*

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる


パタヤ沈没日記15

ようやく友人が帰国。
深夜便だったため、夕方まで付き合う。

ジョムティエンのバス停からスワンナプーム空港へ。
またパタヤへいらしてくださいませ。

SPONSOR LINK

ずるずる続く半同棲生活

友人が帰国しても、カラオケ嬢との半同棲生活はずるずると継続。
完全にルーティンワークと化してきた。
元々の予定では、イサーン方面へ旅行するつもりだったが、その踏ん切りもつかずに、ひたすらだらだらするだけ。
これぞパタヤ沈没生活といえばそれまでだが、どうにも煮えきれない気持ちになってきた。

日々の買い出しもすっかり慣れたが、どうにも面白みにかける。

茶碗蒸しと餃子
gyoza

茶碗蒸しは、タイ語でカイトゥン。
市場でもたまに売っているけど、一番手軽なのはセブンイレブンで。
日本の茶碗蒸しとほぼ同じです。
餃子もタイ人は好きですね。

ガイヤーンとソムタムとカオニャオとカイジアオとムートート
somtam-1

定番のイサーン定食(ガイヤーン、ソムタム、カオニャオ)に、カイジアオも付けてみた。
カイジアオは、溶き卵に薬味をまぜて油で揚げたものだ。タイ風オムレツともいわれる。
普通は、白ご飯のうえに乗せてカオカイジアオとするけど、今回はカイジアオだけで。
ついでに、ムートート(干し豚肉の素揚げ)もおまけで。

豪華な食事。

どれもおいしい。
こらあ、ガイヤーンの鶏皮だけを食べるんじゃない。そこが一番おいしいのはわかるが、肉も一緒に食べなさい。

somtam-2

なお、ソムタムはイサーン出身彼女たってのリクエストで、プー(生の沢蟹)入りのため、わたしはほとんど食べなかった。
おいしいんで食べたいんだけど、食あたりがあまりにも怖い。

ソイボンコットの10バーツ唐揚げ
fried-chicken-1

ここの10バーツ唐揚げは、わたしのお気に入り。
1個じゃなくて1皿10バーツなのがポイントだ。ほとんど皮ばかりだけど、それがおいしい。

fried-chicken-2
一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

ママーとキムチとおにぎり
mama-kimuchi

キムチは、パタヤアベニュー内にあるヴィラスーパーで購入した。他のスーパーでも売っているやつだ。

kimuchi

ビッグCエクストラで売っている容器入りキムチのほうがおいしいと思う。食べ残しても保存が簡単だしね。

 

まあ、いつもの買い出しと大差ないです。
他にもいろいろあるが、退屈なだけなのでこのあたりで。

そう、わたしは退屈だった。

買い出しはそれなりに楽しい。
彼女と、あれこれ言いながら、部屋でだらだら食べるのも、それはそれで楽しい。
でも、本当は外にいろいろ食べに行きたかった。たまにでいいから一緒に出かけたかった。
チムチュムやムーガタを食べに行こうと提案しても、一切拒否。
「キーキアット(面倒くさい)」と繰り返して、ひたすら寝ている。

なんだか腹が立ってきた。
馬鹿らしくなってきた。

じゃあ一人で食べに行ってくるわと言い残して、バイクに乗る。

サードロードのラーメンチャンピオンでカツカレーをバカ食い。

katsu-curry

それからバービアで飲む。

手ぶらで帰ると彼女がぐずるのはわかりきっている。かといって、あれこれ買うのも面倒くさい。

コンビニカップ麺ママー (1)
コンビニでママーを1個だけ購入。

部屋に戻ると、まだ彼女は寝ている。

ベッド脇にカップラーメンと電子ケトルを置く。

ほとんど嫌がらせに似た行為だと自覚しているが、そんな気分だった。

でも、彼女は目を覚ますと、何も言わずにママーを大人しく食べていた。今日2個目のママーを。
そして、また寝るのだ。

仕事に行くとか、外に食べに行くとか、せめて外出しようよ。

変化がほしかった。

そんな折り、事件がおきた。

SPONSOR LINK

関連記事

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

koh-chang-beerbar-1

チャン島初日夜は、20歳バービア嬢をペイバー

沈没日記9(チャン島編3) チャン島初日。 夜遊び予備調査を終えて、しばし部屋でまったり。

記事を読む

pattaya-beach-night

やっぱりイサーンよりパタヤでしょ。バービア嬢をさくっとペイバーして濃厚サービス。

パタヤ沈没日記21(後半戦スタート) イサーン遠征編10からの続きとなります。 スリンか

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

pattaya-20161017-1walkingstreet

ウォーキングストリートのコヨーテと濡れた身体を温め合った夜

パタヤ沈没日記25 23歳ブリラム嬢からの直接営業を受けた次の日。 この日は、誰もペイバ

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

lk-metro-ramen-2

友人とのパタヤ3日間。ソイブッカオ・LKメトロの大定番コースの過ごし方。

パタヤ沈没日記6 カラオケ嬢との半同棲生活はさらに続く。 ファイデーンやらチンピラやらいろい

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

buriram-to-surin-6

ブリラムからスリンへ

イサーン遠征編7 犬と象の夜間歩きに辟易したのでブリラム脱出を決意。 次なる目的地は、ブ

記事を読む

アドステア

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑