パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2016年8月~パタヤ沈没日記

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

投稿日:


パタヤ沈没日記15

ようやく友人が帰国。
深夜便だったため、夕方まで付き合う。

ジョムティエンのバス停からスワンナプーム空港へ。
またパタヤへいらしてくださいませ。

SPONSOR LINK



ずるずる続く半同棲生活

友人が帰国しても、カラオケ嬢との半同棲生活はずるずると継続。
完全にルーティンワークと化してきた。
元々の予定では、イサーン方面へ旅行するつもりだったが、その踏ん切りもつかずに、ひたすらだらだらするだけ。
これぞパタヤ沈没生活といえばそれまでだが、どうにも煮えきれない気持ちになってきた。

日々の買い出しもすっかり慣れたが、どうにも面白みにかける。

茶碗蒸しと餃子
gyoza

茶碗蒸しは、タイ語でカイトゥン。
市場でもたまに売っているけど、一番手軽なのはセブンイレブンで。
日本の茶碗蒸しとほぼ同じです。
餃子もタイ人は好きですね。

ガイヤーンとソムタムとカオニャオとカイジアオとムートート
somtam-1

定番のイサーン定食(ガイヤーン、ソムタム、カオニャオ)に、カイジアオも付けてみた。
カイジアオは、溶き卵に薬味をまぜて油で揚げたものだ。タイ風オムレツともいわれる。
普通は、白ご飯のうえに乗せてカオカイジアオとするけど、今回はカイジアオだけで。
ついでに、ムートート(干し豚肉の素揚げ)もおまけで。

豪華な食事。

どれもおいしい。
こらあ、ガイヤーンの鶏皮だけを食べるんじゃない。そこが一番おいしいのはわかるが、肉も一緒に食べなさい。

somtam-2

なお、ソムタムはイサーン出身彼女たってのリクエストで、プー(生の沢蟹)入りのため、わたしはほとんど食べなかった。
おいしいんで食べたいんだけど、食あたりがあまりにも怖い。

ソイボンコットの10バーツ唐揚げ
fried-chicken-1

ここの10バーツ唐揚げは、わたしのお気に入り。
1個じゃなくて1皿10バーツなのがポイントだ。ほとんど皮ばかりだけど、それがおいしい。

fried-chicken-2
一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

ママーとキムチとおにぎり
mama-kimuchi

キムチは、パタヤアベニュー内にあるヴィラスーパーで購入した。他のスーパーでも売っているやつだ。

kimuchi

ビッグCエクストラで売っている容器入りキムチのほうがおいしいと思う。食べ残しても保存が簡単だしね。

 

まあ、いつもの買い出しと大差ないです。
他にもいろいろあるが、退屈なだけなのでこのあたりで。

そう、わたしは退屈だった。

買い出しはそれなりに楽しい。
彼女と、あれこれ言いながら、部屋でだらだら食べるのも、それはそれで楽しい。
でも、本当は外にいろいろ食べに行きたかった。たまにでいいから一緒に出かけたかった。
チムチュムやムーガタを食べに行こうと提案しても、一切拒否。
「キーキアット(面倒くさい)」と繰り返して、ひたすら寝ている。

なんだか腹が立ってきた。
馬鹿らしくなってきた。

じゃあ一人で食べに行ってくるわと言い残して、バイクに乗る。

サードロードのラーメンチャンピオンでカツカレーをバカ食い。

katsu-curry

それからバービアで飲む。

手ぶらで帰ると彼女がぐずるのはわかりきっている。かといって、あれこれ買うのも面倒くさい。

コンビニカップ麺ママー (1)
コンビニでママーを1個だけ購入。

部屋に戻ると、まだ彼女は寝ている。

ベッド脇にカップラーメンと電子ケトルを置く。

ほとんど嫌がらせに似た行為だと自覚しているが、そんな気分だった。

でも、彼女は目を覚ますと、何も言わずにママーを大人しく食べていた。今日2個目のママーを。
そして、また寝るのだ。

仕事に行くとか、外に食べに行くとか、せめて外出しようよ。

変化がほしかった。

そんな折り、事件がおきた。

SPONSOR LINK

-2016年8月~パタヤ沈没日記
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.