中庭に

記事を読む

paradise

ソイLKメトロゴーゴーバーレポート2軒、パラダイスとオフィス

ウォーキングストリートのゴーゴーバーレポートシリーズに続いて、ソイLKメトロも取り上げたい。

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑