*

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。

49b-steak-9

たしかに49バーツと書いてある。
これは気になるなあ。

49b-steak-1

店構えはインド料理レストランとなっている。INDIAN OVEN。
店頭に置かれたメニューはインド料理ばかり。

どうなっているんだろうと思いきや、ステーキメニューは別途テーブルの上に置いてあった。
さっそく食べてみましょう。

SPONSOR LINK

ステーキクンルゥンのポークステーキ

タイ人に聞いたところ、ステーキ屋の店名は、「คุณลุง クンルゥン」と呼ぶらしい。
敬称のクンに、おじのルーン。おじさんステーキってところか。看板にもおじさんの絵が書いてある。
サードロードにあるステーキルゥンヤーイと名前の付け方が似通っているのは関係があるのかないのか。

店内は全体に紫。チェーン店なのかも。

地図

まあ、ブッカオの南側です。

49b-steak-4
向かい側に、テスコロータスエクスプレスと2階建てバービア群があります。

メニュー
49b-steak-2

チキンステーキ49B
ポークステーキ59B
ポークチョップ89B
フィッシュアンドチップス65B

水10B
コーラ15B

他にもスパゲッティやサラダもある。

49b-steak-3

無難にポークステーキ59バーツを注文。

49b-steak-8

店頭に置かれた鉄板で肉を焼き始めた。
焼いているのはコックでも何でもなくて、注文を取りに来たウェイトレス風の女性だった。
サラダは大量に作り置きして袋に入れていたものを取り出すだけ。

できあがり

49b-steak-5

のっぺりした豚肉と、フライドポテト、サラダ、食パン半切れ。

向きを変えてもう一枚。

49b-steak-6

ポテトはいいね。うん、このタイプのポテトが一番好きだ。揚げ加減も好き。

サラダは、ダメ。新鮮味がまったくなくてパサパサのうえ、ドレッシングもまずい。

トーストは、安くて甘ったるいマーガリンをたっぷり塗り込んである。まあ、これは好みの問題かな。

で、肝心のステーキである。

なんというか、ハムのような豚肉だなあ。

しかも、ところどころ生焼け状態。明らかに火がきちんと通っていない。

49b-steak-7

ピンク色だよなあ。これはまずいよなあ。
さすがにクレームを入れようかと思ったくらいだが、従業員は奥に引っ込んでしまった。それに、この料金設定で文句を言うのは野暮だし、言うだけ無駄っぽい。

自衛手段として、ちょっとやばそうなところは外して食べた。
肉は柔らかいんだけど、焼き方がダメダメすぎる。ソースもこれといって特徴なし。

ステーキ、ポテト、サラダ、トーストと揃っていて59バーツ。
これで、個々の味をしっかりすれば、ブッカオ沿いという好立地条件も合わせて考えると、かなり値打ちが出るなずなのだが、このままでは訪れる価値なし。
とりあえず肉はしっかり焼いてほしい。豚肉の生焼けはちょっと怖い。

ボンコットの59バーツステーキ屋と内容的には似たようなもの。
が、味は断然ボンコットのほうが上だ。
写真で見比べるだけでも一目瞭然だ。

ボンコットステーキ屋 (6)
ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

たまたまポークステーキを食べただけで断じるのは尚早というものだが、あまりにもイメージが悪くなってしまった。
しばらく様子を見て、客が入っているようなら再調査するかも。でも、たぶん、すぐに潰れるような気がするなあ。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

最近、とんとご無沙汰になったブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープ

記事を読む

スパイシーチキンステーキ

サードロードのローカルステーキ屋「ルゥンヤーイ」のチキンステーキ69バーツ

サードロードのノースパタヤ側には、郊外型の広めの店が多いが、パタヤカン寄りにはちょこちょこと小さ

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑